JA中標津 Blog

食品加工交流部会 第16回 通常総会

by JA中標津

平成29年度、新しい役員体制でスタート!

 4月26日、JA中標津中会議室にて、第16回食品加工交流部会通常総会が、会員15名出席のもと行われました。

 開会にあたり橋百合部会長から、「昨年度は皆様に受入等お手伝いいただき、ありがとうございました。部会員同士協力し合い、楽しみながら部会を盛り上げられたと思います。また今年度も加工体験の受入等行えるよう、ご協力よろしくお願いします。」と挨拶がありました。来賓の橋組合長からは、クレエ設立の経緯や28年度のJA中標津の概要などをお話いただき、農協の色々な事業に参加した事への御礼や、今後も加工部会をサポートして行きますとの力強いご祝辞を頂きました。
 議長に、松本麻美さん(第2俣落)が選出され、議事が進行されました。平成28 年度事業報告および収支決算報告、平成29年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員の選出について、それぞれ承認されました。
 総会終了後、部会員の有志が持ち寄った加工品の試食会が行われました。試食スペースには、漬け物、巻き寿司、さくらご飯など、たくさんの加工品がテーブルへと並べられ、部会員は持ち寄った加工品の情報交換をしながら、来年度へ向けての計画を話し合いました。部会員同士交流でき、お腹いっぱいでとても幸せな時間となりました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第64回 女性部通常総会

by JA中標津

 3月21日、JA事務所大会議室にて、第64回女性部通常総会が、総会出席38人(うち委任状10名)のもと行われました。

 開会にあたり藤田登美子部長から、「以前女性部長をされていた酒井拓子さんの言葉で「女性の心には一つの石があって、その石を磨くために女性部活動をするんですよ。」と挨拶していた事を思い出しました。当時の私は川の上流にあるごつごつした大きな石でしたが、二十数年に渡る女性部活動を通じて、徐々に丸くなって磨かれてきたかなとそんな風に思います。みなさまにも女性部活動を通じて、心の中の石を磨いていって欲しいです。」と挨拶がありました。来賓の方々からは、日頃JA中標津を利用頂いている事への御礼、女性の笑顔と笑う事の大切さ、女性のJA参画の動きなどに触れる内容のご祝辞をいただきました。
 議長は、遠藤美智子さん(俣落)と奥田美晴さん(当幌)が選出され議事が進められました。平成28年度事業報告および収支決算報告、平成29年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、規約の改正などが承認されました。規約の改正においては、永年の懸案であった根室地区女性協と役員改選時期を合わせるため、現三役と監事が30年度にもう1年任期を延長する旨の改正案が上程、承認され女性部の課題の1つを無くす事ができました。また、質疑応答では29年度より支部理事に役員報酬を支給する事への質問に、執行部が回答していました。最後に山下智代副部長から閉会の挨拶がされ、総会は無事終了いたしました。
 総会終了後、中標津町役場総務部総務課防災係より、上田龍氏と徳永博之氏を講師としてお招きし、防災に係わる研修会を行いました。炊飯袋を使った炊き出し体験からスタート。炊飯作業をしている間に、避難所の運営をゲーム感覚で学べる「Doはぐ」という、3色のカードを使ったゲームを行いました。冬の北海道で学校が避難場所と想定し、様々な事情を抱え避難してくる人達をどの教室や場所へ案内するのか、各グループで話し合うゲームで、カードが読み上げられる度に、真剣な面持ちで避難者をどこに案内するか相談していました。気を付けて欲しい避難者カードの対応については、ゲーム終了後講師より解説があり、炊き出し体験のご飯を食べ、研修会は終了となりました。参加者からは「あんなに有意義なゲームは無かった、避難所の仕組みが楽しく学べて良かった」などの声が聞こえておりとても満足そうでした。講師にお越し頂きました、上田氏、徳永氏にはこの場をかりてお礼申し上げます。また、総会と研修会にご出席いただきましたみなさま、大変お疲れ様でした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22