JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

食品加工交流部会 第12回 通常総会

by JA中標津

新しい役員体制で22人の仲間と新しいスタートです。

 4月20日、JA大会議室にて、第12回食品加工交流部会通常総会が会員14人出席のもと開催されました。
 開会にあたり、弾正原会長から、「中標津農業高校の視察研修では地域の高校生の取り組みを知る機会となりました。また、会員の中司さんが講師となって行った飯寿し作り教室は、参加者から好評でした。初の試みの女性部との合同料理教室は、シンプルな調理方法を学びました。まだまだ学ぶことがあると感じました。これからも、学んでいいものを取り込んでいきましょう」と挨拶がありました。来賓の橋組合長から、「クレエが建つ前、女性部がイベント準備を苦労しながら行っている姿を見ているので、クレエの設立当初は、イベント準備を楽に行ったり、ゆっくり楽しんだり、雑談する場として利用して欲しいという思いがありました。今、自分たちが作っているものを加工し付加価値を付けて、販売を行うまでになったことは、JA事業としても大事な取り組みです。これからもサポートを行ってきます」とご祝辞をいただきました。
 議長に、橋百合さん(武佐)が選出され、議事が進行されました。平成24年度事業報告および収支決算報告、平成25年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員体制の変更に伴う規約の改正、役員の選出について、それぞれ承認されました。
 総会終了後には、有志が持ち寄った加工品の試食が行われました。試食スペースには、ビーフシチュー、混ぜごはん、マリネ、ふきの佃煮、いずし、数種類の漬け物がずらり。その他には、デザートの杏仁豆腐やパウンドケーキなども並べられました。持ち寄られた加工品は、家族に喜ばれるもの、よく作るもの、月例活動で作ったもの、10周年記念のレシピブックを使用したものなどとさまざま。昔ながらの味で心地良さを感じ、新しい味から刺激を得て、レシピの情報交換、会員同士の交流が行われた時間となりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22