JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

JA青年部リーダー養成研修

by JA中標津

 2月4日から6日にかけて、江別市の農協学校において、2泊3日の日程で、JA青年部リーダー養成研修会が開催されました。当研修は、JA青年部組織活性化のための知識、技能の修得、リーダーの養成、リーダーシップを発揮するためのコミュニケーション能力向上を目的に開かれました。

 初日午前の研修では、「JA運動農協青年部の役割」について、協同組合組織が発足した始まりから時代背景、その経緯を学び、協同組合原則はJA綱領と関連があり、その変遷から今の充実した姿があるのだと理解を深めることができました。
 午後の研修では、北海道農協青年部協議会の黒田会長が講師となり、「JA青年リーダーとしての心構え」についてお話がありました。熱意をもって真剣に取り組む姿勢が大切であり、率先垂範し熱意を部員に波及させることが最も重要であると教えて頂きました。次に、とまこまい広域農協 代表理事専務の秋永氏より、「JA青年部に期待すること」と題しお話がありました。秋永氏は、「消費者に農業の大切さをどう伝えていくのか?日本の農業を守る! という決意をもってほしい。」と呼びかけました。また、リーダーに心得てほしいことのひとつとして、「知識や技術だけが優れていても人はついていかない。徳というものを併せ持たなければならない。」と助言頂きました。
 2日目は、中小企業診断士の石田氏より、「JA青年部リーダーにおけるコミュニケーション」についてお話があり、人間関係をよりよくすることを目的に、送り手と受け手がお互いの情報、意思、感情を共有できるようご指導頂きました。
 今回の研修では、講師の先生方の話も学びになりましたが、全道の盟友らと一同に介して衆知を集め、交流ができた事がなによりも良かったです。次年度は若い部員にも是非、克己心をもって行ってもらいたいと願います。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22