JA中標津 Blog

中標津乳牛改良同志会 宮崎県消流視察

by JA中標津

 平成30年10月19日〜21日の日程で同志会員6名、職員2名で宮崎県消流視察を行ってきました。

 今回の視察は宮崎県が2020年開催予定の第15回全国ホルスタイン共進会の開催地となっており、中標津乳牛改良同志会でも共進会への貢献、また購買の拡大に向けて企画して行われました。
 釧路空港から羽田で乗り継ぎ宮崎県へと入り、現地にて宮崎県酪農同志会、宮崎経済連職員7名に迎えられ、府県と北海道の酪農情勢、また牛の改良など幅広い分野で意見交流が行われ懇親を深めました。
 翌日は、都城市近辺の酪農家を3件視察しました。1件目の仲野牧場は繋ぎ飼いで搾乳牛50頭育成牛40頭規模の農家で、牛に無理がなく牛体も綺麗で飼育管理が行き届いておりました。また、基礎牛として佐久間 陽正氏から導入して飼育していました。2件目は、宮崎乳牛改良同志会の会長である温水牧場で、繋ぎ飼いで搾乳牛30頭育成牛20頭を飼育されていて、搾乳牛と育成牛を一緒に管理されていて、とてもコンパクトな牧場で、北海道から3頭の基礎牛を導入しており、改良意欲の高さを感じました。3件目の石山牧場はフリーバーンで、搾乳牛90頭和牛30頭で、1頭あたり9,000
kgの牧場で暑熱対策が行き届いており、過密にならないよう飼育管理が行き届いておりました。
 今回の視察では北海道酪農との違い、そして宮崎県酪農同志会の改良意識の高さを感じることができました。今後は2020年開催予定の全国共進会に向け、中標津町農協からも出品できるよう改良を行っていきたいと思います。 







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成30〜31年度中標津町農協担い手創出協議会ルーキーズカレッジ第8期生研修開講式

by JA中標津

 平成31年1月15日(火)に平成30〜31年度の2ヶ年で実施されるルーキーズカレッジ第8期生研修開講式が行われ、5名の研修生が参加しました。
 夏の台風の被害や9月に震災があった事により、開催が遅れてしまいましたが、先日無事に開講式を終えました。

 中標津町農協担い手創出協議会 会長 橋 勝義より「また新しく営農を始める担い手としてルーキーズカレッジで基礎勉強をしていただき、ご自身の営農に生かして欲しい」と挨拶を頂き開講式が始まりました。次に研修生紹介として一人ずつ自己紹介と抱負を述べて頂きました。それぞれが違う環境の中、営農をしていく上でこのルーキーズカレッジを通じ、繋がりを大切にして自分の農場に生かして行きたいという思いが語られました。
 ご来賓としてお越しいただいた、根室農業改良普及センター北根室支所支所長 吉田 忠 様からは根室地域の概略とエールを含め基調講演をお話しいただいた後、中標津町農協担い手創出協議会 副会長 飯島 浩より研修生に向け、激励のお言葉を頂き開講式を終えました。
 研修カリキュラムといたしましては1月下旬より5名の研修生参加の下、各関係団体に講師を依頼し座学や現地研修を進めて参りたいと思いますのでご協力をお願い致します。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部反省会

by JA中標津

 平成30年12月12日午後8時より、青年部と職員の反省会を寿宴にて、部員21名、職員31名が今年1年を振り返り、労をねぎらいました。

 職員組合を代表して末田典之副執行委員長による挨拶の後、牛乳で乾杯が行われ反省会がスタート。司会進行は武佐俵橋支部 橋力也委員長が担当、スムーズな進行で楽しい宴は進みます。余興は俣落支部 藤井季樹くんが務め、ホワイトボードを使った「画伯王は誰だ!」では当幌支部の佐藤恵悟君が見事優勝! 「平成最後の歌うま王決定戦」では、管理課渋谷さんと改良課小林さんのコンビが、審査員3名のハートをゲット!初代グランプリに輝きました。最後は佐藤部長が氷室京介を熱唱♪、たくさんの参加者で交流を深める事が出来ました。天気が悪い中、参加された皆様ありがとうございました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


中標津町立丸山小学校出前授業

by JA中標津

 平成30年12月18日(火)、中標津町立丸山小学校3年生2クラスを対象に中標津町農協青年部食農委員会による酪農に関する出前授業を行いました。

 視聴覚室ではスライドを交えて、つなぎ牛舎とフリーストール牛舎について、それぞれの仕組みや仕事の流れ、牛の生活などを説明しました。授業の最後には牛に関するクイズを行われ、生徒たちはクイズの答えが発表されるたび、一喜一憂しておりました。
 体育館ではタペストリーを用いて、牛の体の仕組みや酪農家の仕事の流れ、搾られた牛乳が工場に運ばれるまでを説明しました。実際の飼料も部員たちで持ち寄り、生徒たちに触れてもらいました。ビートパルプの甘い香りやサイレージの匂いに興味を示し、牛たちが色々な物を食べていることに驚いておりました。
 牛乳の飲み比べではなかしべつ牛乳をはじめとした3種類を試飲、原料は同じでも殺菌方法の違いで風味が異なるのを感じてもらいました。モデルカウを使った搾乳体験では、牛さんを相手に交代でバケツいっぱい乳しぼりを体験してもらいました。短い時間ではありましたが、牛と酪農についてより知って頂いた良い機会であったと思います。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


2019年女性部新年恒例会

by JA中標津

 1月22日(火)JA中標津大会議室にて、部員29名が参加し、新年を迎えて初めてのイベントである新年恒例会を開催いたしました。

 開会にあたり、藤田登美子部長による挨拶と、ご来賓を代表して橋組合長よりご挨拶をいただきました。その後、根室農業改良普及センター吉田支所長様の乾杯のご発声により宴はスタートです!
 今年も(株)味のオーハシあるる店 柴木店長様のご厚意により、低予算にもかかわらず豪華なお弁当を、あるるからは伊予柑と、農協からはフルーツの盛り合わせを提供いただき、テーブルはとても豪華に。また、お母さん達が腕によりをかけて作ってくれた漬け物などが試食コーナーを彩り、参加者の舌を楽しませていました。
 会食も一段落した頃、ひとつぼショップが開催され、楽しく会話をしながら商品を買っていく姿が見られました。今年も役員で桜もちを作り販売したところ、行列ができあっという間に完売となりました。
 ひとつぼショップ終了後は、楽しい余興の時間です。ゲーム担当者が司会進行し、まずは恒例のビンゴゲーム。なかなかビンゴが出ない中、最初にビンゴしたのは協和地区の長縄さおりさん。嬉しそうに商品を受け取られました。次に、橋組合長のご厚意によるお年玉のジャンケン大会が行われました。皆さん目を輝かせながらジャンケンに挑戦し、最終的に勝ち残りお年玉をいただいたのは、俣落地区の鷲見沙友里さんでした。最後の余興は『JA中標津をもっと良く知ってもらおうクイズ!』。各課に紹介文と問題作成をお願いしてクイズを出題し、正解者には景品を!真面目なクイズからウケ狙いのクイズまで色々な問題があり、正解出来ない問題もありましたが大いに盛り上がりました。各課の皆様には、お忙しいなかご
協力いただき大変ありがとうございました。
 楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、山下智代副部長の閉会挨拶をもって新年恒例会を閉会いたしました。美味しいお弁当をいただきながら楽しくお喋りする事ができました!この楽しかった時間を活力とし、今年一年も多方面に頑張りましょう!ご参会いただきましたご来賓の皆様、大変ありがとうございました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>2019年2月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22