JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

平成26年度暴風雪による建物等の被害状況

by JA中標津

 今年の冬は観測史上最大となる積雪を記録し、週末になる度に発達した低気圧がことごとく道東を直撃して暴風雪に見舞われました。除雪も追いつかず、道路も通行止めで牛乳の集荷もままならない状態。学校も相次いで臨時休校でいったいどうなってしまったかと思いたくなるような今年の冬でした。
 記録的な大雪と風による被害で建物等に多くの被害が出ました。農協でも請負業者を増やして除排雪を受付して対応しておりましたが、雪の量が想像以上に多く作業が思うように進まない状況でした。
 いつ起こるか分からない災害に備え、日頃から準備する事が大切です。ある程度の食料の備蓄や、万が一に備えて建物更正共済への加入なども検討してみてはいかがでしょうか。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22