JA中標津 Blog

第27回 じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場

by JA中標津

 中標津町特産の伯爵じゃがいも掘り体験をはじめ、旬のとれたて大根・ブロッコリーや乳製品など地元産品等の即売会のほか、熱気球試乗や乗馬体験、参加型ステージによる演出で会場は大賑わいとなりました。

 9月7日、じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場が道立ゆめの森公園・翼とふれあいゾーンで開催されました。心配された天気は問題なく、さわやかな秋晴れの中、大勢の来場者で賑わいました。
 浜名健一実行委員長の開会挨拶で祭りがスタートし、予定していたイベントがステージで披露されました。今年は圃場を使った小学生によるじゃがいもほり競争や、ステージ前の広場で大人を対象とした農業トライアスロンを行いました。農業トライアスロンではロール転がしの後、じゃがいもの塩煮と牛乳の早飲みで参加者達は苦戦しながらも秋のイベントを楽しんでおりました。またステージではヒップホップキッズ・エアロキッズ・インフィニティの元気なダンスが披露され、大いに会場を盛り上げました。
 じゃがいもの圃場には多くの来場者が参加し、大きく育ったじゃがいもを次々と掘り出し、秋の収穫を楽しみました。恒例となった乗馬体験では、子供達が楽しそうに歓声を上げながら馬との触れ合いを楽しんでおりました。
 4月1日から施行された全国でも初めてとなる﹁牛乳で乾杯条例﹂のもと、橋組合長の﹁牛乳で乾杯!﹂の発声で乾杯が行われ、酪農王国北海道でトップクラスの品質と美味しさを誇る中標津牛乳を飲み干しました。長蛇の列が出来た伯爵じゃがいも塩煮の無料配布では、ほくほくの美味しいじゃがいもを堪能し、豪華景品が当たる大抽選会も行われ、子供から大人まで秋の収穫を祝うこのイベントを楽しみました。
 中標津町農協青年部と中標津町商工会青年部が主催で行っているこのお祭りは、中標津町農協職員組合、商工会職員互助会、中標津自治労などの多くの団体のご協力を得て開催に至っています。開催に際し、ご協力いただいた団体の皆様、大変ありがとうございました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<<
トップページ
>>2014年10月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22