JA中標津 Blog

第61回女性部通常総会

by JA中標津

 3月24日、JA事務所大会議室にて、第61回女性部通常総会が、
総会出席54人(うち委任状23人)のもと行われました。

 開会にあたり小出部長から、「平成25年度は、60周年を迎え、宿泊研修や祝賀会などの記念事業を皆で計画し実行して参りました。女性部は、これまで多くの部員により、幅広い年齢層の中で様々な活動を通して60年の歩みを進めてきました。楽しく充実した交わりのある大切な組織が、今もなお歩みを進めていることは、とても素晴らしい事と思います。また、この1年間は、根室地区女性協議会の関連事項について、様々な場での話し合いを通じて、私たちは、自らの意思を持ちながら協議会に参加する必要があることに気づきました。今後も役員を中心に考え進めていきましょう」と挨拶がありました。来賓の方々から、農作業・家事・育児・介護などがある中で活動を続けている女性部へ労いの言葉や仲間とのつながりに触れた内容のご祝辞をいただきました。
 議長は、金子ひろみさん(俵橋)と瀧ヶ平慶子さん(第二俣落)が選出され議事が進められました。平成25年度事業報告および収支決算報告、平成
26年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員の改選について、それぞれ承認されました。平成25年度事業報告では、昨年度と同様に各事業の担当者を決めて行う体制を取ったことから、部員1人ひとりの意識の高まりや部員同士のつながりが感じるものだったという報告がありました。これまでの役員報酬が見直され、平成26年度は現行額より増となり、新たにフレッシュミズ会長にも支払われる流れになりました。
 役員の選出では、選考委員長より、それぞれの支部と年代から役員を選出した経緯の説明がありました。また、部員数が減っている中で女性部における負担を役員だけで負うことのなく、部員全員で活動していこうという思いも伝えられました。
 最後に新体制でのスタートにあたり、藤井直雄美部長から「支部理事を含めた役員全員で、限られた時間の中で話し合い、活動内容を共有して行きたいと思っています。2年間宜しくお願いします」と挨拶がありました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22