JA中標津 Blog

根室管内JA海外酪農視察研修 vol.5

by JA中標津

 5月号に引き続き、22日の午後より視察したグレンモア農場の報告をします。

−以下の文章はPDFでご覧下さい−




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 JA花壇整備&寄せ植え教室

by JA中標津

 6月14日、女性部・藤井直雄美部長を中心に部員9人が集い、JA事務所周辺の花壇整備が行われました。この機会を活用して、部員講師の長正路八世榮さんのアドバイスのもと、花壇整備作業に携わった部員を対象にした寄せ植え教室が行われました。花壇や寄せ植えのこれからの成長が楽しみですね。

詳しくは広報PDF14ページをご覧下さい。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 ヨガ体験教室

by JA中標津

 初夏のような暑さが何日か続いて、少しバテ気味だった6月初め。新しい役員での最初の行事は、6月4日、しるべっとにて行われた「ヨガ体験教」でした。初心者コースで託児付きという体制がとても良かったと思います。
 参加者12人で、約90分間の貴重な時間を過ごしました。皆さん、リフレッシュできたかな?
 参加された杉本保子さんから感想をお聞きしましたので、ご紹介させていただきます。杉本さん、ご協力ありがとうございました。

【参加者の感想】
ヨガ体験教室に参加して… 杉本保子
 以前から興味があったヨガ。でも、日頃の運動不足のうえに、体も昔に比べたら、かなり硬くなっているので、みんなについていけるか心配でした。
 まず、下半身を中心に動かしていったのですが、普段あまり使わない部分を動かすから、足はつりそうになるし、ぷるぷる震えるし…。そこに腕の動きが加わり、最後には鼻での呼吸を付ける…。私の場合、ただ鼻息が荒く、もがいているだけのようだったと思うので、あんな姿はとてもじゃないけど、他人様には見せられない!!
 しっかりとポーズを取った後には、仰向けになって目を閉じて、全身の力を抜いてリラックス…の繰り返し。かすかに聞こえるBGMが宇宙をイメージするような音楽だったので、リラックスタイムのたびに、まるで宇宙にふわふわ浮いているような感じがして、とても気持ちよかったです。私たちがいる空間だけがとても静かでゆっくりと時間が流れている様でした。
 今回初めてヨガを体験しましたが、終わった時には、とても気持ちがよく、そして楽しかったです。ヨガは、ゆっくりした動きだけど、全身の隅々までじんわりと何か(?)が伝わり、リラックスタイムには不思議と気持ちが集中していました。また、ヨガ=(イコール)痩せるためのエクササイズと思っていましたが、心を落ち着かせて気持ちを集中させて、心身共にリラックスできる方法だとも思いました。
 今回教えていただいた中で、”転倒予防”と”腰痛予防”のポーズは、毎日の生活でとても役立つので、これだけは続けていきたいです。そして、またヨガの機会があるなら、ぜひやってみたいと思いました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 役員研修

by JA中標津

 5月14日、JA農業農村交流施設クレエにて、女性部役員12人による研修が行われ、いもだんごなどを作りました。女性部では、中標津産の牛乳・乳製品と伯爵などのじゃがいもなどの野菜のPRや消費拡大を目的に取り組んでいるイベント出店に向けた準備の時間となりました。
 JA牛まつりなどのイベントでの定番メニューの「いもだんご」、「いちごスムージー」、「ミルクもち」の作り方を役員らで体験し、1品ずつの各行程を確認し合うことを目的に行われました。レシピを片手に質問する姿やコツを丁寧に教える姿がありました。楽しい時間、面白い体験ができたという声が聞こえる研修会となりました。
 女性部の手作りメニューは、7月のJA夏まつり、9月のじゃがいも伯爵まつりで味わうことができます。楽しみですね。 




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部フレッシュミズ ランチ交流会

by JA中標津

 6月18日、中標津町東当幌にあるログハウスのカフェ・葉風にて、ランチ交流会が行われ、部員6人が参加しました。木のぬくもりがある個室で、カフェオーナーが手作りした特製ランチが食べられて、ゆっくり時間が流れる雰囲気のお店です。限られた時間の中で、自分自身や子どもに関する様々な話をして、牧草収穫時期を目前に控えエネルギーを蓄えたり、気分転換の時間を過ごしました。次回の活動は、1番草の収穫が一段落した頃に企画されています。お楽しみに!!




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部フレッシュミズ 春の集い

by JA中標津

 5月12日、JA農業農村交流施設クレエ研修室にて、1年間の事業内容について話し合う場・春の集い(総会)とJA酪農課・裏地課長による生乳生産に関わる勉強会が行われ、部員9人が参加しました。

 今年度は、会長の松田かおりさん(当幌)を中心に15人での活動がスタートしました。営農形態が酪農である部員が多いことから、今回は、生乳生産に関わる内容となりました。午後からは、根室地区女性協議会の動きや今年度の活動計画などが話し合われました。
 参加者からは、「根室管内や北海道の各JAの生乳生産量や乳質のこと、体細胞や細菌数のことなどについて聞いて、改めてJA中標津の乳質の良さを実感する機会になりました」、「生乳生産の分野に限らず、今、私たちが知りたいことにも答えてもらえて良かったです。搾乳手順を見直すことができる資料は、自宅に戻ってからも役立っています」、「今回の勉強会は、話しやすい・聞きやすい囲気だったので、リラックスして参加できました」とありました。

【フレッシュミズ】
 JA女性部に所属しているJA組合員家族およびJA区域内に住む女性から構成されています。現在は、乳幼児から中学生までのお子さんを持つ20〜30歳代の女性が大半を占めています。活動内容は、部員自らが話し合い企画を行い、ヨガ教室やメイクレッスンなど興味のあるものを取り入れています。農作業に携わり、子育てや家事などをこなす中、部員間の交流のほか、身体のケアにも意識を向けています。この時間は、自分自身の時間も大事にすることを忘れないようにする機会になっています。
 ランチなどの交流会では、たくさん話をすることで心が軽くなる大事な時間です。心が疲れていると身体も疲れてしまうと思うからです。仲間には、辛いことをひとりで抱え込まないで欲しいと思います。これからもフレッシュミズ活動が、きっかけづくりの場、自分を取り戻す場、新たな自分を発見する場であり続けたいです。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


熟年会 日帰り研修旅行

by JA中標津

(株)日翔しいたけ生産センター視察と詐欺について公聴

 5月27日、熟年会日帰り旅行がホテルマルエー温泉俵橋で開催され、あいにくの雨にも拘わらず会員92名が参加しました。

 10:00集合後、バスに分乗し研修先の(株)日翔しいたけ生産センターを訪問。3班に分かれて菌床センター・栽培ハウス・パックセンターの3ヶ所を係員の説明を受けながら見学しました。
 研修後、ホテルに戻りバイキングの昼食を摂り、全員参加でビンゴゲームを楽しみました。
 午後からは中標津町消費生活センターの消費生活相談員・安達早穂理さんを講師に『詐欺の手口と対処』について講話を頂きました。詐欺の件数は、昨年全国で40%増加し、釧路・根室管内では217件(26件増)・8億8千万円の被害があったとのこと。今回の講話ではDVDの映像と電話勧誘の実声を聞き、還付金詐欺等について説明を受けました。
 参加者の中にオレオレ詐欺の電話を実際に受けた会員がいて話を聞きました。娘の交通事故を装った内容で、泣きながら話をするので本当に娘かどうか判らないので、近くにいる親戚の警察官に電話するよう言ったところ、相手がすぐ電話を切ったので、娘に電話で確認し詐欺と分かったとのことでした。
 詐欺の対処法としては、「期日が迫っている」等と急がせ、冷静に考える余裕を与えない言い方をするので、逆に冷静に考えて怪しいと思ったら電話を切る、親族や周囲の人に相談することが大切との事です。また、公共機関で、お金の受け渡しにATMを使用する事は無いとのこと。最近は宅急便で送金を依頼するケースも増えているとの事です。午後2:10講話が終了し解散となりました。今後、電話・郵便等で何か怪しいと思う事があったら中標津町消費生活センターに相談するのも詐欺を防止する方法のひとつです。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


乳牛改良同志会 群馬県視察研修

by JA中標津

 5月9日〜12日の期間で群馬県消流視察を行って参りました。本視察は個体販売牛追跡調査と今後の販売促進を強固なものにするため、そして北軽井沢同志会員との親睦・交流をより深める事を目的に今回の視察を計画しました。また、同時期に群馬県にて「第39回北軽井沢スプリングショウ」が開催され、オフィシャルジャッジとして当会会員の久保 剛氏とアソシエートジャッジとして当農協畜産販売課・土井上 裕二氏が審査にあたりました。

 9日に長野県佐久市に移動し、山崎氏と杉山氏に懇親会を開いて頂き交流を深めることが出来ました。
 翌、10日に群馬県に移動し、第39回北軽井沢スプリングショウを視察しました。本共進会は関東全域から多数の乳牛が集められ、その出品牛の中には中標津産の牛が3頭いました。その日は強風の中での開催でしたが非常に活気に満ちあふれていて、特に若い出品者達の共進会に対する積極的な姿勢に感銘を受けました。また、オフィシャルジャッジを務めている久保 剛氏の好意により、北軽井沢同志会会長の川嶋氏や当会会長福嶋寿顕氏なども審査に参加するなど盛り沢山の内容となりました。共進会終了後、その日の夜に北軽井沢同志会会員総勢30名程と親睦・交流を深めました。
 翌、11日には近郊の4件の牧場を視察しました。上谷川牧場はフリーバーン形態で牛を飼養しており、中標津産の牛が多く見受けられました。昨年の北海道ホルスタインナショナルショウのジュニアチャンピオン生産牧場で搾乳頭数約270頭のKC牧場(重原氏)・中標津産の牛が多く見受けられた清水牧場と昨年北海道ホルスタインンナショナルショウのグランドチャンピオンを所有する萩原牧場を視察させて頂きました。
 今回の視察研修を通して、酪農情勢が厳しいなかで購買依頼を獲得出来たのも長年に亘る交流・親睦の賜であり、今日まで築いて下さった役員並びに会員の方々による尽力であると感じました。今後も大切なパイプをより強固なものにしていくため、会員そして組合員の皆様と供に精進していきたいと思います。
 最後に今回の視察に際し、山崎氏を初めとする北軽井沢同志会の皆様に深く感謝申し上げます。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部・女性部合同ゴミ拾い

by JA中標津

 5月22日、もりたセレモニーホール近くの交差点から北中の中標津川北線交差点までの約1.8kmを青年部・女性部合同ゴミ拾いを行いました。参加者は両部合わせて26名でしたが、あまりのゴミの多さに作業がなかなか進まず、終わってみると約160kgのゴミがトラックに山積みとなりました。空き缶やペットボトルが多く見受けられ、ドライバーの心ないポイ捨てが非常に残念に感じます。
 忙しい中参加された皆様、事故や怪我も無く安全に取り組まれ、大変お疲れ様でした。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部と農協職員との交流会

by JA中標津

 5月27日に青年部と農協職員との交流会を寿宴で行われ、出席数は青年部員32名、農協職23名でした。乾青年部長の開会挨拶と乾杯で交流会が始まり、4月に入組となった新入職員の自己紹介がありました。その後、レクレーションが行われ、各テーブル対抗による早飲み大会が行われました。日本酒はコップ、牛乳とビールはそれぞれジョッキになみなみと注がれており、選出された3人が決められた順番で飲み干すというルールで、僅差の結果に会場は大いに盛り上がりました。その他にもじゃんけん大会が行われ、当幌支部の纓坂晃史君の司会で終始楽しく進行していただきました。全体を通して例年よりも青年部員と農協職員間で自由に話せる時間が長かったので、より交流を深めることが出来ました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ
>>2014年7月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22