JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

私達が住む道東の 世界自然遺産“知床”を探求

by JA中標津

女性部 宿泊研修

 8月24日〜25日、知床方面への宿泊研修が行われ、部員14人が参加しました。宿泊研修は、女性部3層の交流を目的に継続して行われている事業です。
 ここ数年の役員会で考えた行程とJAバスを利用したプランから、今回は、参加者自らが深く学ぶことを目的に、バス移動や知床五湖散策時のガイド同行プランで行われました。

楽しかった1泊2日

 小雨まじりの出発の朝、主人より“日頃のごほうび〞と送り出して頂き農協へと車を走らせました。主人に感謝します。
 久しぶりに出会った仲間に笑顔で迎えられ、共に忙しかった日々を振り払うように笑いあい、「晴れ女は誰」とのガイドさんの問いに皆「ハーイ!!」と手を上げ大歓声となったのです。
 
40人乗りのバスに15人だったので、余裕があってゆったりとした気分のバス移動。昼食後、斜里窯の中村さんの所の「陶房カフェこひきや」で一休みし、知床周辺の道の駅数ヶ所に立ち寄り、地域の特産物や取り組みなどに触れました。その後ホテルに入り、散歩して夕食、80品目のお料理に皆舌つづみを打ちました。
 夜はゆっくりお話し出来たので、いつの間にか次の日になっていたのです。この様な時でこそ、人生のそれぞれの歩みがうかがえ、これからの自分の大きな力となっていくように思いました。
 皆が自然に心をあずけ、感動し、語り合い心地よい2日間。帰り道の大雨とは違い、皆の心はいつまでも“晴れ晴れ〞の☀マークでした。
 また、いつか一緒に行けるかしら…と思いながら中標津に到着。最後に皆様お世話になりました。近くて遠い世界自然遺産知床も満喫して楽しかった1泊2日でした



---


★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22