ガレット

 2月号の地産地消メニューはガレット。聞いたことない?という方、私もでした。そば粉をクレープ状にしたフランス、ブルターニュ地方の郷土料理だそうです。近年中標津町でもそばの生産が増え、2つの工房からそば粉が販売されています。
地もののそば粉と牛乳などで作る食事クレープとして手軽にできるのでブランチやランチにどうぞ!
●材料(6枚くらい)
ガレット生地
そば粉60g、牛乳500cc、薄力粉20g、全卵2個、塩一つまみ。


とろけるチーズや卵、チーズやベーコン、生ハムなどの畜産品、野菜類の山のもの。更に魚介食材をお好みで。



●作り方
1.
ガレット生地を全て混ぜ合わせます。クレープ状に焼くのでとろみを牛乳で加減します。そして30分ほど寝かせます。

2.
熱したフライパンにバターやオリーブオイルをひき、生地を手早く投入。表面が硬くなってきたらトッピング素材を入れて生地を四角くたたみ、フライパンに蓋をします。

3.
ころあいを見ながら火を止め完成。


さらに野菜を添えたりして、ワインなどと一緒にいただくのがフランス風。
クレープというより感覚的にはピザに似ており、中の具材のボリュームがあるのでお腹いっぱいに。そばアレルギーの方は無理ですが、そば粉使用の新感覚料理として、手軽に作ってみてください。