手作りアイスクリーム(icecream)


 風呂上りやちょっと一息つきたい時、好きな人は朝起きがけにでも食べたいアイスクリーム。自分で作ると、うまさも格別ですよ。
使うもの
 ふたのあるコーヒー缶など、材料を入れます。内ブタがあれば◎(内缶)。大きめのタッパーや粉ミルク缶など(外缶)。氷。軍手。塩

主材料
(2〜3人分脂肪率12%、甘味度14%)
 牛乳200ml、生クリーム(動物性のものF45%)100ml、脱脂粉乳15g、砂糖60g、卵黄2個(アレルギーのある方は抜いても可)。

副材料
 塩、バニラエッセンス、ジャム、フルーツソース、ココア、コーヒー、抹茶、リキュールなどの好みのものを入れても良い


作り方

1.
使うもの欄で示した内缶にアイスクリームの材料を入れます。主材料欄の材料比率は2〜3人分ですので、按分して足したり引いたりして比率を変えないように。(容器の半分くらいになるようにしないと固まりません。欲張ってはダメ)フタが開いてしまわないようにガムテープなどで止めると◎。

2. 外缶の真ん中に内缶を入れて、その周りを雪や氷で埋めていきます。塩を大量に投入することで、雪・または氷が解けて、缶の中の温度が下がっていきます。

3. 外缶のフタをして、ガムテープなどで開いてしまわないように止めます。

4. 塩の入れ加減にもよりますが、温度が急激に下がるので軍手などをはめて、缶を振り続けます。凍傷にならないように

5. 15分ほどふり続けて外缶のふたを開き、内缶のふたを開くと、内缶の内側にアイスが付いていますので、取り出して盛り付けて完成。

6. お好みで副材料をトッピングしたり、主材料と一緒に入れてマイアイスクリームの世界をごたんのう下さい。
 容器と氷さえあれば、いつでも作ることができるので、お子さんや親戚の方が来た時などの、お手軽乳製品製造体験に是非どうぞ!
 内缶、外缶と氷の密着度が高いほど良く冷えますので、下準備としてブロックアイスを更に砕いておくと◎ですネ。


とじる