JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

中標津町 町長選・町議会議員選及び予想外の台風による被害報告

by JA中標津

 さて、当町に於いて4年に1度の選挙の年でありました。7月10日には参議院選挙があり、北海道では定数2から3へと変更になり、10名の候補者がおりましたが、結果は自民1、野党が2となりました。全国的には与党が圧勝でありました。
 その後の参議院議員体制では議長に伊達忠一氏、自民党の議員会長には橋本聖子氏が就任する等の動きがありました。
 また、7月末日には東京都知事の選挙もあり、過去最多数の候補が出馬した中で、小池氏が予想以上の大差で当選し、リオ・オリンピックに出席して五輪旗を受けてきました。今後の舵取りに大きく関心を持つところでございます。
 さて本町の話に戻りますが、8月16日公示、8月21日投開票で実施されました。町長には3月まで役場で部長職をしておりました西村ゆたか氏のみで、無投票当選を果たしました。農協も一枚噛みながらでありましたが、彼に対する町民の期待、支持も大きく感じて経過しました。きっと多くの課題と管内の中心機能を担う町運営に全力で取り組んでもらえると確信しております。
 一方、町議選であります。今まで、地域から弾正原氏、農協職員OBの飯島氏を議会に送っておりましたが、今期で辞める旨の話がありました。私共としては、地域連合会の動き、また、個人的に考えている方等の動きをみておりましたが特に無く、連合会々長・農協役員に集まっていただき、情報分析や各地区にいないか等を意見交換しました。内容としては非常に難しい結果となり、最後には農協として0人にはしない努力をするので、協力を確認して会議を終えました。農協としても必死で検討し数人に絞って行動を開始しましたが、それぞれに都合があり、本人・家族の了解を得られず、時間との戦いでありましたが、ぎりぎり千葉清正氏から立起の決意をいただく事が出来ました。手続きやポスター等々の態勢を急ぎ、一方で挨拶回りには、連合会の方々や農協の地区役員にお願いし、農協との協力関係にあります組織団体・企業等、分刻みでスケジュールを組み、16日の公示を迎え5日間の選挙戦に挑戦しました。雨風の連続で運動員はヘトヘトの疲労で終えました。
 結果は新人としてトップ当選794票であり、多くの方々の支持・応援をいただき、農協スタッフもボランティアとしてこれほどに深入りすることの無かったカラス・ウグイス嬢等、職員をほめてやりたく思いました。千葉氏もこの票に感謝し、きっと4年間努力いただけるものと、農協としても協力していくつもりです。本当に組合員はじめ応援いただいた皆様に誌上からお礼申し上げます。
 話は変わりますが、今年の天候であります。
 5月に30℃になる日等、大きな期待をしておりましたが、6月より日照不足・低温・雨等で作物の成長がとまり、収穫も例年の8割ぐらいとなり、7月の中旬より大根・ブロッコリーの工場が稼働し始め、8月はピークの予定でしたが、畑からの収穫に苦戦しており、今後においても心配していたところ、台風が北海道へ立て続けに3つも上陸するという『まさか』の展開となり、被害が発生しております。施設の破損、更に新生・光地区において上水道パイプ破裂で断水となり、乳牛の水とバルク・ミルカー洗浄に苦労し、農協としても対応して生産者への影響に努力をしている件と、ビート・イモ畑の冠水、道路決壊による草地への砂利流入、雨水が畑を川のように流れる等、状況を見て回り、影響の大きさに驚いているところであります。これから大事な時の作物に組合員の皆様にとってもショックだと推察しております。畑作の若い組合員も、今回の天候にはあきれて笑うしかないと言って農協を後にした印象をうけました。
 全道的にも大きな被害になっている模様であります。出来るだけの事をしながら秋の収穫に努力をいただき、農協としても何が出来るか検討していく思いです。
 以上、大きく2点について報告させてもらいます。
 御協力・御支援、有難うございました。どうぞ健康に注意いただき、飼養管理・作物管理に精を出していただけるよう、祈念申し上げます。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22