JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

新年明けましておめでとうございます

by JA中標津

janaka_01.jpg
代表理事組合長
 橋 勝 義
 2019年元旦を迎え、組合員ご家族揃ってこの一年の平安と稔り多い事を祈った事とご推察申し上げる次第であります。
 振り返って昨年中は農協事業運営にご支援、ご協力をいただいた事に感謝申し上げます。
 さらに各関係団体、組織、企業、町内外の多くの皆様にご利用いただき、厚くお礼申し上げます。
 組合員の生産・販売状況については、地区別懇談会・広報誌紙面等で報告させていただきましたが、天候不順により各分野で影響がありました。酪農面では6月より低温・曇天・降雨が続き、牧草の生育・収穫が作業的に進まず、遅れが全体で発生し収穫量・品質ともに課題を残しました。二番草・デントコーンにおいても収穫量・品質に苦労し、今後サイレージの出来によっては乳量・乳牛のコンディションにも影響を心配しております。どうか新しいサイレージに切り替える際には分析をして栄養面の状況によるエサ作りを願う次第であります。
 北海道は9月6日の地震によりブラックアウトが発生し、生乳廃棄による損失があり、乳牛の管理にご苦労いただきました。当農協としては自家発電機を所有していた事により各酪農家に回し、乳牛のストレス軽減を最優先にご協力いただき搾乳作業をした次第です。この災害での被害状況については地区別懇談会の席上で申し上げた結果でありました。それ以降生産は回復し、今現在では旬計で103%を超える伸び率を示しており、生産者の努力・飼養管理により当初の計画に近い成果となっており、心より敬意を表します。この勢いを新しい年に引継がれます様、お祈り申し上げます。
 畑作面では大根が過去最高の販売高を記録し、全体をカバーした形となりました。馬鈴しょ・ビート・ブロッコリー等が並年作まで届かず、不作傾向であり課題が残りました。
 12月より各生産者に営農計画の策定をお願いしております。実績を確認し、平成31年の生産計画等を目標に前向きにお願いします。
 さて、この一年は色々な動きがあります。
 一つ目として、4月に天皇陛下が退位され、5月1日より皇太子が新天皇陛下として即位されます。平成が終わり、元号がどうなるのか皆様と待ちたいと思っております。
 二つ目は8%の消費税が10%に引き上げられます。
 三つ目は農業分野でTPPがスタートし、日EU・EPAも年内に、そしてアメリカとのTAG交渉が始まる等、我々日本農業においても判断を注視していかなければなりません。幸いな事に農水大臣に𠮷川氏が就任され、北海道を代表しての対応を期待しております。変わり目の大きい年であり、私共も慎重な農協運営を心がけていこうと思っております。
 次に農協事業です。
1 .『Aコープ中標津店あるる』リニューアルオープン後、順調に来客数・客単価も伸びており、この勢いをしっかり継続する様、スタッフ一同頑張りますので引き続きご利用いただきます様、お願い申し上げます。
2 .育成預託事業は当初より遅れております。改修完了の施設より受け入れする様に進めて参ります。2月末までにはほぼ完成の予定であり、ご協力をお願い申し上げます。
3 .農協70年誌の組合員ご家族等の写真撮影も終わり、最終段階に向け進めております。
4 .子会社(株)RARA Farm中標津の生産状況ですが、11月末で搾乳牛305頭(内ロボット施設53頭、パーラー施設252頭)、生産乳量1,330tで順調な経過であり、3月末には約2,000tを目指して努力しております。また、1月より視察等を受け付けて参ります。(株)RARA Farm中標津の事務所へ電話にて調整願います。
5.A2牛乳の製品販売が始まります。生産者により原料乳の供給を受け、JA乳製品工場で対応し、Aコープあるるはじめ、電話注文も受けて参ります。
 この他、進行中の事業もあり積極的に取り組んで参ります。
 前途でも触れた様に今年は変わり目の年であり、農協事業運営にあたっても役職員共々、所期の目標に向かって最大限に努力して参りますので、ご指導ご協力をお願い申し上げます。
 今、国は31年度の予算決定に向け進めており、農業予算についても見えて参りますし、乳業とホクレンの乳価も交渉中であり、上げの方向で詰めております。これらが決まりますと、天候の推移と天災が昨年の様にならない事を祈り、豊壌の秋を迎える様願うところであります。
 農協改革まで一年となり、最終の詰めをしていく事となります。体制が変わっても農産物・生乳生産業務は変わる事なく、安心安全を心がけ、北海道を食糧基地として共に前進したく考えております。
 最後に、組合員戸数が今以上に減らない様に取り組み、(株)RARA Farm中標津での研修・実践、ルーキーズカレッジでの知識・経営ノウハウ等を生かし、一人でも多く人材を育て、産業に活気がある地域社会に貢献していきたく思っております。課題は多くあり、確立に優先順位を決め、将来に向けて種を撒き育てる努力をして参ります。叱咤激励をいただければ有り難く存じます。
 これから冬期間続きます。体調に十分注意され春来る事を祈っております。
 元旦は大事な一日です。ご家族で目標・目指す方向を確認し、実現できます様、農協としてもお手伝いさせていただきます。
 この一年が皆様にとり満足できる年になる事を心よりお祈り申し上げ、新年の挨拶といたします。

★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22