JA中標津 Blog

<<   >>

2018年を振り返って

by JA中標津

janaka_02.jpg
 今年も残すところ1ヶ月を切り、各事業の成果・課題が見えてまいりましたので、何点か触れさせてもらいます。
 組合員・ご家族の皆さま、6月以降日本全体で台風の数、被害は過去にない大きな影響があり、ご苦労も多くあった事とご推察いたします。北海道は更に地震によりブラックアウトとなり、2〜3日間に渡りまさかの事態となりました。後で詳しく報告いたします。
 まず国内外の指導者の動きであります。国内では、安倍総理大臣が今後3年間トップを務める事となり、内閣人事により農水省大臣に北海道選出の吉川氏が就任されましたのでTPP、EPA、アメリカとのTAG(日米新貿易協定)の交渉の行方等に力を発揮してもらえるか、期待をしております。
 一方、アメリカでも中間選挙があり、トランプ政策の経過として共和党のアメリカ経済第一主義が支持され、極めて世界経済不安が予想されます。今後の日本においても安倍政権がどう対応するか注視してまいりたく思っております。
 次に組合員の出来高についてです。酪農面では生乳生産は4月以降計画に沿って順調に成果を出しており、直近11月上旬で前年比103.2%、累計で101.8%と高い伸びを示しております。今後、今年産の粗飼料の出来の良し悪しにより後半にどう影響があるのか、分析結果を生産者と共有し不足分をしっかり補い、乳牛管理に期待するところです。
 一方畑作においては、6月以降の不順な天候により肥培管理面で苦労が多く、秋まで続きましたので心配しておりました。まだ全ての数字が出ておりませんが今現在、大根は作付面積104haで出荷量前年比99.6%の519,833c/s、販売金額は前年比133.2%の650,000千円となり、スタート時から単価が高く推移した事が好結果となりました。
 ブロッコリーは逆に大不作となり出荷量前年比63.6%の29,275c/s、販売金額は前年比70%の106,747千円と残念な結果であり、葉物類が影響を受けたと考えております。
 澱原馬鈴薯では150千俵を確保し、ライマン価21.54%と計画をクリアしましたが、ビート他はまだ決定しておりません。最終的な結果は今後開催されます地区別懇談会、広報誌などにより報告させていただきます。
 子会社の(株)RARA Farm中標津につきましては、酪農部門が4月より搾乳を開始し、順調に生産をしております。当初の計画の1,952tを超えると判断しております。導入にあたっては多くの組合員から優秀な乳牛を提供していただき、戦力になっている事に感謝申し上げます。
 次に、冒頭でも触れました震災であります。9月6日AM3:08に発生した地震。私自身反応できませんでしたが、停電になりラジオでは全道ブラックアウトとの情報が流れ、これは大変な事になると感じました。AM5:00を待って担当部長へ連絡し、至急組合員への自家発電機の対応を求め準備を急ぎました。初めての先の見えない不安の中、農協に入ると対策本部が発足しており、それぞれの役割で職員が対応しておりました。農協で50台の発電機を導入していた事が幸いし、各電気業者、発電機を運ぶユニック付トラック業者に協力いただき動いておりました。私はその状況を目の当たりにし、危機管理の備えがあって良かったと改めて思い、牛を守る最低限のロスのない対応を職員がやりぬいてくれたと思っております。
 一段落した頃より、「本当に頑張ってくれた」「感謝したい」と、多くの組合員より声をいただき、まさに農協組織への賛じであり素晴らしい関係を実感しております。しかし順番であったり、細かな対応において不満も出ております。初めての事でしたのでご理解いただきたいところでありますが、今後の課題として整理しております。
 次に明るい話題としまして、『Aコープあるる店』20周年を迎え、予定通り10月10日にリニューアルオープンいたしました。多くのお客さまにお越しいただき、色々な感想をいただいております。
 一つ「明るくなりましたね」、二つ「広く感じます」、三つ「品揃えが良くなり楽しく買い物ができます」etc、私共にとって嬉しい声であります。大きな投資でありましたが、これからスタッフ一同力を合わせて売上20億円を目標に頑張ってまいりますので、組合員・ご家族の皆さまにはより多く足をお運びいただきたく、お願い申し上げます。
 最後になりますが、農協はプロジェクト案件を常に計画し実践していくよう、精力的に動いております。今は預託事業、雇用労働力確保事業、日本で初めてのA2牛乳を製品化しての販売などを展開するべく、次の一手を積極的に推し進めてまいります。
 12月は1年の成果を確認する月であります。2019年へ向け営農計画策定も始まっております。目標・課題を整理し、実現可能な計画を立て、前進願います。農協としましても、お手伝いさせていただきます。また、組勘精算の時期でもありますのでご協力をお願い申し上げます。
 色々な事があった年となり、多くの苦労に敬意を申し上げ、健康に十分ご注意いただき、新しい年をお迎え下さい。
 1年間お世話になりました。ありがとうございました。

★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22