JA中標津 Blog

根室地区農協青年部連絡協議会 第63回 通常総会

by JA中標津

 4月24日、根室地区農協青年部連絡協議会 第63回通常総会が根室農業会館で開かれ、当農協青年部からは代議員として8名が参加しました。平成25年度収支決算、平成26年度収支予算案、会費の賦課・徴収方法、役員の改選、国際貿易交渉から北海道を守り抜く特別決議が全会一致で承認されました。
 総会の挨拶として根室地区青協会長 西田尚氏が25年度を振り返り、天候不良による農作業の遅れや国際情勢の動きに畜産農家への影響が大きく、不安が拭えない状況であること。食農教育の部分では好評だった教育大のファームステイ受入を26年度も継続事業として進めていきたいと述べられました。西田氏につきましては、26年度は北海道農協青年部協議会副部長として活動して行く事となっております。
 平成26年度事業計画では、根室地区青協統一スローガンに『Movingit〜眼前の困難を乗り越える〜』を掲げ、JA根室地区青協は、JA・JA女性協議会・各関係機関とのこれまで以上の連携と団結を図り、安定感のある農業を目指し、各種活動を通じた盟友の人材育成と相互研鑽を図ること決意しました。
 平成26 年度新役員体制については、会長に安田正嗣氏(中標津)、副会長に安達永補氏(標津)、久保拡伸氏(計根別)、監事に松井和孝氏(中春別)、田中将彦氏(道東あさひ)となりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第66回 青年部通常総会

by JA中標津

 4月11日、第66回中標津町農業協同組合 青年部通常総会が農協大会議室で開かれ、部員数72名のうち本人出席41名、委任状による代理出席8人で総会が成立。平成25年度事業報告及び収支決算、平成26年度事業計画及び収支予算など全ての協議事項について、満場一致で承認され、平成26年度を新体制でスタートしました。

 総合司会は当幌支部の纓坂直俊氏が務め、俵橋支部の水本竜一氏の開会宣言の後、安田正嗣青年部長の挨拶で総会が始まりました。
 来賓として、北海道議会議員の中司哲雄氏、橋勝義組合長、根室地区青協の西田尚会長、藤井直雄美女性部部長、小林実町長、中標津町役場の石毛敏博農林課長、根室農業改良普及センター北根室支所の斉藤潔係長、商工会青年部の浜名健一副部長、青年会議所の今野大理事長にご臨席頂きました。
 議長には、開陽支部の中本信幸氏が選出され議事に入り、執行部より説明があり、平成25年度の収支決算及び事業報告、平成26年度の事業計画案及び予算案について全会一致で承認されました。
 平成26 年度地区理事に就任したのは、阿知波秀晃氏(開陽支部)、相澤正博氏(俣落支部)、飯島央道氏(当幌支部)、水本竜一氏(俵橋支部)、佐藤克幸氏(武佐支部)です。
 40歳表彰では、中本信幸氏(開陽支部)、上村満彦氏(俣落支部)の2人が受賞し、青年部活動に対する長年の協力と活躍に対して表彰及び記念品が贈られました。
 平成25年度に活躍した部員に贈られるMVP賞は、武佐支部の佐藤克幸氏が受賞しました。
 新入部員には、湯田貢太氏(武佐支部)が加入し、67名体制で新年度事業がスタートしました。





★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22