総会の模様
推進委員会
地区会館前舗装

中山間地域等直接支払制度事業(二期対策) 平成17年〜平成21年
市町村・協定名
北海道標津郡中標津町 中標津地区
協定面積
12,833ha
草地(100%)
採草放牧地


牧草

交付金額
19,250万円
個人配分     0%
共同取組活動
(100%)
集落管理体制報酬     1.6%
農業生産活動等     50.6%
多面的機能増進活動     19.8%
農業生産活動等の体制整備     27.6%
その他     0.4%
協定参加者
農業者248人、生産組織1組織、農業生産法人10組織、非農業者11人、その他11人


1. JA中標津機械利用組合による各利用組合、作業受託会社等と作業調整・稼動調整を実施。このことにより新規就農者、後継者不在農家、高齢者の作業を受託するシステムの確立
2. 草地マップを整備することにより、計画的な草地更新等、安定的に良質粗飼料の確保を目指す。
3. TMRセンターの設立により労働力等の軽減を目指す。
4. 青年農業者の自主活動等を支援し、優れた経営者の育成体制を充実する。
5. 新規就農者や農家子弟の研修会等の整備
6. JA中標津高性能ふん尿散布機械を活用し、適期、適量のふん尿散布を行う。
7. 農場環境整備を推進する。


[活動内容](平成17年の実績)
農業生産活動等
農道等の管理 108戸実施砂利敷・グレーダーによる整地
共同取組活動

機械農作業の共同化
草地更新 624ha実施
目標 900ha/年
ふん尿処理 7,936ha実施
目標 6,920ha/年
牧草収穫 6,096.4ha実施
目標 5,700ha/年
共同取組活動

農用地保全マップ作成活用GISの導入
共同取組活動


多面的機能増進活動
花苗配布4,000苗配布
共同取組活動

廃屋処理 5戸の実施
目標 0件
廃プラ処理 360t実施
目標 300t/年
共同取組活動

合併浄化槽の設置
113戸実施、目標187件
共同取組活動

集荷道等の舗装 
145戸の実施
地区会館前舗装7地区
目標 214件
共同取組活動



農業生産活動の体制整備
エゾシカ被害防止
全地区で284頭の駆除を実施、目標年間250頭
共同取組活動

担い手の育成
16名が認定農業者
ルーキーズカレッジ3期生9名が入学
共同取組活動

農用地保全マップ作成活用
GISの導入
共同取組活動


H17 総会

 中標津地区集落の取組については、特別認可地域として認定を受けることが前提にあり、特に地域農業の振興を図り、地域の活性化を担うことと位置づけ交付金を全額共同取組活動に充てることを根底概念として取組活動を策定して参りました。
 281人の協定参加者のうち、248人が農業者であり、そのほかは農地の保有者等でありますが、平成17年度からの新規対策においては、前段で説明しましたとおり、地域農業振興と地域の活性化を図るものとして、コントラクターを請け負う4社も協定に参加していただき、82人のオペレーターが共同取組活動を遂行しているものです。
 
具体的には、家畜ふん尿散布等の共同組織を設立し、牧草収穫調製及び家畜ふん尿散布等を適期、短期的に処理することができるようになりました。このようなハード面で一定以上の成果を上げているところですが、処理と併せて草地の維持管理について、ソフト面を補完するものとして、GISシステムによる農地の履歴収集を行っていきます。
 
平成17年には地番・地籍の入力を行いました。平成18年から4年間で全農地の土壌分析結果をデータ入力し、最適な土壌を維持する指針として、営農指導関係機関と連携を取り、活用を図ります。
 
これによる計画的な草地更新や農地の適正管理によって、守るべき農地を守るべき主体者が科学的根拠をもとに、生産コストの低減を図っていくことができるよう取組を進めているところであり、生乳生産調整下の協定参加者の経費削減・経営安定効果が期待されています。



[平成21年度までの取組目標]
農道及び草地マップの整備により、農道の管理と計画的草地更新を実施(GISの導入)
(平成16年度なし、目標平成21年度GIS導入)
JA中標津担い手創出協議会により農業後継者及び新規就農希望者の育成(ルーキーズカレッジ研修生の海外視察助成)
(平成16年度ルーキーズカレッジ卒業1期14名・2期12名、目標平成21年度年間100万円の助成)
JA中標津機械利用組合による牧草収獲等の作業及び稼動調整の実施
(平成16年度年間処理量、草地更新844.4ha・ふん尿散布6,289.4ha・牧草収獲5,363ha、目標平成21年度 草地更新900ha・ふん尿散布6,920ha 牧草収獲5,700ha)
酪農ヘルパー利用組合へ助成(平成16年度ヘルパー加入戸数210戸、目標平成21年度年間7,175千円の助成)
農場環境整備組合による生産環境及び農場環境の整備(平成16年度 花苗12本の配布・景観樹なし・廃屋82戸・廃車75台・廃農機具50台・廃プラ300トン・集荷道等の舗装142戸・合併浄化槽106戸、目標平成21年度 花苗20本の配布・景観樹6,487本配布・廃屋0戸・廃車0台・廃農機具0台・廃プラ300トン・集荷道等の舗装214戸・合併浄化槽187戸)



閉じる