JA中標津 Blog

食品加工交流部会&女性部 合同料理教室

by JA中標津

〜地元食材の良さを活かして、パスタにアレンジ 新たな発見〜

 2月22日、JA中標津農業農村交流施設クレエにて、女性部と食品加工交流部会のJA女性組織による初めての合同事業として料理教室が行われ、両組織の女性15人が参加しました。

 この料理教室は、幅広い年代の農業に携わる女性と地域の女性が所属している女性部、中標津の農業と農村生活の生み出す魅力を活かし「食」を通して様々な交流などを目的に活動している食品加工部会のそれぞれの組織の良いところを活かした内容となりました。
 講師の出張パスタシェフfood−trip代表・石川進之介氏から、伯爵と玉ねぎを使ったサフランクリームスープ、カリカリに焼いた鶏肉と中標津ゴーダーチーズと中標津フレッシュクリームを使ったパスタ、生クリームが添えられたいちごのポタージュを教えていただきました。パスタの味付けは、シンプルに塩とこしょうのみでなでした。調理作業は、石川氏の親しみやすい人柄で楽しみながら進められました。心地良い音楽を聞きながらの作業となりましたので、五感への良い刺激もありました。試食では、シンプルな味付けが優しい味でどれも好評でした。
 試食後は、コンプリートビジネス株式会社・宮村昌吾氏から「介護」に関わるテーマでの提案があり、参加者はそれぞれの置かれている状況や自分たちの将来について語る時間となりました。
 女性部・小出部長は、女性部と食品加工交流部会の組織の枠を超えた中で、農業に従事する女性同士が「食」を通しての交流から、子育て・家事・介護などのヒントを見つけられるメリットがある、食品加工交流部会・弾正原会長は、今回の合同企画で良いお話と情報を多くの人たちと共有できて良かったとそれぞれの思いを話してくださいました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 第60回女性部通常総会

by JA中標津

 3月15日、JA事務所大会議室にて、第60回女性部通常総会が、総会出席65人(委任状26人)のもと行われました。
 開会にあたり小出部長から、「新体制のこの1年は、役員1人ひとりの工夫や協力と多くの部員の参加のもと各事業を行って参りました。JA夏まつりなどのイベント出店、食育事業で子供達との関わりなど、多くの事業を通して部員同士のあたたかで深まりのある交流が豊かに行われたことを嬉しく思っています。平成25年度は60周年という大きな節目を迎えますが、これまで通り部員みんなで歩んでいきましょう」と挨拶がありました。来賓の方々から、女性のより一層の活躍を期待する内容や自身の体験から仲間を大切にして欲しいと願う内容のご祝辞をいただきました。
 議長は、飯島洋子さん(当幌)と嶋裕美さん(俵橋)が選出され議事が進められました。平成24年度事業報告および収支決算報告、平成25年度事業計画案および収支予算案、役員体制の変更に伴う規約の改正、賦課金と徴収方法について、それぞれ承認されました。執行部から、北海道および根室地区女性協議会の専任制役員への移行案や役員任期の変更などの状況説明があり、協議会と女性部の方向性の違いに対する部員の思いや考えに耳を傾け、検討していくこととなりました。
 総会終了後は、健康推進を目的にした研修会が行われ、町内在住のカイロ
ハウスほっとはんど・竹中瑠璃氏に骨盤の歪みから起こる体の不調や身体の歪みを和らげて健康生活を送るヒントを教えていただきました。ほっとスタイル代表・竹中弘美氏に収納・整理のポイントについて教えていただきました。整理は、時間的・経済的・精神的の3つに効果があり、この効果から生まれる新たなスペースは、心のゆとりにつながるとありました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22