JA中標津 Blog

<< 広報の記事 >>

平成24年度 根室地区JA青年部大会

by JA中標津

大会テーマ『Moving it〜希望を繋ぐ強い農業を目指して〜』

 11月2日、JA根室地区青年部連絡協議会主催の根室地区JA青年部大会がウエディングプラザ寿宴で開催されました。
『Moving it 〜希望を繋ぐ強い農業を目指して〜』を大会テーマに掲げ、根室管内から約130名の盟友が集いました。

 開会式の後、「私が青年部活動から得たもの」と題し、北海道農協青年部協議会 前会長今井貴祐氏による講演会がありました。奥さんの後押しもあり、色々な青年部活動を通じて大きく成長してこれた話をしていただきまし
た。
 昼からの分科会では、青年部経験年数に応じて5クラスに分けて行われました。当青年部が運営を任された第2分科会は、「食育をどう伝えるか」というテーマで経験年数4〜6年の盟友が集まり行われました。
当青年部以外に主だった食育活動をしている単組はありませんでしたが、関心はとても高く、「食育というと子供達に向けたものが多いが、親や先生に向けた活動をすべきではないか」とか「伝える年齢層によってもっと表現を工夫すべきでは」などという活発な意見がたくさん出ました。
 青年の主張発表では、当青年部から原 健治さんが「酪農ヘルパーをやってたことを今振り返る」と題して発表しました。酪農ヘルパー時代の経験が今とても役立っているという主張でした。最優秀は逃しましたがとても良い主張でした。
 アームレスリング大会は、当青年部から飯島央道さんがエントリーしました。管内各単組代表の5人でトーナメントが行われましたが、1回戦で惜しくも敗れてしまいました。
 最後に青年の歌をみなで歌い、1日にわたって行われた大会が閉会しました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


<< >>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22