JA中標津 Blog

<< 2014年7月の記事 >>

女性部フレッシュミズ 春の集い

by JA中標津

 5月12日、JA農業農村交流施設クレエ研修室にて、1年間の事業内容について話し合う場・春の集い(総会)とJA酪農課・裏地課長による生乳生産に関わる勉強会が行われ、部員9人が参加しました。

 今年度は、会長の松田かおりさん(当幌)を中心に15人での活動がスタートしました。営農形態が酪農である部員が多いことから、今回は、生乳生産に関わる内容となりました。午後からは、根室地区女性協議会の動きや今年度の活動計画などが話し合われました。
 参加者からは、「根室管内や北海道の各JAの生乳生産量や乳質のこと、体細胞や細菌数のことなどについて聞いて、改めてJA中標津の乳質の良さを実感する機会になりました」、「生乳生産の分野に限らず、今、私たちが知りたいことにも答えてもらえて良かったです。搾乳手順を見直すことができる資料は、自宅に戻ってからも役立っています」、「今回の勉強会は、話しやすい・聞きやすい囲気だったので、リラックスして参加できました」とありました。

【フレッシュミズ】
 JA女性部に所属しているJA組合員家族およびJA区域内に住む女性から構成されています。現在は、乳幼児から中学生までのお子さんを持つ20〜30歳代の女性が大半を占めています。活動内容は、部員自らが話し合い企画を行い、ヨガ教室やメイクレッスンなど興味のあるものを取り入れています。農作業に携わり、子育てや家事などをこなす中、部員間の交流のほか、身体のケアにも意識を向けています。この時間は、自分自身の時間も大事にすることを忘れないようにする機会になっています。
 ランチなどの交流会では、たくさん話をすることで心が軽くなる大事な時間です。心が疲れていると身体も疲れてしまうと思うからです。仲間には、辛いことをひとりで抱え込まないで欲しいと思います。これからもフレッシュミズ活動が、きっかけづくりの場、自分を取り戻す場、新たな自分を発見する場であり続けたいです。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>2014年7月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22