JA中標津 Blog

ジュニアホルスタインクラブ 2016 北海道ホルスタインナショナルショウ&全道酪農教室に参加

by JA中標津

 9月23〜25日にかけて、安平町で開催された「2016 北海道ホルスタインナショナルショウ」および「全道酪農教室」に参加しました。先に現地入りした2名と会場で合流し、引率者含め総勢20名での参加となりました。全道各地から集まったジュニアホルスタインクラブの中で、中標津の参加者が一番の多さでした。
 リードマンスクールには中川泰征君(高2)が参加し、他のメンバーは牛にまつわるクイズやビンゴゲームに参加しました。楽しみながらたくさん牛について学び、他クラブの会員とも交流を深めることができました。写真コンテストでは、山下結茉さん(小5)が見事入賞し、表彰されました。
 研修先のルスツリゾートでは最高の秋晴れの下、子どもたちは元気いっぱいに遊園地を満喫していました。新千歳空港ではおみやげを買ったり、お世話になった小学校の先生と再会を果たしたり、有意義な時間を過ごすことができました。みんなとても仲が良く、高学年の子達が低学年の子達の面倒をよく見てあげていて、素敵な思い出がいっぱい詰まった3日間となりました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部日帰り研修

by JA中標津

タカナシ乳業視察研修&明郷 伊藤☆牧場でランチ

 9月28日、浜中のタカナシ乳業株式会社にて日帰りの視察研修を行いました。参加者は部員12名、子供2名の合計14名。とても有意義な研修だったと参加者よりお声を頂きました。受入をしていただいたタカナシ乳業の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りてお礼申し上げます。また、事業に携わった方々、参加された皆様、大変お疲れ様でした。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


地産地消!なかしべつ丸ごと給食

by JA中標津

 9月29日(木)に丸山小学校にて中標津丸ごと給食・出前授業を行いました。
 今年は丸山小学校の4年生2クラスを対象に「中標津のじゃがいもについて」と題して、ジャガイモの植え付けから管理そして収穫までの一連の流れの説明やじゃがいもに関するクイズ等を視聴覚室にてプロジェクターを使って行いました。授業の後は「地産地消給食」ということで中標津の食材を使ったメニューや中標津の牛乳が給食に並び、子供たちと美味しく楽しく食べました。
 子供達に地元の食材についてもっとよく知ってもらうために、これからもこの事業を継続して行っていきたいです。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


泉保育園 芋掘り遠足

by JA中標津

 今年の天気は雨の日が多く、9月6日(火)に予定していた泉保育園の芋掘り遠足も8日(木)に延期となってしまいました。当日の天気は曇りでしたが、芋掘りを行うには丁度良い天候でした。
 子供達の元気な挨拶から始まり、芋掘りがスタート。青年部員が圃場にスコップを入れるとすぐさま園児達が数人集まり、『はやく!はやく!!』と催促され、土を掘り返すといっせいに芋の取り合い( 笑)
 すべての区画を掘り終える頃には小さなものから大きなものまで、4つのコンテナいっぱいになり、楽しんで終えることが出来ました。この体験を通して少しでも記憶に残るイベントとなり、農業に興味を持ってもらえたらと思います。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第29回じゃがいも伯爵まつ り&ふれあい広場

by JA中標津

 中標津町特産の伯爵じゃがいも掘り体験をはじめ、旬のとれたて大根・ブロッコリーや乳製品など地元産品等の即売会のほか、乗馬体験、参加型ステージによる演出で会場はたくさんの来場者で賑わいました。

 9月4日、じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場が過ごしやすい天気と気温の中、道立ゆめの森公園・翼とふれあいのゾーンで開催されました。
 菊池憲一郎実行委員長の力強い開会挨拶で祭りがスタートし、様々なイベントがステージで披露されました。今年は伯爵いものキロ当て競争がステージで行われ、参加者は時間内に決められた重さになるよう真剣にバケツにいもを乗せていました。ステージ前では中標津バトントワリング、エアロジュニア、ヒップホップキッズ、ジャズダンス、Infinityの華麗なダンスに来場者は大きな拍手を送っていました。
 また農業トライアスロンでは3名が1組となり、ロール転がし、ミニ一輪車でのじゃがいも運び、じゃがいもの塩煮の早食いと牛乳の早飲みでタイムを競いあいました。
 隣接したじゃがいもの圃場には朝早くから多くの来場者が訪れ、天候不良により収量は少なかったものの、育ったじゃがいもを掘り出し、待ちに待った秋の収穫を楽しみました。今年は二年ぶりに熱気球体験が行われ、イベント終了時まで終始長い行列が出来ておりました。恒例となりましたはまなす乗馬普及協会による乗馬体験では、子供達が楽しそうに歓声を上げながら乗馬やポニーによる馬車を楽しみました。
 お昼には遠藤洋志青年部長が声高らかに「牛乳で乾杯!」の発声で乾杯が行われ、酪農王国北海道でトップクラスの品質と美味しさを誇る「なかしべつ牛乳」を会場にいる皆様と一緒に飲み干しました。
 毎年長蛇の列が出来る伯爵じゃがいもの塩煮無料配布では、小さいながらも会場で採れたとれたてほくほくの美味しいじゃがいもを堪能し、祭りの最後には豪華景品が当たる大抽選会も行われ、子供から大人まで秋の収穫を堪能するこのイベントを楽しみました。
 例年に無い天候不良で開催も危ぶまれましたが、ご協力いただきました各団体の皆様、お手伝い頂きました皆様のおかげで今年も無事に祭りを終える事が出来ました。ありがとうございました。













★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>2016年10月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22