◎JA広報(平成22年2月号)

 1月22日、農協大会議室において「女性部新年恒例会」が行われました。部員約60人が参加しました。
 女性部の大事業である新年恒例会。「この厳しい農業情勢の中、創意工夫や発想の転換、チャレンジ精神などの色々な能力を駆使して乗り越えていかなければなりません。その中でも、部員の皆さんにとって、女性部が息抜きの場であり、学ぶ場にして欲しいと思います。何よりも、楽しめる場であって欲しいと思っています」と井上部長が挨拶。
 続いて、JA?橋組合長から、「昨年来から、悪天候のため、例年に比べ、作った餌の栄養が低い、収穫量が半分ほどだったことなどから、酪農・畑作ともに苦労してきた一年だったと思います。それらの影響で大きなダメージとならないよう旦那さんが中心となり家族で話し合いなどを行っていく事になると思います。サポートをお願いしたい。女性部の皆さんのご苦労が報われるよう皆さんと職員がタッグを組み、ぜひ今年は良い年になるよう全体で大いに盛り上がっていって欲しい」と挨拶。普及センター西海支所長の音頭により牛乳で乾杯、歓談がスタートしました。
 会場には、パッチワークやカントリードールなど個人作品と、女性部事業で作ったレカンフラワーや摩周焼きなどが展示されました。
 テーブルには、お寿司や果物、部員が持ち寄ったお菓子や漬け物が用意され、食べて笑ってゆったりと交流しました。
 部員による数種類の手作りお菓子や加工品、手工芸品などのお店で賑わった「ひとつぼショップ」。
 ジャンケン組合長杯、お絵かきゲーム、腕相撲、ビンゴで大いに盛り上がったアトラクションタイム。
 厳しい農業情勢を乗りきるためのエネルギーを十分に蓄えることができた時間となりました。

宮田店長あるるでも取り扱います!?
恒例、大盛り上がりとなる組合長ジャンケン。
今年のラッキーさんは松本重子さん(開陽)でした。



◎JA広報(平成21年11月号)

丸山小学校PTAとの加工交流会
 お手軽3品を紹介しました
 10月8日、JA中標津農業農村交流施設クレエにて、当JA女性部と丸山小学校PTAの皆さんとの加工体験交流会が行われました。
 女性部では、井上部長を中心に家庭で作って食べてもらうことを考慮しながら簡単レシピ3品を用意しました。伯爵とゴーダチーズをたっぷり使ったチーズコロッケ、ツナ缶とたっぷり昆布の簡単炊き込みご飯、牛乳が苦手でもついつい手を伸ばしてしまういちごスムージーを、PTAの皆さんとの会話を楽しみながら作りました。
 作業終了後は、出来上がった3品の試食を兼ねて昼食会。みんなで作った美味しい料理で会話も弾み有意義な交流会となりました。




女性部・加工部会 まちなかにぎわい秋の陣
 10月4日、中標津経済センター駐車場特設会場において、まちなかのにぎわい復活を目的に、中標津町商工会が主催する「まちなか賑わい秋の陣〜タワラマップ清流物語2009」が行われ、当JA女性部と食品加工交流部会の製造販売活動グループが参加しましました。
 女性部は、中標津町で生産された牛乳といちごを使って、地元産と手作りにこだわったいちごスムージーの販売を行いました。販売開始から3時間程で、用意した約30リットルの牛乳がなくなってしまうほど開店当初から、注文が途切れることがないくらい大好評でした。
 食品加工交流部会は、当日の朝から仕込みを始め、伯爵を生地に練り込んだ焼きたてのモチモチじゃがいもパンの販売を行いました。販売前から、焼きたてパンを楽しみにしてくださったお客さんが多く、約160個を2時間程で完売しました。
 中標津町から発信する美味しさを多くのお客さんに味わってもらう機会となりました。



◎JA広報(平成21年9月号)



 女性部の奉仕活動で今年も農協前の花壇には、心を和ませる花々が咲きほこり、目を楽しませてくれました。ピンクのペチュニア、白いアリッサム、赤・白・ピンクのベコニア、黄色いマリーゴールド。大輪のひまわり、真っ赤なサルビア、ミリオンベル。中山間地域等直接支払制度事業の花の苗及び農産販売課で苗を育てた花々です。
 農協を訪れる多くの方が、きれいな花を付けているという状況を見て、「すばらしいね」と声をかけてくださいます。農協女性部の方々及び事務局に「ありがとう」を贈りたいですね。



◎JA広報(平成21年8月号)

7月29日、女性部日帰り研修旅行が行われ、部員とその家族17人が参加しました。
 曇り空を吹き飛ばず程の活気であふれたバスは、尾岱沼港を目指し出発。
 尾岱沼港から観光船に乗り、雄大な道東の景色を眺めながら、トドワラ桟橋に到着。途中、数頭のアザラシを見ることができました。
 トドワラ桟橋、トド橋を渡り、次の世代に引き継ぎたい北海道の宝物として選ばれた北海道遺産のトドワラと野付半島ネイチャーセンターまで続くフラワーロードを、ガイドさんに説明していただきながら1時間半程かけて散策しました。ハマナス、エゾフウロ、シコタンタンポポ、センダイハギ、クサフジなどの花々を見ることができました。




◎JA広報(平成21年7月号)


5月28日、根室地区女性協議会主催のフレッシュミズ交流会が農業会館で行われ、根室管内5JAより約30人の部員が参加し行われました。
今回は参加された当JA女性部フレッシュミズ会長・村上美幸さんによる交流会に参加してと題した報告を掲載します。
 当JA女性部から、日下めぐみさん(俵橋)と私が参加しました。
 釧路の『スイートバジル』須藤加代子さんを講師にアロマテラピー講座が行われました。
 初めにアロマテラピーの歴史や、アロマテラピーについて、数種類の精油の効能の説明の後、いよいよアロマグッズの製作。バスソルトとヘアスプレーを作りました。ヘアスプレーは、急ぎのお出かけに牛舎の臭いを消してくれるという消臭効果ありZみんな待っていましたとばかりにすごい勢いで作っていました。先生の声も聞こえず、説明ひとつできなかったくらいの盛り上がりでした。私を含め、ほとんどの人が言われたより多く精油を入れていたようです(^_^;)
 午後はマッサージオイルを作りました。2人1組でハンドマッサージを実践。
 時間が足りないくらい楽しむことができ、心が癒された講座でした。
(村上美幸)



◎JA広報(平成21年6月号)

女性部ボウリング大会レーンに歓声 3層交流で心地よい汗
 5月19日、ウコウボウルにて、女性部ボウリング交流会が行われ、フレッシュミズから青葉会までの部員18名が参加しました。
 過去数年は、中標津町体育館でのミニバレーなどのスポーツを通して行われていた三層交流でした。今年度は、久しぶりにボウリングでの三層交流を行いました。
 個人戦でゲームスタート。久しぶりのプレーとなった方が多かったようですが、ストライク・スペアーも出て、上位はなかなかのハイレベルなゲームとなりました。また、ミスストロークに対しては、本人を含め同じレーン内から笑い声が聞こえてきました。
 ゲーム終了後は、成績発表を行い井上部長より上位入賞・ブービー賞獲得の方々に賞品が手渡され、終始盛り上がった交流会となりました。
 優勝者は、日下恵美子(俵橋)さんでした。おめでとうございます。



◎JA広報(平成21年4月号)

 女性部の第56回通常総会が3月18日に開かれ、井上順子部長体制2年目の平成21年度のスタートが切られました。
 開会に先立ち、上村重光副組合長が、女性の木目細やかさが、旦那さんの舵取りを支える力となる。当農協女性部の方々はその潜在的な能力がすばらしいとあいさつ。普及センター、青年部長からも祝辞をいただき、小出君子さん・遠藤美智子さんを議長に選出して議事が進行しました。
 平成20年度の事業実績や予算では、会場から様々な意見や質問が交わされ、女性部組織に対する真剣さが伺われました。
 また、平成21年度における予算案についても、会費の値上げを含む意見が出ましたが、適正な予算付けの中で、できることを見つけて集中して取り組むことが審議され、原案通りの予算案が承認されました。
 参加した部員からも来賓からも、活発な意見が出て、組織に対する真剣な姿勢が感じられたと印象が話されており、平成21年度に女性部事業の核となる行事の進め方・成果に注目が集まっています。




中標津町農業協同組合
【Copyright(C)2009 JA-Nakashibetsu All Right Reserved.】