じゃがいもニョッキ



 イタリアの伝統的な家庭料理。ニョッキです。
 じゃがいもニョッキ。カボチャニョッキ。ソラマメでニョッキなどいろいろな野菜を取り入れてニョッキをつくることができ、彩りも美しいので、秋冬にぴったり。旬の取れたて野菜を使えるのが魅力です。
 イタリアでは「水曜日はニョッキ!」って言葉もあるくらい家庭で手作りされている料理、パスタの部類にあたります。もっちり素朴な味わいのじゃがいもを使ったニョッキをつくります。パスタの部類なのでソースは自在に考えられますが、今回はあるるで購入できるサルサソースと、なかしべつ特産として販売を開始した「おかわり本舗」さんの『ホタミミヂョ』をソースにしてみました。(手を抜いたわけじゃないですよ)
●材料(3人分)
じゃがいも 250g(中2〜3個)
薄力粉 100g
牛乳 50ml
バター 30g
卵 1個
ナツメグ 少々
塩、コショウ 少々
オリーブオイル 少々


●作り方
1.
じゃがいもの皮を取って、小さく切り水からじゃがいもをゆでます。塩を少々入れます。
2.
20分くらいで、火が通りやわらかくなるので、ざるにあげてつぶします。
3.
裏ごし器でこしてあげると滑らかな歯ざわりのニョッキになりますが、若干いもがころっと入っていても愛嬌。 
※あんまりゴツいとニョッキをゆでたときにばらばらになります。
4.
バターを3.にまぜ、全体に混ざるようにします。
5.
牛乳を4.に混ぜます。
6.
卵を5.に混ぜます。
7.
ナツメグ、塩、コショウを6.に混ぜ、薄力粉をふるって入れます。ざっくり、ざっくり混ぜるようにします。練ると粘りが出てしまうので。
8.
テーブルに打ち粉をして生地を転がして棒状に伸ばします。
9.
スケッパーなどで2?間隔に切り分け、切り分けたらフォークの背で筋をつけます。
10.
9.を大量のお湯でゆでます。鍋に塩を入れてオリーブオイルを少々入れます。
11.
最初沈んでいるニョッキが浮いてきたらOK。ざるにあけて水で締めます。
12.
ソースに絡めて完成。プリプリ、フワフワの食感を楽しんでください。