JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

ファームステイ 先生のたまご、酪農体験

by JA中標津

5月30日〜31日、北海道教育大学釧路校の学生のファームステイ受入事業が行われました。

 5月30日から31日にかけて、釧路教育大の学生がファームステイに来ました。我が家には2名の女の子が実習に来ることとなり、しるべっとでの出発式の後、牧場の施設を案内して、早速仕事をしてもらいました。
 2人に任せた仕事は子牛の乳やりで、最初のうちは怖がっていましたが、すぐに慣れて「かわいい」と子牛に声を掛けながら楽しそうに仕事をしていました。搾乳にも入ってもらい、慣れない作業ながらも一生懸命ミルカーをかけていました。
 仕事終了後は夕食をみんなで食べ、仕事のことや学校生活のことなどを語り合いました。次の日の朝も寝坊すること無くしっかりと起きてきて、搾乳をやってもらいました。午後からは別海の郊楽苑で昨日別れた学生と合流し、受け入れ農家の方々と懇親会を行い、1泊2日のファームステイが終了しました。
 2名のうち1名が中標津出身で、「同じ町なのに全然知らない町に来たみたい」と言っていたのがすごく印象的で、このような場を設けることが重要なのだと感じました。2人とも真面目で素直な子達でしたので、きっとこの体験を先生となって子供達に伝えてくれると思います。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22