パンナコッタ

今回のレシピは、パンナコッタです。
イタリア発祥のスイーツでつるりとした口当たり。食後のデザートとしてどうぞ。
今回も当農協のフレッシュクリームをたっぷり使います。
●材料(4人分)
【パンナコッタ本体】
生クリーム200t
牛乳100t
グラニュー糖30g
粉ゼラチン7g
水大さじ2
バニラエッセンス適宜

【クリームキャラメルソース】
グラニュー糖40g
水小さじ2
生クリーム100ml


●作り方
1.
粉ゼラチンは分量の水で戻し、電子レンジで30秒ほど加熱して溶かします。
2.
鍋に生クリームと牛乳、砂糖を入れ、沸騰直前まで火にかけます。砂糖も溶かし、1.のゼラチンも加えて混ぜます。
3.
鍋底を氷水につけながら混ぜ冷やします。とろみがついてきたら、お好みの型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。(2〜3時間くらい)
4.
クリームキャラメルソースはグラニュー糖と水を中火にかけて、カラメル色になったら火を止めて鍋をゆすりながら生クリームを加えます。間髪いれず固まってしまうので、すごい勢いで混ぜます。冷蔵庫で冷やして食べるときにパンナコッタへソースとしてかけて出来上がり。

※大きめの型に流して固めて、食べる時に切り分けてもよいですが、一人分ずつガラスなどの器に入れて固めてもよいと思います。
 文献を調べるとバブルの頃に、ティラミスと同時期ぐらいに流行しましたが、その当時食べた記憶がなく、未だに本物のパンナコッタを食べたことがありません。なので、これが成功なのか失敗なのか…。
 今回の制作は女子職員にお願いしました。やっぱり、男仕事と違い、見た目美しいでしょう。味もGoodでした!
 また、クリームキャラメルソースは食パンに塗って食べてもおいしいよ!