JA中標津 Blog

女性部 花の魅力を発信

by JA中標津

 女性部では、奉仕活動の一環として、毎年6月頃にJA事務所の花壇に色々な花を植えて、秋頃まで水やりや草取りなどを行っています。日常の管理を担当して8年目の女性部事務局の橋詰です。1年目に植え込みが浅いなどいくつか不具合が生じたので、数日後に掘り起こし植え直しをしたことを思い出しました。辛い経験だったのですが、皆さんから寄せられる「お花、綺麗ね」という言葉の力もあって上書きされて、お花を楽しむためのいい経験に変わりました。
 今回は、長縄さおりさんの協力で、7月から8月にかけて成長した変化の様子と、種まきから育てたロベリアとコリウスのさし芽を使った寄せ植えを紹介します。

 7月中旬と8月下旬に、取材させてもらいました。満開のロベリアは、涼しげで可愛らしい雰囲気でした。バジルと一緒に寄せ植えされているマリーゴルドは、思わず顔がほころぶプチサイズ。本当にかわいいの一言です。さおりさんに「毎年、お花を植えているのですか?」と聞いてみると、「中山間事業でベコニアなどの配布が始まったり、乳質環境調査もあるのでやっています。正直、ベコニアが腐ってイヤだな〜と思うこともあったよ〜。今年は、女性部事業で種まきをすることになったからやっています。私ったら、やる気がない感じのコメントね…(笑)」という返答でした。周りから与えられたことがきっかけになって、花を植えているようですね。その与えられたものについて、「やる・やってみる」ことを選び自分のできる範囲で、自分らしく取り組まれている姿が魅力的でした。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部視察研修 標津町 オープンガーデン

by JA中標津

 8月10日、標津町で行われているオープンガーデンの視察が行われ、部員16人が参加しました。女性部事業担当者の鈴木由佳子さん(当幌)が中心に企画されました。標津町役場の上田氏の協力のもと、オープンガーデンに取
り組まれている12軒のうち、4軒の方々のお庭や色とりどりのお花を見ることが出来ました。その様子を今月号に前半の2軒、来月号に後半の2軒を掲載します。


1軒目
伊藤牧場(茶志骨パイロット)





2軒目
相馬牧場(茶志骨パイロット)





■鈴木由佳子
 今回の視察研修は、天候も良く、とても有意義な1日になりました。担当をさせてもらったので、標津役場の方とも色んな情報交換ができ、私自身、学びの多い研修でした。
 視察先でも、バス移動の間も、皆さんの笑いは途切れることなく、「花」を通じて、どんどん交流の輪が広がっていくことを実感しました。

■PN/のらくろ
 さくらんぼ狩りに続き、お天気に恵まれ、本当に嬉しかったです。又、標津町役場の方の案内で4軒の方々の素敵なお庭を拝見させて頂き、只々手入れの行き届いた庭、お花たちが踊るように次々と花々を咲かせて、私たちの目を楽しませて下さいました。部員1人1人が、お花の名前や、素敵なアイ
ディアがなされているお庭に驚いたり、感動したり、きっと来年は、部員の皆様のお庭も一歩も二歩も工夫されたものとなるでしょう。
 担当された方々にお疲れ様でした。

■松本 宮子
 伊藤一枝さん宅では、様々な宿根草が大きく成長して、見事でした。
 相馬悦子さん宅では、道東では珍しく池のあるお庭でした。錦鯉がゆったりと泳いでいて、心が癒されました。


★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 日帰り研修 さくらんぼ狩り

by JA中標津

 7月24日、網走市・よこやま果樹園への日帰り研修が行われ、部員と家族
21人が参加しました。事業担当者の名越静枝さん(俵橋)と小沼直子さん(武佐)が中心になって行われました。女性部みんなで企画して参加して、色々なことを共有する女性の輪が女性部ですね。参加者それぞれの感想をご紹介します。

■高嶋 裕美
 当日、中標津を出発する時は曇り空。網走に向かうにつれ、お陽さまが出てきて絶好のさくらんぼ日よりになりました。私自身も子供の時以来、私の子供達も初めてのさくらんぼ狩り。夏休み初日のいい思い出作りになりました。
 今回伺った、よこやま果樹園のご夫婦もとても良くして頂き、これから秋に向けて、なし狩りもできるとの事で、時間が取れる方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。帰りは、小清水の道の駅に寄り、ソフトクリームを食べ、自宅へのお土産を買ったりと、それぞれ楽しんでいました。
 来年も仕事の合間にうまく合うように調整し、行ければいいなぁ…と思います。

■鈴木由佳子
 今回のさくらんぼ狩りは、子供も一緒に参加しました。3歳と5歳の子供なので、集団行動は大丈夫かな?と心配でしたが、参加した皆さんが子供の相手をしてくれて、とても有難かったです。
 私も子供たちも、さくらんぼ狩りを思いっきり楽しみ、リフレッシュできた1日でした。また来年も企画があれば参加したい! と思います。

■PN /きょうこ
 私が日帰り研修に参加したのは、超数年ぶり。さくらんぼ狩りも、子供達が小さかった頃以来のこと。年を忘れて、少しでも赤く色づいているさくらんぼをとろうと、枝を引っぱったり、背伸びをしたり、口に入れたり、カゴに入れたりと、本当に楽しいひとときでした。心の中がリフレッシュされて帰ってきましたよ!
 帰り道に食べたソフトクリームも美味しかったし…満足、満足でした。また、来年も行っちゃうぞ〜!

■PN /のらくろ
 日頃遠出をあまりした事のない私でしたので、とても楽しみにしていました。普段あるるで1パックのさくらんぼを家族であっという間に食べてしまって「もうない」と言ってました。高級なさくらんぼが目の前にたくさんなっている、感動でした。そして、普段ゆっくりお話し出来ない友との多くの話題に花を咲かせ、本当に楽しかったです。何よりもリーダーになって動かれた方、お疲れ様でした。
 たくさんのおみやげに家族は喜んでいました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部 なかしべつ夏祭り中標津牛乳をPR

by JA中標津

 8月11・12日、しるべっと広場で開かれた﹁第56回なかしべつ夏祭り﹂に、約6,000個の提灯が揺らめく中、青年部は農協酪農課と共同出店し、中標津牛乳のPRを行いました。
 今年は、中標津牛乳、中標津コーヒー、トロピカルジュース、ひな串、いももち、コロッケ、旬の中標津産野菜などを安価で販売しました。
 2日間とも曇りの天気でしたが雨も降らず、多くの来場者が訪れ大盛況でした。多くの皆さんに中標津牛乳をPRできたと思います。大勢の皆さんにお買い求めいただき、誠にありがとうございました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部 勉強会 良い乳は良い草から、良い草は良い土から

by JA中標津

 8月8日、当農協大会議室で「良い乳は良い草から、良い草は良い土から」ということで、「土壌分析」をテーマに今年度第1回目の勉強会が開かれました。
 参加者は23人とあまり多くなかったです。(五輪の観戦疲れ・・・?)講師には、根室地区農業改良普及センター北根室支所の中塚さんに来ていただきました。
 はじめに、﹁飼料分析は明日のバルク(=結果)ですぐ見る事が出来ますが、土壌分析は結果が出るまで時間がかかるので疎遠されがちですが、知っておくと肥料代の削減にもつながります。﹂と説明がありました。勉強会では、大量要素である窒素・リン酸・カリの特徴や、中標津町の土壌の特徴や肥料散布前の注意点、土壌分析の意義と方法、分析値の見方・計算方法などを中心に説明がありました。近年、コントラ・TMRセンター等で大型機械・車両が圃場に入り圃場が傷む事が多くなっているので、この日は改めて見直す良い機会になったのではないかと思います。
 後半は、当農協資材課の高橋氏と、ホクレンの金子氏から土壌分析の際の諸費用、当農協と他農協における土壌分析の概要について説明がありました。
 この勉強会を通して自分の圃場を、もっと身近なものにしていきたいと思いました。ご協力頂いた講師の方々、参加された青年部の皆さん、お疲れ様でした。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


熟年会 第20回根室管内交流ゲートボール大会

by JA中標津

 8月23日、第20回根室管内交流ゲートボール大会が別海町営ゲートボール場で、19チームおよそ150名の参加で開催されました。
 JA中標津熟年会からは5チーム、30名が参加し、開会式終了と同時に9時過ぎに第1ゲームがスタートしました。試合は1ゲーム30分。各チーム4試合に制限し、このところ続いていた暑さを吹き飛ばす熱戦が繰り広げられました。
 しかし、この日の最高気温の予想は31℃と朝に気象庁の発表がありました。確かに時間の経過と共に気温が上昇していると感じました。日射と地面の照り返しに、汗が肌に強烈に反応し、瞬く間に赤く腫れました。救いは時間と共に風が少しずつ強くなり、用意したテントの中を時より通る風は気持ちが良かったです。熱戦は14時30分過ぎに終了し、閉会式は15時に終了しました。
 成績は以下の通りで、JA中標津が大活躍し、暑い夏のひと時を充実した時間が過ぎて行きました。

■チーム戦成績
優 勝 大 成(JA計根別)
準優勝 開陽台(JA中標津)
3 位 東 中(JA中標津)
4 位 標 津(JA標 津)
5 位 拓 友(JA中標津)

■団体戦
優 勝 JA中標津
準優勝 JA計根別
3 位 JA道東あさひ別海




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成24年度ジュニアホルスタインクラブ釧路・根室管内合同サマースクール

by JA中標津

 7月30〜31日、平成24年度ジュニアホルスタインクラブ釧路・根室管内合同サマースクールが開催されました。

 今年は中標津での開催となり、釧路・根室管内から合わせて34名の子供達が参加し、根釧農業試験場の視察、中標津町森林公園でのキャンプを行いました。
 根釧農業試験場では、先進的な農業の取り組みや、草地で牧草の種類などを勉強しました。参加した子供達のほとんどが酪農家出身であり、先進的な技術や身近な牧草の話に熱心に耳を傾けていました。
 根釧農業試験場を後にして、中標津町森林公園に移動し夕食準備、アトラクションとして、牛に関する○×クイズ、キャンプファイヤー、花火、クラブ紹介を行いました。
 連日とても暑い日が続きましたが、子供達は暑さに負けず楽しんでいました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第25回 じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場

by JA中標津

中標津町の農産物のひとつ、ほくほくの伯爵じゃがいものイモ掘り体験をはじめ、旬のとれたて大根、ブロッコリーや乳製品など地元産品等の即売会のほか、乗馬体験、参加型ステージ公演、ゲーム大会など大人から子どもまで楽しめる様々なイベントが行われ大賑わいとなりました。

 9月9日、じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場が道立ゆめの森公園・翼とふれあいゾーンで開催されました。あいにくの雨に見舞われましたが、大勢の皆様のご来場があり大盛況となりました。
 浜名健一実行委員長による開会の挨拶で祭りがスタート。ステージイベントでは、フラリコ、エアロキッズ・エアロジュニア・エアロティーンズ、ヒップホップキッズ、LDHが華麗なダンスで会場を魅了しました。来場者が参加するイベントでは、ちびっこ○×クイズ、哺乳瓶DE牛乳早飲み選手権、牧草ころがし世界大会が行われ、会場は大いに盛り上がりました。
 いも掘り体験には多くの来場者が参加し、まるまると大きく立派に育った伯爵いもを歓声を上げながら収穫しました。アミューズメントコーナーでは、燃えろ!ロボコン・レールスター新幹線が並び、子供達に大人気でした。恒例の乗馬も協力団体により行われ、多くの家族連れの方が楽しみました。
 正午には会場のお客様に「牛乳でカンパイ!!」を橋組合長の号令で行いました。大好評の伯爵いも塩煮の無料配布や、実行委員会・協賛団体からの景品が当たる大抽選会も行われました。
 中標津町農協青年部と中標津町商工会青年部が主催で行っているこのお祭りは、中標津町農協職員組合、商工会職員互助会、中標津自治労などの多くの団体のご協力を得て開催に至っています。開催に際し、ご協力いただいた団体の皆様、大変お疲れさまでした。 




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 花の魅力を発信

by JA中標津

 女性部では、女性部員の長正路八世榮さんから、お花の種まきと移植の仕方を教えていただきました。(5月号参照)その時まいた種が芽を出して成長し、花を咲かせる時期になりました。中には成長しなかったものもあるようですが、種にも人と同じように、それぞれ違った個性があるのでそれもOK。
 今回は、参加者の協力のもと、数回に渡って「その後のお花」とともに女性部員の挑戦する姿や笑顔をご紹介します。

山崎千鶴子さん(俣落)
 取材は、晴れた7月10日の午後。千鶴子さんは、毎年、サルビアなどのお花を種から育てて、自宅周辺の花壇に植え、花に囲まれる季節を楽しんでいます。今年は、女性部の学びの場に参加したことで、アリッサムやロベリアの育苗にも挑戦することになり、購入した苗は、色鮮やかなペチニアのみだそうです。それぞれの苗をプランターに単植して自宅の玄関や周囲に綺麗に飾られていました。






鈴木由佳子さん(当幌)
 取材は、晴れた7月19日。風が強くなり雲行きが怪しくなった夕方。由佳子さんは、ガーデニングやハウスでの野菜作りが、日々の癒しになっているそうです。今年は、女性部の学びの場で種まきなどのほかに習った「えひめAI」を自宅で作り、花と野菜に与えています。花は、例年に比べて、株が大きく葉の緑が濃い、花数も多かったり、色鮮やかに感じるものが多いので、えひめAIの効果を感じると話してくれました。





★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


丸っ子農園除草作業 美味しいイモが収穫できますように

by JA中標津

 7月10日、前日まで降っていた雨もすっかり上がり晴天の中、丸っ子農園で除草作業が行われました。
 グラウンドに全校児童が集まり出発式を行い、校長先生のお話の後に原建治食農教育委員長が挨拶し、歩いて農園に向かいました。
 5月のイモ植え作業に訪れた以来、イモは順調に大きく育っていましたが、沢山の雑草も生えていました。
 除草作業は低学年から高学年の児童が一緒になって、イモを間違えて引っ
こ抜かないように一生懸命作業をしました。一通り雑草を抜き終わった後、高学年の児童が中心となり土を盛って肥料と農薬を撒きました。
 今回の除草作業で秋には沢山の美味しいイモが収穫できることと思います。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22