JA中標津 Blog

フレッシュミズ ソーセージ&チーズ加工体験

by JA中標津

 11月28日、中標津町畜産食品加工研修センターの協力のもと、ソーセージとチーズ作りを通して地域の食について学びました。

 昨年4月、研修センターでソーセージ作りを行った時、チーズ作りを体験したいという要望があったことで2回目の研修となりました。
 ソーセージ作りは、腸にミンチを詰める作業がやはり難しく一点に集中して行います。チーズ作りでは、酪農家とチーズの相互関係、チーズの歴史、欧米とアジアとの食文化の違い、乳清(ホエー)の成分はほぼ水分で、化粧品などにも活用されているなど、多くのことを教えて下さいました。
 生産者としても子供を育てる親の立場としても知識を得ることができ有意義な研修会となりました。

【チーズの種類】
★ストリングチーズ
 フレッシュタイプのモッツァレラを繊維状にし、手で裂けるようにしたタイプ。プレーンタイプからハーブ入りまで、様々なタイプがあります。独特の歯触りがあり、さっぱりとした味わいがサラダはもちろんのこと和風レシピにもよく合います。
★カチョカヴァッロ
 「馬上のチーズ」と呼ばれるイタリア原産のチーズ。ひょうたんに似た独特の形をし、ひもで吊して熟成させます。薄く切ってそのまま食べたり、ピザやグラタンなどの加熱料理にも使用します。外側の堅い部分はすりおろして使えます。
★リコッタ
 チーズを作るときに出る乳清(ホエーと呼ばれる水分)の水溶性タンパク質を加熱し、凝固させて作ります。通常、わずかな乳、脱脂粉乳を加えて作ります。見た目や感触が寄せ豆腐によく似ており、淡泊でありながら牛乳のほのかな香りが感じられるフレッシュタイプです。

チーズを漢字で書くと乾酪(カンラク)です。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部中堅限定 お茶会

by JA中標津

 11月22日、農業農村交流施設クレエにて、女性部中堅限定によるお茶会が行われ、部員13人が参加しました。

 女性部では、三層活動をしている中で、フレッシュミズ部員と青葉会部員のように、中堅でも単独事業を行ってほしいという要望の声があがっています。その中、現在の女性部三役6人が、中堅に所属していることから三役が企画し実施されたもので、4月に行われたお茶会は14人の参加がありました。
 今回は、担当の藤井直雄美さんの企画により行われました。Aコープマーク品の利用促進とその試食を目的に、藤井さんが手作りした炊き込みご飯や筑前煮などの料理のほか、女性部で行っている豆の共同購入に向けた五目豆などの豆料理も用意されていました。参加者同士で料理の詰め方について教え合いながら、色んな会話が飛び交って賑やかな雰囲気の中で準備が進められました。詰め終わった後は、ゆっくりと腰を落ち着かせた中で、主婦同士の情報交換を通して交流が行われました。「いい夫婦の日」にちなんだ開催となり、旦那さんへの感謝の気持ちや家族との絆について考える機会にもなったようですね。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


フレッシュミズ TPP勉強会

by JA中標津

 11月21日、農業農村交流施設クレエにて、女性部フレッシュミズによる勉強会が行われ、部員6人が参加しました。

 
 日々、TPPに関わる情報が新聞などのメディアで取り上げられています。その情報から、不安になったり安心したりするものですね。そこで、
フレッシュミズでは、金子生産部長に講師を依頼して、WTOやEPAなどの主な国際貿易の仕組み、TPPに係わる関連産業や地域経済への影響を数字から学びました。
 農業への影響のほか、消費者や子育て中の立場で抱えている不安や疑問について参加者同士で共有する時間があったので、より深い学びの機会になりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


中標津産の美味しさを届けよう

by JA中標津

 10月27日、中標津町総合文化会館しるべっとにて行われた第35回釧根地区高等学校家庭科教育研究会での女性部員3人の講師による地元食材を使った料理作りの様子をご紹介します。

 この研究会は、釧根地区高等学校の家庭科教諭の実習指導の充実を図ることを目的に行われ15人の参加がありました。日頃から牛乳や伯爵をはじめとする農畜産物の消費拡大に取り組んでいる当JA女性部に講師依頼があったものです。
 シンプルで応用可能な料理方法として、牛乳豆腐といもだんごの作り方と食べ方が主に紹介され、牛乳豆腐は初乳だけでなく市販されている牛乳でも作れること、中標津の特産である伯爵は、でんぷん質が高いので、いもだんごが美味しく作れることも併せて伝えられました。また、家庭科の先生方だけに手際のいい作業で、スムーズに行われました。イベントでも人気のいもだんご・いちごスムージーがこの場でも好評でした。他の牛乳豆腐を使った揚げ物や生の伯爵をすり下ろして作るじゃがいもスープピザもおいしくできあがりました。 




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


子牛ジャケット作り

by JA中標津

10月13日、JA事務所大会議室にて、部員11人の参加により、子牛ジャケット作り教室が行われました。

 平成21年度にも同じ内容で行われ、多くの方が興味を持ち好評だったのました。
 今回は、事業担当の金子部長が中心になりながら、参加者がミシンを持ち寄り、布を裁断してミシンで縫い合わせる作業に取り組み、各参加者が1着づつ作り上げました。
 専門業者から購入する選択も有りですが、手作りすることによって仲間と過ごすことが出来たり、好みの色のものを作る事が出来るメリットがありますね。





★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


JA全道女性リーダー研修会 北海道家の光大会

by JA中標津

 11月10日〜11日の2日間にかけて札幌市のオテル・ド・レーゼンサッポロで行われたJA全道女性リーダー研修会に参加した3人から報告を頂いておりますので紹介します。

 開会は、組織綱領の朗読から始まり主催者の道女性協会長岩永かずえ氏の挨拶。家の光協会委員からの挨拶があり、その後「家の光記事活用体験発表」が。今年度は、11件の応募の中、3名の発表があり審査の結果釧路地区JA阿寒女性部・菊地千恵子さんが全国大会へ出場することとなりました。3作品とも酪農家で畑作農家の多い中、酪農家のお母さんが選ばれた事がととても嬉しく感激しました。
 全国大会出場の菊池さんの発表内容は、「家の光を女性部員たちを増やすために活用した結果、部員が増え、部員を増やすための話し合いの中でも家の光がみんなの輪を取り持ち、楽しく素敵な時間を持つことが出来た」というものでした。他の2作品も女性の奮闘振りが伝わる大変良い内容だったと思います。
 3時20分からは、農作業ファッションショーが行われ、色とりどり工夫様々、俄かモデルのお母さんたちに混じり何故か三つ編み姿の青年たちも
登場、失笑爆笑なんのその度胸のよさに目を見張りました。畑作農家が多いせいかその種の作業着が目立ち、酪農作業に役立てるには、ひと工夫が
いるかなと思いながらモデルのお母さん達の活き活きとした姿に見とれていました。根室地区は、栄えある?オオトリを務め当女性部副部長・山下
が「中標津女性部の腕抜き」を紹介しました。
 華やかなファッションショーの次は「家の光読み聞かせ」各地区の会長が全員で少しずつ読み上げました。タイトルは「タイの農村女性と強めたきずな」でしたが私達3人は、始めから「読み聞かせ」という言葉に違和感が
あり、これは「朗読会」が正しい言い方ではと思いながら聞いていました。
 アジアとの共生の一環として、JA全国女性組織協議会に於いて初めての都道府県単位の交流事業、6年間に渡り続けてきた中、タイの情勢不安で当初の計画通り進まない事や、今年に入ってすぐ東日本大震災があり、タイ国女性訪問用の予算は被災地である岩手、宮城、福島へのお見舞いとして送金、そして6年目で当事業は終了しました。海外の女性農業者を迎えての研修、突発的な出来事に対する支援の仕方など柔軟な対応の難しさを感じた時間でした。
 6時30分より全体懇親会。岩永会長、そしてTPP運動の最中東京より駆けつけたJA北海道青年部連絡協議会会長・今井貴祐氏が「食育の大切さ、食を司り次世代を育てるため、毎日食事を作り続けるお母さん方に、安全安心である地産地消」を強く訴える挨拶があり、同時に「地域の青年がもっとJAの先頭に立った活動をしていかれる環境になれるよう、女性部の皆様に協力をお願いしたい」、それは、今の農業者のおかれた立場を如実に訴える言葉と大いに共感しました。そして、「次の日本農業を背負って立つ青年達をバックアップして欲しい」と希望を述べて終了しました。
 その後、食事をしつつ各自名刺交換、地区ごとのアトラクション、当根室地区は何時もの如くオオトリで、標津の女性部員の「麦畑」の熱唱、俄かバックダンサーが編成され大いに盛り上がり1日目が終了。
 研修2日目は、工夫展示会。これが今回のリーダー研修会のメインであり、朝早くから当女性部は一番乗りで展示の準備に入り、ビニール製の牛に子牛ジャケットを着せ、頭にはキッチン帽子を被せ、腕抜き、エプロン、冷えひえタオルを回りに飾り付け。展示ボードにはフラワーハーモニー(農協前の花、女性部員の自慢の花の写真)の展示をしました。
 他の地区の展示ブースには、エコクラフトかご、フェルトマスコット、パッチワーク、チーズ、梅干し、ジャム、ピクルスなど様々な物が並び、中には商品化しているものもありました。沢山の展示品がありましたが、女性部員が集まって作った物と言うより、個人的な作品が目に付き「まるで文化祭のようだね」と3人の感想です。
 最後に「女性部の歌」の合唱があり、初めてのフルコーラス、きっちり3
番まで美声を札幌の町に響かせて参りました。副部長の閉会の挨拶で全日程終了。空路中標津へ。それぞれの現実に帰っていきました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


フレッシュミズ 一泊研修旅行〜6年ぶりの阿寒〜

by JA中標津

 11月5日から6日、女性部フレッシュミズの阿寒・釧路方面への研修旅行が行われ、部員と家族14人が参加しました。

 JAバスで、阿寒町を目指して出発。阿寒町のまりむ館で、スタジオヨガの紋別市在住・二宮淳子氏に講師を依頼しヨガ体験を2時間程行いました。一緒に参加した子供たち1歳から9歳の10人は、調理室に移動してレンジで作るアンパンマン型の蒸しケーキ作りとポップコーン作りをしました。みんなで、絵本を読んだり、ゲームをしながら楽しい時間を過ごしました。宿泊先の阿寒湖温泉の花ゆう香では、バイキングの夕食でお腹を満たし、温泉やマッサージサービスで疲れを癒やしました。大部屋2室に分かれ、賑やかな一晩を過ごしました。
 2日目は、釧路市こども遊学館に行きました。ここは、ポケモンのプラネタリウムの上映のほか、音の仕掛けがあり踏むと音が出るらせん階段などがあり、たっぷり五感を使った遊びを通して学べる場所でした。
 今回は、平成17年に行った以来6年ぶりの実施となったので、当時1歳だった子も小学校一年生となり頼れるお兄ちゃんになっていて成長ぶりを間のあたりし感動の事務局でした。また、研修内容の変更が必要になったこともあり、阿寒湖温泉で子供と離れるという日常と少し違う環境を事務局が準備したものですが、参加者にとって少しでもポジティブな何かを感じられた時間になっていると幸いです。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 エコクラフト教室

by JA中標津

 11月4日、JA事務所大会議室にて、女性部三層事業でエコクラフト教室が行われ、部員15人が参加しました。

 昨年の買い物にも便利なサイズの持ち手付きのかごが好評だったこと、多くの部員がエコクラフトグッツを活用するようになり、「持ち手が倒れるかごを作りたい」という要望があったことがきっかけで、金子ひろみ部長が中心になって部員数名による指導のもと行われました。
 徐々に経験者が増えたこともあって、作業がスムーズに行われている様子が伺えました。参加者それぞれの配色や編み方が異なるので、どれも素敵なできあがりです。今回作ったかごは、女性部の新年恒例会で展示される予定です。お楽しみに。
 取材をしてみて、改めて感じました。作業をしながらだと、より会話が弾み楽しい時間になるものですね。行程を間違ってしまっても楽しそうでした。だんだん形ができあがってくると嬉しくなることは自然なことですが、時間内にできあがらなくても、また仲間に会えるので◎なのですね。参加者で創り出す女性部の魅力を温かい雰囲気から感じた事務局です。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22