台湾風牛乳甘粥春の七草 受験シーズン対応版


春の七草粥は1月7日に食べる家庭が多いと思います。私の実家では餅が入ったりする塩味タイプですが、今回は受験シーズン対応版ということで、より胃腸に優しいものにするため、牛乳を加えて甘く味付けするという台湾風のお粥レシピです。鶏肉のささみも栄養のバランスを高め、プルーンで鉄分を取るという受験シーズンの夜食にぴったりです。
●材料(4人分)
春の七草セット。手にはいればこれがベスト!
今回は手に入らなかったので、水菜、しろ菜、ほうれん草、万能ネギ、春菊、大根菜、大根で代用しました。
 豚グラニュー糖 10g
 水 100cc
 鶏のささみ 2切れ
 牛乳 1リットル
 ごはん 茶碗2杯分



●作り方
 Point
おいしいお粥を作るこつはお米にたっぷりと水分を入れること。これにより火にかけるだけでお粥になります。今日食べたかったら昨日の夜に、今日用意したら明日食べるようにするのが鉄則。
1.
前日に鍋にごはんが見えなくなる位牛乳をそそぎつけておく。
2.
葉野菜は水洗いして適当に切り分けます。
3.
大根やかぶは1口大に切ります。
4.
鶏のささみは筋切りして水と砂糖と3を合わせコトコト火にかけ茹でます。
5.
ささみに火が通ったら、牛乳に浸したごはんの鍋に4を全てゆで汁まで入れ焦がさないようにまぜながら火を通します。
6.
最後にプルーンを添えて完成。