JA中標津 Blog

<<   >>

北海道教育大学釧路校 ファームステイ受入事業

by JA中標津

 5月31日(金)から6月1日(土)にかけて、北海道教育大学釧路校の生徒4名が当JAにファームステイとして来ました。
 JA中春別にて入村式後、自宅に向かう途中で開陽台に寄り、2人は展望台から見た中標津の風景を見て感動していました。自宅に到着後、慣れないつなぎを身に纏った2人の酪農体験が始まりました。
 牛舎での作業は哺乳と搾乳、掃除を体験してもらいました。哺乳では朝に産まれたばかりの仔牛に乳を飲ませ、牛との近さに驚いていました。搾乳では怖がること無く牛と接しており、見ているこちらが蹴られないか心配な程でした。牛の乳房の温かさを肌で感じ、感動していました。
 2日目は早起きではありましたが、眠たい顔1つせず仕事を頑張っていました。仕事をした後の朝食はすごく美味しいとご飯をたくさん食べていました。昼からの研修まで時間があり、ちょうど開催されていたJA牛まつりに行き、共進会を見てもらいました。出品されている牛を見て写真を撮り、デッサンをしていました。普段は中々見られない光景であり、生徒達も興味津々でした。
 最終日の6月2日日には川北ふれあいセンターにて振り返り発表会があり、各家庭で体験した事をまとめ、今回の酪農体験を通じて学んだこと、生産現場への考え方の変化、本当の食育とは何なのかと、そして教育現場にどう伝えていくかなどの発表がありました。その後、昼食交流会でバーベキューを行いました。
 短い期間ではありましたが、今回のファームステイで学んだことを生徒達が次のステージで活かしてくれる事を願います。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22