JA中標津 Blog

<< 2013年12月の記事 >>

平成25年度 東小学校牧場見学

by JA中標津

 11月18日から3日間にわたって、東小学校3年生の牧場見学があり、乾牧場・原牧場・阿知波牧場が受け入れを行いました。
 1日目の乾牧場では、はじめに育成舎を見学し、次に牛舎を見学しました。牛舎では、児童達が、自由に牛舎内を見回れる時間があり、牛に自由に触れたり、近くで見学することができました。児童の中には目をキラキラさせ、「牛に触れたよ」と、とても嬉しそうに教えてくれました。見学と体験は児童達にとって、とてもいい経験になったと思います。
 2日目の原牧場では、はじめに子牛の育成舎。次に牛舎。そして育成&乾乳舎を見学しました。育成&乾乳舎では、児童達は原さんの話に夢中になり、たくさんの質問がありました。「この牧場で働きたい」と言う児童もおり、酪農に対する熱い思いが伝わったのではないかと思います。あいにくの雨で、用意していた農作業機械や牧草ロールなどは説明できませんでしたが、とても意味のある牧場見学だったと思います。
 3日目の阿知波牧場では、はじめに子牛のハッチ&育成舎。次に牛舎。そしてトラクターとロール。最後に放牧地を見学しました。放牧地では、児童達が牛と一緒に放牧地に入るというダイナッミックな見学をしました。最初は牛が警戒して、児童達から離れていったのですが、だんだんと慣れてきて、多くの児童は牛に触れることができました。特に人気だったのがブラウンスイスで、触れた児童はニッコリして喜んでいました。トラクターでロールをカットする作業も見学でき、とても充実した牧場見学になりました。
 3日間を通して、児童を受け入れることは、準備も含めとても大変ですが、食べ物を作る現場を見学して学ぶということは、とても大切なことであると感じました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>2013年12月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22