JA中標津 Blog

熟年会 春期研修旅行

by JA中標津

福島の春満喫と大江戸・東京スカイツリー周遊

 4月15日、竹下団長以下ツアー参加者20名は朝9時25分、中標津空港から新千歳空港経由、仙台空港へ向けて出発しました。中標津にはほとんど雪も無くなった頃ですが、さすがに仙台は暖かく、市街地の桜は一部開花していて、緑も多く春を感じたものでした。
 今回の旅行のメインは2年前に東日本大震災で被災した地方の視察と昨年オープンした東京スカイツリーの体感でした。旅行中、雨に打たれた事はなく、天気に恵まれたのと、福島県内はほぼ桜が満開で見事なソメイヨシノがあちこちで咲き誇っていた事は幸運でした。

(以下の文章はPDFでお楽しみ下さい。)




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


食品加工交流部会 第12回 通常総会

by JA中標津

新しい役員体制で22人の仲間と新しいスタートです。

 4月20日、JA大会議室にて、第12回食品加工交流部会通常総会が会員14人出席のもと開催されました。
 開会にあたり、弾正原会長から、「中標津農業高校の視察研修では地域の高校生の取り組みを知る機会となりました。また、会員の中司さんが講師となって行った飯寿し作り教室は、参加者から好評でした。初の試みの女性部との合同料理教室は、シンプルな調理方法を学びました。まだまだ学ぶことがあると感じました。これからも、学んでいいものを取り込んでいきましょう」と挨拶がありました。来賓の橋組合長から、「クレエが建つ前、女性部がイベント準備を苦労しながら行っている姿を見ているので、クレエの設立当初は、イベント準備を楽に行ったり、ゆっくり楽しんだり、雑談する場として利用して欲しいという思いがありました。今、自分たちが作っているものを加工し付加価値を付けて、販売を行うまでになったことは、JA事業としても大事な取り組みです。これからもサポートを行ってきます」とご祝辞をいただきました。
 議長に、橋百合さん(武佐)が選出され、議事が進行されました。平成24年度事業報告および収支決算報告、平成25年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員体制の変更に伴う規約の改正、役員の選出について、それぞれ承認されました。
 総会終了後には、有志が持ち寄った加工品の試食が行われました。試食スペースには、ビーフシチュー、混ぜごはん、マリネ、ふきの佃煮、いずし、数種類の漬け物がずらり。その他には、デザートの杏仁豆腐やパウンドケーキなども並べられました。持ち寄られた加工品は、家族に喜ばれるもの、よく作るもの、月例活動で作ったもの、10周年記念のレシピブックを使用したものなどとさまざま。昔ながらの味で心地良さを感じ、新しい味から刺激を得て、レシピの情報交換、会員同士の交流が行われた時間となりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


根室地区農協青年部連絡協議会 第62回 通常総会

by JA中標津

 4月23日、根室地区農協青年部連絡協議会 第62回通常総会が根室農業会館で開かれ、当農協青年部からは代議員として8名が参加しました。平成24年度収支決算、平成25年度収支予算案、会費の賦課・徴収方法、役員の改選、TPP交渉に対する特別決議が全会一致で承認されました。
 総会前に、JA北海道中央会 根釧支所の横田勝美 支所長が、「TPP並びに酪農畜産を巡る情勢について」と題し、研修会を行いました。研修会では、TPPは日本社会全体の形を変えてしまう恐ろしい条約であり、1次産業及び関連企業の衰退、地域住民の減少や市町村の崩壊を招く恐れがあると、政府や道の影響試算表をもとに説明がありました。
 平成25年度事業計画では、根室地区青協統一スローガンに「Moving it〜眼前の困難を乗り越える〜」を掲げ、JA根室地区青協は、JA・JA女性協議会・各関係機関とのこれまで以上の連携と団結を目指し、各種活動を通じた盟友の人材育成と相互研鑽を図ること決意しました。
 平成25 年度新役員体制については、会長に西田尚(道東あさひ)、副会長に渡部英徳(標津)、水沼圭介(道東あさひ)、監事に金子琢哉(中春別)、安田正嗣(中標津)となりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第51回中標津ブラックアンドホワイトショウ

by JA中標津

 4月27日(土)ホクレン根室地区家畜市場屋内審査場にて第51回中標津ブラックアンドホワイトショウが開催されました。冬に戻ったような寒い気温のなかでの開催となりましたが、今年度根室管内で最初の共進会開催ということもあり多くの観衆が来場し、応援して頂きました。

 ショウには18戸42頭(未25頭、経17頭)の出陳があり、デーリィ・キャラクターに富んだ優秀な乳牛が集まり、中標津ホルスタインの質の高さをアピールしていました。審査員には、別海町 酪農家 林満治 氏があたり、スピーディーかつ的確なジャッジで執り行われました。また、デーリィー・クィーンには桂百貴さん(家畜改良課)が務めショウに花を添えました。
 尚、審査の結果シニアチャンピオンには佐々木宏之さん出陳のアースイースト アスター アリーシヤ エミリー号、シニアリザーブチャンピオンには笠井一路さん出陳のケイツー カレント ダーハム テンプター号、ジュニアチャンピオンには佐々木宏之さん出陳のアースイースト マスカツト メモリー号、ジュニアリザーブチャンピオンは中川将さん出陳のセンターリバーパイン アンナ エコー号がそれぞれ栄誉に輝きました。また、プレミアブリーダー、プレミアエキジビター供に佐々木宏之さんが受賞されました。
 本共進会が共進会シーズン皮切りとなりますが、出品者の皆様方には各共進会にて優秀な成績を収めて頂きたいと思います。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22