JA中標津 Blog

フレッシュミズ ソーセージ&チーズ加工体験

by JA中標津

 11月28日、中標津町畜産食品加工研修センターの協力のもと、ソーセージとチーズ作りを通して地域の食について学びました。

 昨年4月、研修センターでソーセージ作りを行った時、チーズ作りを体験したいという要望があったことで2回目の研修となりました。
 ソーセージ作りは、腸にミンチを詰める作業がやはり難しく一点に集中して行います。チーズ作りでは、酪農家とチーズの相互関係、チーズの歴史、欧米とアジアとの食文化の違い、乳清(ホエー)の成分はほぼ水分で、化粧品などにも活用されているなど、多くのことを教えて下さいました。
 生産者としても子供を育てる親の立場としても知識を得ることができ有意義な研修会となりました。

【チーズの種類】
★ストリングチーズ
 フレッシュタイプのモッツァレラを繊維状にし、手で裂けるようにしたタイプ。プレーンタイプからハーブ入りまで、様々なタイプがあります。独特の歯触りがあり、さっぱりとした味わいがサラダはもちろんのこと和風レシピにもよく合います。
★カチョカヴァッロ
 「馬上のチーズ」と呼ばれるイタリア原産のチーズ。ひょうたんに似た独特の形をし、ひもで吊して熟成させます。薄く切ってそのまま食べたり、ピザやグラタンなどの加熱料理にも使用します。外側の堅い部分はすりおろして使えます。
★リコッタ
 チーズを作るときに出る乳清(ホエーと呼ばれる水分)の水溶性タンパク質を加熱し、凝固させて作ります。通常、わずかな乳、脱脂粉乳を加えて作ります。見た目や感触が寄せ豆腐によく似ており、淡泊でありながら牛乳のほのかな香りが感じられるフレッシュタイプです。

チーズを漢字で書くと乾酪(カンラク)です。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部中堅限定 お茶会

by JA中標津

 11月22日、農業農村交流施設クレエにて、女性部中堅限定によるお茶会が行われ、部員13人が参加しました。

 女性部では、三層活動をしている中で、フレッシュミズ部員と青葉会部員のように、中堅でも単独事業を行ってほしいという要望の声があがっています。その中、現在の女性部三役6人が、中堅に所属していることから三役が企画し実施されたもので、4月に行われたお茶会は14人の参加がありました。
 今回は、担当の藤井直雄美さんの企画により行われました。Aコープマーク品の利用促進とその試食を目的に、藤井さんが手作りした炊き込みご飯や筑前煮などの料理のほか、女性部で行っている豆の共同購入に向けた五目豆などの豆料理も用意されていました。参加者同士で料理の詰め方について教え合いながら、色んな会話が飛び交って賑やかな雰囲気の中で準備が進められました。詰め終わった後は、ゆっくりと腰を落ち着かせた中で、主婦同士の情報交換を通して交流が行われました。「いい夫婦の日」にちなんだ開催となり、旦那さんへの感謝の気持ちや家族との絆について考える機会にもなったようですね。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


フレッシュミズ TPP勉強会

by JA中標津

 11月21日、農業農村交流施設クレエにて、女性部フレッシュミズによる勉強会が行われ、部員6人が参加しました。

 
 日々、TPPに関わる情報が新聞などのメディアで取り上げられています。その情報から、不安になったり安心したりするものですね。そこで、
フレッシュミズでは、金子生産部長に講師を依頼して、WTOやEPAなどの主な国際貿易の仕組み、TPPに係わる関連産業や地域経済への影響を数字から学びました。
 農業への影響のほか、消費者や子育て中の立場で抱えている不安や疑問について参加者同士で共有する時間があったので、より深い学びの機会になりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


北海道を食べようディナーパーティー開催

by JA中標津

 11月25日(金)、地区青年部連絡協議会、地区女性協議会、根室地区酪農対策協議会主催の『北海道を食べようディナーパーティー』が寿宴で開催されます。

 今回も新たなレシピを提供し、道産食材にこだわった料理やスイーツを用意。ミス北海道米もきて会場を盛り上げます。北海道米、牛乳・乳製品等の消費拡大PRタイム、大手乳業メーカーによる乳製品の展示即売会、お楽しみ大抽選会などを企画します。

 今年は午後6時30分開場、7時00分開始。前売チケットは1枚1,000円で、あるるサービスカウンターで販売中です。入場料は大人1,000円/人、小学生以下は無料です。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部ソフトボール大会

by JA中標津

 9月21日に青年部交流ソフトボール大会が泉ソフトボール球場にて行われました。忙しい時期と天気がよくなかったせいか、参加人数は12人とあまり集まりませんでした。

 試合を行うのに人数が足りなかったため、相手チームから選手を借りる形の特別ルールで行われ、自分のチームが攻撃の時も相手チームの守備について、ほとんど休む事が出来ませんでした。

 試合は両チームとも巧守で好プレーをみせ、敵味方関係なく応援の声もありとても盛り上がりました。試合途中で雨が降り出して中止となりましたが、全員が楽しみ交流を深めることができました。

 試合後、森林公園にて打ち上げのバーベキューが行われ、試合やこれからの行事の話などで盛り上がりました。最後には、残ったバーベキューの材料やジュースを賞品としたジャンケン大会が行われ、ここでも白熱した試合が行われました。

 青年部でソフトボール大会をやるのは今回が初めてで、天候にも恵まれませんでしたが、とてもいい試みだったと思います。来年もまた開催してほしいです。みなさん、大変お疲れ様でした。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


親子農業体験事業

by JA中標津

 10月1日、青年部食農教育委員会が企画する親子農業体験事業が行われ、5組17人が参加し、ジャガイモ掘り、農協施設見学、搾乳体験を行いました。

 今年で、6回目を迎え「体験を通じて基幹産業を知ってもらおう」と企画している。今回の行程は、じゃがいも掘り、馬鈴薯・大根・ブロッコリー選果場、乳製品工場を見学。昼食には中標津ビーフの焼肉、デザートにシャーベを作りました。

 今回は佐藤幸一農場でじゃがいも掘りを行い、参加者は「大きないもがたくさん収穫できた」と歓声をあげていました。また、収穫されたばかりの野菜を荷受・荷卸しする車両やフォークリフトが行き交う農協施設で、パートさんの手際いい作業を見学し、収穫後の流れを学習しました。乳製品工場では、紙パック型紙が自動的にパックを折る作業と接着作業、牛乳が注入され密封作業、検品、冷蔵室へ運ばれる作業工程をガラス越しに見学しました。午後からは橋勝義牧場へ移動して牛舎見学、モデルカウによる搾乳体験を行いました。

 参加した親子はたくさんの体験を思い出、お土産を手に事故や怪我もなく無事に終えることができました。参加されたご家族の皆様、準備に協力された青年部員、体験事業での訪問先の方々、大変お世話になりました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


じゃがいも堀り体験会【丸っ子収穫祭】

by JA中標津

9月28日、丸山小学校30周年記念「丸っ子収穫祭」が開催されました。今年は、30周年記念事業で防獣ネットを設置したお陰で、鹿の被害がほとんどなく、例年よりも大きないもがたくさん収穫できました。

 午前中は、児童と一緒に「○×クイズ」を行い交流を深めました。昼には伝統の丸山太鼓を披露していただき、その後に児童が作ったカレーと保護者が作った「いも団子汁」などを美味しくいただきました。青年部からは牛乳をプレゼントしました。牛の着ぐるみ2頭は児童に、もみくちゃにされていたけど、とても充実した収穫祭でした。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


さっぽろオータムフェスト2011

by JA中標津

 9月16日〜10月2日まで、大通り西4〜8丁目を会場とし、道内100以上の市町村や団体が週替りで出展し、自慢の特産品をその場で調理販売や手間ひまかけた加工品などを提供。当農協からは、石焼き伯爵いもの実演販売、なかしべつ牛乳・珈琲、ケフィアオーレ、乾牧場のいぬい牛乳・やぎミルク、ラ・レトリのヨーグルト、フランダースの牛乳・珈琲プリン、AFクラブのゴーダーチーズを安価で提供し大盛況でした。会場にご来場された多くの方々に商品紹介、販売を行い、より一層地域の味をPRできたと思います。

 「オータムフェスト」は食を中心に交流を重ねた札幌で、秋を祝う祭りとして誕生しました。さっぽろオータムフェストは、北海道全域の農産物、秋の海産物を集めて、生産者や料理人、醸造人などの作り手の顔が見えてくるぬくもりあふれる祭であり、その旨い食べ方を知っている市民、そしてここを訪れる方々がこの街の生活を祝う祭りです。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


中標津産の美味しさを届けよう

by JA中標津

 10月27日、中標津町総合文化会館しるべっとにて行われた第35回釧根地区高等学校家庭科教育研究会での女性部員3人の講師による地元食材を使った料理作りの様子をご紹介します。

 この研究会は、釧根地区高等学校の家庭科教諭の実習指導の充実を図ることを目的に行われ15人の参加がありました。日頃から牛乳や伯爵をはじめとする農畜産物の消費拡大に取り組んでいる当JA女性部に講師依頼があったものです。
 シンプルで応用可能な料理方法として、牛乳豆腐といもだんごの作り方と食べ方が主に紹介され、牛乳豆腐は初乳だけでなく市販されている牛乳でも作れること、中標津の特産である伯爵は、でんぷん質が高いので、いもだんごが美味しく作れることも併せて伝えられました。また、家庭科の先生方だけに手際のいい作業で、スムーズに行われました。イベントでも人気のいもだんご・いちごスムージーがこの場でも好評でした。他の牛乳豆腐を使った揚げ物や生の伯爵をすり下ろして作るじゃがいもスープピザもおいしくできあがりました。 




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


子牛ジャケット作り

by JA中標津

10月13日、JA事務所大会議室にて、部員11人の参加により、子牛ジャケット作り教室が行われました。

 平成21年度にも同じ内容で行われ、多くの方が興味を持ち好評だったのました。
 今回は、事業担当の金子部長が中心になりながら、参加者がミシンを持ち寄り、布を裁断してミシンで縫い合わせる作業に取り組み、各参加者が1着づつ作り上げました。
 専門業者から購入する選択も有りですが、手作りすることによって仲間と過ごすことが出来たり、好みの色のものを作る事が出来るメリットがありますね。





★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ
>>2011年11月一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22