大根もち


今月は中華。結構ハードルの高い中華が炊飯器でできます!
点心として食される「大根もち」に挑戦。
●材料(3人分)
皮をむいた大根 300g
上新粉 120g
 
(あるるのAコープマークの上新粉は250gなので2回分で10g余ります)
片栗粉 15g
乾燥小エビ(桜海老) 15g
ハム 3〜5枚をミジン切りに
塩・コショウ 少々
ゴマ 少々
中標津牛乳 30cc〜100cc (ぬるめにあたためたもの)
ごま油 少々
付けダレに、一味、豆板醤、しょう油、ラー油、
コチュジャン、長ネギ刻んだものなどを用意。



●作り方
1.
大根の皮をむいて、おろし器でおろします。(目が粗いほうが大根から水分が出なくて良い)
2.
大根のおろしたもの、上新粉、片栗粉、乾燥小エビ、刻みハム、塩コショウを加えて混ぜます。
3.
2にぬるめの牛乳を少量ずつ加えて粉が残らないように、生地を滑らかにします。かといって、じゃばじゃばにならないように調整します。
4.
炊飯器の内釜にごま油をハケで塗ります。3を流し入れ表面を滑らかにします。
5.
炊飯器で炊きます。早く食べたいので即炊きにしました。スイッチが切れたら冷ましてから取り出して皿にのせ、熱が取れたら切り分けます。