東小学校5年生「加工体験」(2006年11月4日) 

 11月4日、JA中標津農業農村交流施設・クレエにて中標津東小学校5年3組の学級行事として「加工体験」が行われ、生徒たち31人が参加しました。
 食品加工交流部会では、クレエにおいて組合員以外の様々な方との交流を目的として加工体験を受け入れています。平成18年度の小学生の加工体験受入は、3回目となりました。
 講師を務めたのは、食品加工交流部会・片岡なみ子さんと竹村絵里さん。道産の小麦粉や中標津牛乳を使いあんパンやソーセージロール、自由創作パンを作りました。
 生徒の皆さんには、丸めたあんこを生地で包むなどの成形作業を体験してもらいました。予め作っておいた中標津牛乳をたっぷり使った手作りアイスクリームを食べ、美味しく焼けるのを待ちました。体験を通して、食や手作りの大切さなどが伝わることを願っています。



中標津小学校4年生
(2006年9月30日)
東小学校4年生
(2006年7月15日)




平成18年度 小学生親子農業体験事業(9月30日)
 年1回、小学生親子を対象に行ってきた当農協青年部(中本信幸部長)の親子農業体験事業が、9月30日に行われました。今年で4年目を迎えたこの事業は、基幹産業である農業を体験してもらい「食育」に対する芽や目を親子で育んでもらうなどの目的で行っているもの。毎年参加家族が増え、企画内容も充実させながら行っています。



平成18年度 農協総合共進会(6月6日)

 丸山小学校 3年生児童が農業体験!

丸山小学校 3年生が農業体験で学んだり発見した色々なことを、子どもたちそれぞれがが『新聞記者』という設定で記事にしてくれました。その元気で可愛い『記者』たちの体当たり記事をご覧下さい。
 

中標津町農業協同組合
【Copyright(C)2009 JA-Nakashibetsu All Right Reserved.】