JA中標津 Blog

<< 青年部 - 2016年1月の記事 >>

第64回 全道JA青年部大会

by JA中標津

大会テーマ「Exciting Innovation 〜力強い農業へ!」

 平成27年12月3日から4日にかけて、第64回全道JA青年部大会が札幌パークホテルで開催され、全道各地の盟友と関係者約700人が参加し、当農協からは乾元樹部長・松田貴裕監事・小出信彦君・半沢勇貴君が参加しました。

 開会挨拶で道青協齋藤和弘会長は、環太平洋連絡協定(TPP)大筋合意の難局を乗り越えることを呼びかけ、JA北海道大会については目標達成に向け、それぞれの立場で実践していくことが重要だと述べました。
 青年の主張大会は6地区の代表の中から、「子供と共に 魅力ある農業へ」発表したJAあさひかわ青年部の田浦大輔さんが最優秀賞に輝きました。田浦さんは難病の子供と過ごす時間を増やすため、会社員から農業に参入した経験を発表、農業は人と人がつながり高めあっていく産業だと延べ、就農後の困難を乗り越えたことや、後に続く新規就農者を引っ張っていく決意が評価されました。
 青年部活動実績発表では全道6地区の代表から発表され、「未来への種まき」と題して小学校でのメロンに関する食育活動について発表したJA夕張市青年部が最優秀に選ばれました。1年目は授業の内容や質疑応答に問題があったことを部員内で話し合い、翌年以降に改善して授業を行ったことが綺麗にまとめられ、ほぼ暗記で発表したことが高評価となりました。
 夜に行われた全体懇親会ではアームレスリング大会と純農Boyオーディションが行われ、アームレスリング大会は十勝清水町青年部有働哲也さんが豪腕を振るい優勝となりました。純農BoyオーディションはJAとまこまい広域青年部穂別支部中澤和晴さんが選ばれ、ラジオやポスターなどで来年度の青年部活動をPRすることが決まりました。
 翌日4日は基調講演で、お笑いタレントとしてもテレビやラジオ等で活躍、少年院などで「命」や「人生」をテーマに講演活動も行っているゴルゴ松本氏より、「命の授業」と題して講演されました。ホワイトボードに漢字を書きながら、その成り立ちや言葉としての意味を、笑いを交えながら熱弁しました。
 本大会では大会宣言が齋藤和弘会長から行われ、地域の未来を育む事業へと北海道550万人と共に創る「力強い農業」と「豊かな魅力ある農村」の実現へ、盟友一丸となってこの北の大地から生み出される、食と農の価値を創造し力強い農業にしていくことを強く決意して大会宣言しました。また自らが創造する農政新時代の確立を目指す特別決議が行われ、我々J
A青年部が、北海道農業と地域を支えていく担い手であることを自覚し、自らが果たすべき役割を真剣に考え、JA青年部の英知を結集し次世代に農業と地域の魅力を着実に引き継げる行動を実践していく事などが決議されました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22