JA中標津 Blog

2016年5月の記事 >>

熟年会 春期旅行 姫路城・京都府内五日間の旅

by JA中標津

 熟年会春期旅行が4月17日から4月21日まで姫路城・京都府内五日間の旅に会員24名が参加し開催されました。目的地の姫路城・京都の歴史遺産とその周辺の景観に期待して出発しました。

〈一日目〉
 4月17日、9時20分中標津空港を出発、札幌を経由し伊丹空港に到着、観光バスに乗り換えて最初の目的地である、日本最初の世界文化遺産・国宝の姫路城へと向かいました。姫路城はシラサギが羽を広げたような姿から別名 白鷺城とも言われ、白漆喰総塗籠造り(しろしっくいそうぬりごめづくり)の城壁や五層七階の大天守は白く化粧され優美な姿を見せていました。早速、城をバックに記念撮影、その後、広い城内を天守閣目指し散策しました。
 宿泊地は有馬温泉。豊臣秀吉ゆかりの温泉地で太閤の湯(金泉)など、1400年の歴史があり、関西の奥座敷と言われている銘泉に一泊。参加者は赤褐色の金泉で疲れを癒やし、有馬温泉のもてなしに満足していました。
〈二日目〉
 4月18日、8時30分に京都観光へ出発。東寺到着後、五重の塔と国宝の金堂・講堂の仏像を見学。次いで世界遺産の二条城・二の丸御殿に入り、うぐいす張りの廊下を歩き御殿内を見学。
 午後から世界遺産銀閣寺を訪問。銀色ではなく木目調の観音堂を散策。次いで清水寺到着後、参道に沿って五条坂・土産物店の並ぶ清水坂を登り仁王門をくぐり、境内を登り続け清水の舞台に到着。参加者は息を切らしながら登り切り、京都市内や遠大な風景を見ながら一息ついていました。この夜、歩き疲れたのか、参加者は夕食後、早々に就寝しておりました。
〈三日目〉
 4月19日、9時にホテルを出発。保津川下りの出発地、亀岡へ到着し、乗船後全員救命ベルトを着け川下り開始。船頭のガイドを聞きながら峡谷の景色を楽しみました。難所の急流を何度も通り抜け、水しぶきをかぶりながら1時間30分かけて嵐山に無事到着。
 昼食後、嵐山を散策。桜や紅葉の名所ですが、桜が散ったばかりで渡月橋と竹林の遊歩道を散策し古都京都の風情を楽しみました。また、人力車で散策する参加者も多数見られ楽しい一時を過ごしました。
 14時30分頃、世界遺産金閣寺到着。室町幕府三代将軍・足利義満により建立された金色に輝く金閣寺舎利殿を遊歩道沿いに見学。周囲の池や樹木に溶け込んだ光景は、荘厳さを感じました。その後、京都の台所と言われる錦市場を見学。ホテルでの夕食は、南禅寺順正の名物・湯豆腐と京会席料理を味わい舌鼓を打ちました。
〈四日目〉
 4月20日、8時30分にホテルを出発し、国宝三十三間堂を見学。仏像を納めた仏堂で、中央の中尊を中心に左右500体の仏像が並び、合計1,001体あり、自分の顔に激似の仏像に出会えると言われています。その後、平等院へと移動。1052年関白・藤原頼道により建立され、朱色に塗られた建物は際だった美しさを見せていました。参加者は咲き始めた藤の花など庭園を散歩したり、凰翔館に展示された宝物類を見学。昼食後、高速道路を乗り継ぎ、15時に天橋立へ到着。ケーブルカーで山上にある傘松公園へ登り、日本三景の絶景を楽しみ全員で記念撮影。天気も良く晴れ、青い海と一筋の松林が見渡せる絶好の日和。股の間からのぞく景色は、海と空が逆になり、天に架かる橋のように見えると言うスポットで「股のぞき」に挑戦しました。
 宿泊ホテル到着後は夕食まで時間があり、天橋立遊歩道の松林を散策しました。夕食は地元の旬の食材を使った料理を味わい、カラオケや隠し芸など最後の夜を楽しみました。
〈五日目〉
 4月21日最終日、9時にホテルを出発。高速道を乗り継ぎ姫路経由で大阪へ。休憩を取りながら伊丹空港に到着。13時50分の航空便に乗り札幌を経由し17時25分中標津空港に無事到着しました。
 今回の旅行では最終日に天候が崩れましたが、観光予定の四日間とも晴天に恵まれ、京都の歴史遺産に触れ、天橋立のすばらしい景色も見られて最高の研修旅行となりました。参加者の方々も皆元気で良い旅となりました。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ
>>2016年5月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22