JA中標津 Blog

根室中標津空港に女性部製作タペストリー展示

by JA中標津

 ただいま根室中標津空港の2階、保安検査場とお土産屋の間にある中央ロビーの壁に、JA中標津女性部・部員みんなで製作したタペストリーが展示されております。4月いっぱいまで展示されておりますので、ぜひお立ち寄りの際にご覧になって下さい。
 また、空港事務局の方から、このスペースは手続きをすれば誰でも展示できるので作品お待ちしております、との情報をいただきました。お手続きはホームページや空港でも行っております。わからない事があれば、JA中標津にお問い合わせ頂いても結構ですので、気軽にご利用されてみてはいかがでしょうか。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


熟年会 冬期研修旅行

by JA中標津

 熟年会冬期研修旅行が3月23日から25日の2泊3日の日程で、川湯温泉川湯観光ホテルで開催され、会員等59名の参加がありました。23日には定期総会、24日はゲートボール・ボーリング・スカットボール・カラオケ・麻雀・周遊観光に分かれ、研修旅行を楽しみました。

 
 23日、2台の大型バスに分乗して中標津を出発、宿泊先の川湯温泉に到着して昼食タイム。午後からは全体会議(総会)が開催され、高平会長の挨拶に続いて議長を選出、総会議案の説明と質疑がなされました。役員改選では高平会長はじめ副会長が留任、監事1名が新たに選任され、全議案異議無く承認されました。全体会議終了後は、三国連太郎主演の映画「息子」が上映され観賞しました。
 夕方の懇親会では今年80才になられる方7名に記念品が贈られ、参加者最高齢の男性、遠藤忠義さん(91才)と女性最高齢の木村アキさん(94才)が表彰され、今年の年男・年女4名に記念品が贈られました。その後はカラオケと個人芸で大いに盛り上がりました。
 24日は、屋内施設でのゲートボール組、ホテル内でのボーリング・スカットボール組、カラオケ組、麻雀組に分かれて楽しみました。観光組は北網圏北見文化センターと北見ハッカ記念館を見学しました。
 夜の懇親会では日中行われたゲームの表彰が行われ、ホテル主催のビンゴゲームもあり、全員が景品を頂きました。宴会の最後には福嶋信一さんの音頭で万歳三唱し、高平会長の挨拶で終了となりました。
 25日は朝から晴天となり、事故も無く全員元気で帰ってくることが出来ました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


ルーキーズカレッジ オランダ・ドイツ海外研修報告Vol.1

by JA中標津

 オランダのロッテルダムにあるアーンチェス牧場に視察に行きました。そこは大きな牛舎1つに子牛から成牛まで入っており、しっかり区分けされた牧場でした。二階には牛を管理するパソコンがある事務所、来客用のミーティングルームがあり、どちらも牛舎の中とは思えないほど綺麗な部屋でした。
 機械はLELYの製品が多くありました。給餌と餌寄せを両方こなすVECTOR、ルンバのように自走しながら除糞を行うDISCOVERY、自動哺乳機のCALM、そして自動搾乳ロボットのASTRONOUTなど、普段見慣れていない僕らはただただ驚いてばかりでした。
 僕が特に驚いたのは、牛床が全く汚れていなかったことです。自走除糞ロボットのお陰でフリーストール内に糞はほとんど見当たらなく、牛の足もとても綺麗でした。床がスラットバーンになっており、小さな隙間にロボットが糞を落としながら除糞をしていました。これは地震が少ないオランダだからこそ出来るという事を聞かされ、「日本では厳しいなぁ」と思いました。ロボットを牛が踏みつけて壊してしまうのでは、と心配になっていましたがそんなことはなく、近くに来たら牛自ら避けていました。搾乳頭数124に対して牛床の数は125。少しくらいオーバーしても大丈夫だと聞いたことがありますが、ここの牧場はオーバーしないように心掛けていると話していました。牛も人に怯えることなく、ストレスを感じず、のびのびと生活しているように見えました。搾乳ロボットにも進んで入り、足を上げることなく大人しくしていました。昔は放牧もやっていたそうですが搾乳されていない牛を遠くまで探しに行くのが大変だったため、今はやっていないとの事です。
 初めての海外は本当にいい経験ばかりでした。カタコトの英語でしたが少しでも相手とのコミュニケーションを取れた時は凄く嬉しかったです。優しい人達が多くとても楽しめました。また行くようなことがあったら今度はもう少し英語を話せるようにしておこうと思いました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第63回女性部通常総会

by JA中標津

 3月17日、JA事務所大会議室にて、第63回女性部通常総会が、総会出席47人(うち委任状14名)のもと行われました。

 開会にあたり藤井部長から、「今年度の女性部は年代にこだわらず、みんなで頑張った一年でした。私事ですが、年が明けてから植えきらなかったチューリップの球根をプランターに植えたところ、頑張って育てたかいあって、3月には何輪かが花を咲かせました。私たち女性部も、加入していない方や辞めてしまった部員に、あきらめず加入推進の声かけをすれば、来年は充実した実りある一年になると信じています。本日は、来年度を充実させるためも、沢山のご意見をお願いいたします。」と挨拶がありました。来賓の方々からは、昨今のTPP・農業情勢の中、節約しながら豊かな生活を送れるよう努力をしている女性達へ労いの言葉や、女性同士のつながりを大切にして欲しい内容のご祝辞をいただきました。
 議長は、小出公子さん(俣落)と金子ひろみさん(俵橋)が選出され議事が進められました。平成27年度事業報告および収支決算報告、平成28年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員の改選について、それぞれ承認されました。平成27年度の事業報告では、部員加入に向けての取り組みに関連する質問が相次ぎ、執行部もこの課題については次年度の役員に引き継ぎ、最初から農協に頼らずに、まずは加入に向けてのアクションを部員全員で起こしていきましょうと回答していました。部員加入については、今後も部員全員の課題として取り組むべきだと、改めて思わされる質疑応答となりました。役員改選が承認された後には、新役員から一人ずつ来年度に向けての抱負の挨拶があり、閉会の際には藤田副部長から挨拶がなされた後に、退任される役員から一言ずつ挨拶がありました。旧役員からは、来年度の役員に向けてのメッセージや任期中、皆様に助けられた事への感謝などが述べられ、総会は無事終了いたしました。
 総会終了後は、11月23日〜12月1日まで道女性協議会海外視察研修でドイツに行ってきた報告を藤井部長が行いました。スライドを見ながら、立ち寄った視察先の説明がなされ、「ドイツの農業制度や自然環境を守る農業を視察でき貴重な体験となった。視察に行くことにより、日本の良いところを再確認し、また日本の農業を大切にしたいと思った。」と発表していました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>2016年4月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22