JA中標津 Blog

女性部視察研修 標津町オープンガーデン

by JA中標津

 先月号に引き続き、8月10日に行われた女性部視察研修のオープンガーデン(標津町)の後半2軒をご紹介します。今回の視察研修は、魅力いっぱいの4軒のお庭を見ることができ時間が短く感じるほどでした。研修以降、「自然のまま育つ宿根草に惹かれた。私も少しずつ庭に取り入れてみよう」など、参加者それぞれが感じたことを聞く機会もあり、女性部員同士でお花の苗を交換する姿も見られ、数ヶ月経った今も視察研修の余韻を感じています。

3軒目
伊藤牧場(北標津)





4軒目
岩倉牧場(北標津)





■松本 宮子
 岩倉保夫さん宅では、芝生の手入れが行き届いていて、植木の中や、足元に置かれたマスコットがとても可愛いらしく、すてきな演出でした。
 伊藤悦子さん宅では、何十個もあるプランターにペンキを塗って統一し、球根ベコニアがとてもきれいに咲いていました。
 奥様の言われた言葉で、雑草でも花が咲けば可愛いくてきれいなので、抜かないでそのまま咲かせています!心の優しい人なんだなと思いました。

■藤田登美子
 3軒目の伊藤牧場の伊藤悦子さんに、色が統一されている鉢について質問しました。「植木鉢は、自分の元気を維持するために赤や黄色を選んでいる」と理由を聞いて、心から納得しました。花の魅力や色のパワーを感じるお庭でした。
 4軒目の岩倉保夫さん宅では、自宅周辺の色鮮やかなプランターや芝生エリアにも見所があり楽しませて頂きました。旦那さんの陰の協力を感じました(笑)

■名越 静枝
 植え始めは雨のみの水分で育てていることや球根の株分けの方法など、様々な独自の方法で取り組んでいることを聞き、沢山の工夫を感じました。


★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22