JA中標津 Blog

東小学校 酪農施設見学

by JA中標津

 11月1日に東小学校3年生の酪農施設見学が行われました。今年度の見学場所は俣落地区の片岡牧場、俵橋地区の名越牧場の2か所で、3年生2クラスがそれぞれ1クラスずつ分かれて見学しました。当日は朝から草地一面が凍るくらい非常に寒い日でしたが、東小学校の子供たちはそんなのお構いなしで元気にはしゃいでいました。牛の飼料の説明、牛舎内・育成舎の見学、トラクターなどの酪農機械、乳牛についてなど普段あまり見聞きする機会のないことに
興味を示していました。
 牛のフンを見て喜んだり、説明している最中でも分からないことはすぐ質問してくる子供たちは可愛かったです。
 この酪農施設見学を通して少しでも多くの子供たちに興味を持っていただければいいなと思いました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成28年度 根室地区JA青年部大会

by JA中標津

大会テーマ『Moving it 〜眼前の困難を乗り越える〜』

 我々青年部盟友は、世界情勢や政府の動向・時代の流れを的確に把握し、それに応じた行動を起こさなければならず、生産者・将来の担い手としての自覚と責任を持ち、国民に安心・安全な食料を供給し、生産性を高め、消費者に対して正確な情報提供・広報活動を持って信頼関係を更に堅固な物にし、地域社会を盛り上げながら、我々も成長していかなければならない。
 以上の内容を踏まえ、管内の多くの盟友の参加のもと、本大会を「希望を繋ぐ強い農業の確立に向けた相互研鑽を図る機会」と位置付け開催する。

 11月8日(火)ウェディングプラザ寿宴にて、平成28年度根室地区JA青年部大会が開催され、根室管内の盟友約100名が集いました。

 開会式の後、根室管内5単組の代表者より青年の主張が発表され、当農協からは当幌青年部 佐藤恵悟君が「・・・愛に変わる時まで」と題して発表しました。今年から青年部に入り活動していく中、自らの恋愛失敗談を交えて地元の青年部盟友などに支えられながら活動する様子、自らの将来の目標を発表しました。
 昼食を食べながらアームレスリング大会が行われ、各単組の力自慢達が集結。当農協からは俣落支部 小田将志君が参加したものの、優勝したJA計根別青年部の猛者との対決に敗れ、残念ながら全道大会行きのチケットをもぎ取ることは出来ませんでした。
 午後からは地区青協事業についてのパネルディスカッションが行われ、パネリストとして佐々木大輔氏(19年度地区会長、20年度道青協副会長)、西田尚氏(24・25年度地区会長、26・27年度道青協副会長)、久保拡伸氏(現・地区会長)を招き、根室地区青協事業であるランチパーティーや北海道教育大釧路校ファームステイ事業を始めた経緯などについてお話いただきました。
 その後、5つの分科会に分かれ各単組部長が座長を務め、「青年部とは」「地区青協事業に求めること」について各単組の部員と意見を交換し
ました。
 青年の主張最優秀賞はJA計根別青年部 本田拓哉君『私が想う魅力』、アームレスリング大会もJA計根別青年部 加藤司君が代表の座をもぎ取り、12月に行われる全道大会に出場します。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22