JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

第63回女性部通常総会

by JA中標津

 3月17日、JA事務所大会議室にて、第63回女性部通常総会が、総会出席47人(うち委任状14名)のもと行われました。

 開会にあたり藤井部長から、「今年度の女性部は年代にこだわらず、みんなで頑張った一年でした。私事ですが、年が明けてから植えきらなかったチューリップの球根をプランターに植えたところ、頑張って育てたかいあって、3月には何輪かが花を咲かせました。私たち女性部も、加入していない方や辞めてしまった部員に、あきらめず加入推進の声かけをすれば、来年は充実した実りある一年になると信じています。本日は、来年度を充実させるためも、沢山のご意見をお願いいたします。」と挨拶がありました。来賓の方々からは、昨今のTPP・農業情勢の中、節約しながら豊かな生活を送れるよう努力をしている女性達へ労いの言葉や、女性同士のつながりを大切にして欲しい内容のご祝辞をいただきました。
 議長は、小出公子さん(俣落)と金子ひろみさん(俵橋)が選出され議事が進められました。平成27年度事業報告および収支決算報告、平成28年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員の改選について、それぞれ承認されました。平成27年度の事業報告では、部員加入に向けての取り組みに関連する質問が相次ぎ、執行部もこの課題については次年度の役員に引き継ぎ、最初から農協に頼らずに、まずは加入に向けてのアクションを部員全員で起こしていきましょうと回答していました。部員加入については、今後も部員全員の課題として取り組むべきだと、改めて思わされる質疑応答となりました。役員改選が承認された後には、新役員から一人ずつ来年度に向けての抱負の挨拶があり、閉会の際には藤田副部長から挨拶がなされた後に、退任される役員から一言ずつ挨拶がありました。旧役員からは、来年度の役員に向けてのメッセージや任期中、皆様に助けられた事への感謝などが述べられ、総会は無事終了いたしました。
 総会終了後は、11月23日〜12月1日まで道女性協議会海外視察研修でドイツに行ってきた報告を藤井部長が行いました。スライドを見ながら、立ち寄った視察先の説明がなされ、「ドイツの農業制度や自然環境を守る農業を視察でき貴重な体験となった。視察に行くことにより、日本の良いところを再確認し、また日本の農業を大切にしたいと思った。」と発表していました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22