JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

JA根室地区青協 ホクレンとの意見交換会

by JA中標津

 平成26年6月6日(金)根室農業会館において、『JA根室地区青協・ホクレンとの意見交換会』が行われ、当青年部からは乾部長・原副部長が出席しました。

 根室地区青協の安田正嗣会長とホクレンの市村敏一支所長の開会の挨拶の後、ホクレンの各課より昨今の酪農情勢について、26年度見込みで支払い乳代85.57円、補助金等を含めると92.04円と前年差+5.47円という乳代になるものの、飼料・肥料・燃料等生産資材は依然高止まりしているのが実態であると報告がありました。しかしながら、新たな安定対策や値上がり幅を最大限圧縮するようメーカーに求めるなど、我々生産者の負担を軽減する対策を行うという力強い言葉もありました。
 意見交換では「酪農家の現場に合わせた技術指導は出来ないのか?」や「飼料や肥料を切り替えた時などのアフターケアの充実をして欲しい」と言った意見があり、ホクレン職員だけでは対応が難しいところがあるので、各単組と連携を強化し解決していきたいとの回答を頂きました。他にも関連質問が相次ぎ、私が準備していた質問をする前に時間となってしまうほど活発に意見が交わされました。
 我々生産者と農協やホクレンと言った生産者団体との結びつきが大切だと改めて認識した意見交換会でした。 




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22