JA中標津 Blog

まちなかにぎわい秋の陣

by JA中標津

 平成27年9月13日(日)なかまっぷ特設会場にて中標津町商工会が主催する「まちなかにぎわい秋の陣」が開催されました。あいにくの雨の中、当農協と美唄市・JAみねのぶが出店しました。JAみねのぶは穫れたばかりの新米ゆめぴりかを販売、待ちわびたお客様たちで早々に売り切れとなりました。美唄市は有名な美唄焼き鳥や中村のとりめしを販売しました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


ジュニアホルスタインクラブ全道酪農教室

by JA中標津

 平成27年9月19日から21日にかけて、中標津ジュニアホルスタインクラブメンバーの皆と一緒に安平町で行われた「2015北海道ホルスタインナショナルショウ」と全道酪農教室に参加しました。
 今年度の参加者は引率者含め18名の参加で、雨の中、安平町へ向かいました。会場には全道各地から集まったジュニアホルスタインメンバーがすでに集まっており、先に現地入りしていた2名含め15名がリードマンスクールを受講しました。クイズやビンゴゲームなども企画され、メンバーは交流を深めながら楽しく学びました。また写真コンテストでは中川泰征くんが見事入賞し表彰されました。
 翌日は千歳サーモンパークにある水族館に寄った後、新千歳空港に向かいました。シルバーウィークということもあり、駐車場はすでに満車。昼食は予約のおかげでスムーズに取ることが出来、メンバーは一路、ルスツハロウィンが開催されているルスツリゾートへ。昨日までの雨はどこに行ったのか、とても良い天気で子どもたちはルスツを満喫していました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部勉強会 漢方・薬膳勉強会「キホンのキ」

by JA中標津

 最近、病院などで漢方薬が処方されることが多くなり、薬局などでも自分で漢方薬を気軽に買える時代になりました。今回の勉強会は、すこしでも漢方に対する知識を深めてもらうために、標津町在住の松下和江氏を講師にお招きし、奥が深い漢方のさわりの部分を2時間30分という短い時間で道具を使いながら講習していただきました。
 講師はまず、漢方に対するイメージを参加者に聞き、その中でも漢方は「即効性がない」というイメージは間違いで、自分の身体に合った物を選べば即効性があるとの説明がありました。食べ物と薬の境目は明確ではなく、講師が実際に使っている生薬を参加者に見てもらい、いかに漢方が身近であるかという事と、日常の料理も漢方になりうるという事の説明をいただきました。次に、食材の書かれたカードをテーブルに数十枚並べ、どの食材が身体を温め・冷ます物かを参加者に選んでもらい、「この食材は体を温めそうじゃない?これは夏野菜だから冷えそう。」と参加者は相談しながら振り分けていました。講師が正しい場所に並べかえ、思っていた食材が全然違う場所に移動されると参加者からは驚きの声があがり、温冷に正しく並べたカードから、今度は身体から排出する作用がある食材と、潤いを与え補う作用がある食材に振り分けをしました。食材にはいろいろな効果があり、プラスの部分とマイナスの部分を見極め、その時の体調に合った食材を自分や家族の為にも選んで欲しいとの説明がありました。
 昼食の時間には、五味五色についての説明があり、お弁当で足りなかった色を今晩か、2〜3日中に補えば良いとアドバイスをいただき、この食材はどんな状態の人が食べてはいけないのかなど、なごやかな雰囲気でお話されました。最後に講師から、「今日教えた事は最低限覚えていただいて、漢方を知る一歩になってくれたらと思います。」と、お言葉をいただき勉強会は終了しました。勉強会に参加した部員は、「勉強になった〜。」「今日帰ったら黄色の食材をとらなきゃ。」など満足そうに会話していました。
 この度は大変お忙しい中、講師を引き受けて下さいました松下さん、本当に有り難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。また、参加された部員には、今日得た知識を家庭で生かしていただきたいと思います。お疲れ様でした。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


中標津町農協組合長杯ゲートボール大会

by JA中標津

 農協組合長杯ゲートボール大会が9月24日(木)午前9時00分より中標津シルバースポーツセンターで開催されました。熟年会と中標津ゲートボール協会の会員が参加し、9組・50名によりチーム対抗戦が行われました。

 開会式では高平熟年会会長より開会宣言があり、中標津町農協中村参事、佐々木中標津ゲートボール協会会長の挨拶につづき、始球式を行った後、2面のコートに分かれ競技会が開始されました。
 シルバースポーツセンター内はひんやりと涼しいのとは対照的に、対戦はチームの主将を中心に、白熱した対戦が続けられました。第1ゲートの通過が特にスムーズで、第2ゲートでの駆け引きが見物でした。
 各チーム3回戦を戦い勝数・得失点を競った結果、唯一の3戦全勝・得失点差+28の黒沢リツチームが優勝となりました。準優勝は2勝1敗・得失点差+9の村上新平チーム、第3位には2勝1敗・得失点差+5の金子安有チーム、第4位は2勝1敗・得失点差+2の太田勝正チーム、第5位は2勝1敗・得失点差+1の小田正市チームが入賞しました。
 各チームとも団結して最後まで熱戦を繰り広げ、親睦を深めると共に、楽しい1日を過ごすことが出来ました。





★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


泉保育園いもほり遠足

by JA中標津

 9月8日(火)、あいにくの曇り空の中、当農協食農教育委員会は泉保育園のいもほり遠足の補助を行いました。

 前日の様な、にわか雨が降らないか気にしておりましたが、当日は園児たちの元気の良い挨拶のおかげか、最後まで暑くも寒くも無い良い天候でした。圃場に入ると、早速園児たちは「いもどこ?」とやる気十分、大きなイモを見つけるたびに目を輝かせていたのがとても印象深かったです。今年は天候にも恵まれ豊作で、コンテナの中には大きなイモが目立ち、昨年以上にたくさん採れました。最後まで「いもどこ?」と部員がスコップでいもを掘るのを催促する園児たち、楽しそうに農業に接してもらえてとてもうれしく思いました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第28回じゃがいも伯爵 まつり&ふれあい広場

by JA中標津

中標津町特産の伯爵じゃがいも掘り体験をはじめ、旬のとれたて大根・ブロッコリーや乳製品など地元産品等の即売会のほか、乗馬体験、参加型ステージによる演出で会場は大賑わいとなりました。

 9月6日、じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場が秋晴れの中、道立ゆめの森公園・翼とふれあいゾーンで開催されました。
 乾 元樹実行委員長の開会挨拶で祭りがスタートし、予定していたイベントがステージで披露されました。昨年も行った圃場を使った小学生によるいもほり競争やステージ前の広場で男女混合の農業トライアスロン、中標津バトントワリングスタジオ、エアロキッズ・エアロジュニア・エアロティーンズ、ヒップホップキッズ、TEAM LDH、Infinityの華麗なダンスイベントで会場を盛り上げました。
 隣のじゃがいもの圃場には朝早くから多くの来場者が訪れ、大きく育ったじゃがいもを次々と掘り出し、秋の収穫を楽しみました。風の影響で熱気球体験は中止となってしまいましたが、恒例となったはまなす乗用馬生産組合による乗馬体験では、子供達が楽しそうに歓声を上げながら乗馬やポニーによる馬車を楽しみました。
 平成26年4月1日から施行された全国でも初めてとなる「牛乳で乾杯条例」のもと、橋組合長の「牛乳で乾杯!」の発声で乾杯が行われ、酪農王国北海道でトップクラスの品質と美味しさを誇る中標津牛乳を会場にいる皆様と一緒に飲み干しました。
 毎年長蛇の列が出来る伯爵じゃがいも塩煮の無料配布では、とれたてほくほくの美味しいじゃがいもを堪能し、祭りの最後には豪華景品が当たる大抽選会も行われ、子供から大人まで秋の収穫を堪能するこのイベントを楽しみました。
 開催に際しまして、ご協力いただきました各団体の皆様、お手伝い頂きました皆様のおかげで今年も無事に祭りを終える事が出来ました事、紙面を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>2015年10月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22