JA中標津 Blog

株式会社RARA Farm 中標津 落成式

by JA中標津

 株式会社 RARA Farm 中標津は6月9日(土)に落成式を行った。根室振興局や中標津町、JAグループ関係者など約80名が集まり、神前に玉串を奉納したあと牛乳で乾杯して落成を祝った。同社の代表でもあり当農協の橋勝義組合長は、「生乳生産だけでなく、同社が果たす役割は大きい。この牧場で育つ仲間の拠点にしたい」と力強く語った。なお、当面の間は生産に集中するため、視察等の受入は行わない事としている。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成30年度 役職員視察研修報告 vol.2

by JA中標津

 先月に引き続き、17日午後から18日に視察した「上士幌町資源循環センター」「マジカナファーム」「釧路改良普及センター」についてご報告致します。

以下の文章はPDFファイルでお楽しみ下さい。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 農協前花壇整備奉仕活動

by JA中標津

 5月28日、藤田部長を含む女性部員11人が協力し、農協事務所周辺と農業農村交流施設クレエの花壇整備を行いました。皆様和気あいあいとお話をしながらも、とても手慣れた様子で手早くに整えて下さいました。愛情たっぷりに植えてもらったお花たちは、元気に咲いて皆様の目を楽しませてくれる事と思います。お忙しい中、女性部の皆様には農協周辺を綺麗に彩って頂き、大変ありがとうございました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


JA役職員との女性向け懇談会

by JA中標津

 5月31日、JA中標津2階大会議室にて、JA中標津女性部の部員を対象とした女性向け懇談会を開催しました。

 女性部員から部員外の女性へも参加を呼びかけ、当日は女性部員8名が出席。JAからは副組合長、参事、各部長の7名が出席され、各地区で行われた懇談会の内容を簡易化して説明していただきました。参事から平成29年度の事業報告と平成30年の事業計画、各部長からは各部署の業務内容の説明がなされ、真剣に聞き入る参加者は、日頃感じている疑問や意見を投げかけました。また、それぞれに対して丁寧な回答をいただき、時間一杯まで有意義な時間を過ごす事が出来ました。閉会にあたり、副組合長からは農業女性への労いと、「女性が抱えている問題や日々感じている事を知る良い機会になりました」とのお言葉を頂き、懇談会は終了しました。昨年に引き続き2回目の開催となりましたが、来年度以降についても、より多くの農業女性に参加いただき、更に有意義となる懇談会が開催されることを願っております。
 今回懇談会に参加された皆様、またJA役職員の皆様、大変お疲れ様でした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


北海道釧路教育大学 ファームステイ受入事業

by JA中標津

 平成30年5月25日(金)から27日(日)の日程で、北海道釧路教育大学のファームステイ受入事業が行われ、管内12戸の酪農家へ24名の生徒が酪農体験を行い、当農協は2戸4名を受入ました。

 5月25日(金)から26日(土)にかけて、北海道釧路教育大学の学生がファームステイにやってきました。JA標津の会議室にて入村式が行われ、私は2名の女の子を受け入れました。入村式後には昼食を取りつつ軽い自己紹介、その後自宅へと向かいました。
 夕方から仕事が始まり早速大きな牛に興味津々。2人とも牛を間近で見るのは初めてで、鼻先に触れるだけでもとても喜んでいました。牛舎での作業は主に搾乳、そして哺乳を体験してもらいました。最初は戸惑いながらミルカーの装着を行っていましたが、飲み込みが非常に早く、後半は真剣な表情で作業を行っていました。1頭の牛からこんなにも牛乳が搾れるものだと驚いていたり、手搾りが思ったよりもうまくいかなかったりと、2人にとっては新鮮な体験ばかりだったと思います。哺乳作業でも、勢いよく寄ってくる仔牛を相手に奮闘していました。
 2日目は2人とも何とか早起きできたようでしたが、流石に眠たそうな表情をしていました。作業自体はほとんど変わらないので、前日に教わった事を思い出しながら熱心に作業をしていました。搾乳作業終了後にちょうど集荷の車が来たので、牛乳の回収を見ていただきました。
 最終日の27日には川北ふれあいセンターで振り返り発表会があり、その後JA標津BBQハウスで昼食交流会が行われました。初日の入村式で会った時の緊張した表情とは違い、学生全員が今回のファームステイを凄く楽しんだと笑顔で話していたのが印象的でした。 (記=片岡)







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第71回 通常総会 組合長開会挨拶〈一部抜粋〉

by JA中標津

janaka_02.jpg
 本日は中標津町農業協同組合、第71回通常総会開催にあたり、組合員の皆様には農繁期を迎え大変にお忙しいなか、多数のご出席をいただきまして誠にありがとうございます。

〜中  略〜

 一昨年の平成28年度は、日照不足、低温、相次ぐ台風の影響により凶作の年であり、特に畑作では大変苦労したことから、昨年の平成29年度は、なんとか平年作以上になることを望んでスタートしました。9月に発生した台風の影響により収穫間近のデントコーンが倒伏して収穫に苦労しましたが、総体的に見ると比較的安定した天候に恵まれ、牧草収穫作業も順調に進み、畑作では各作物とも豊作と言える年だったかと思います。あらためて、天候の影響の大きさを実感しているところでございます。
 生乳生産におきましては28年産の粗飼料品質が思わしくなく、前半は前年を下回りましたが、29年産の粗飼料に切り替わると11月から前年を上回る状況が続きました。しかしながら最終的には前年比99.4%の126,272tの実績となりました。
 生乳生産量は前年を下回ったものの、乳価が上昇したことや畜産物についても依然として高値で推移しており、農産物も豊作であったことから販売取扱総額につきましては過去最高であった前年度を上回ることはできませんでしたが、過去2番目となる158億4,800万円となりました。
 あらためて組合員皆様の1年間のご苦労と前向きな生産活動に心から敬意と感謝を申し上げる次第でございます。

〜中  略〜

 JA中標津とJAグループ北海道は、押しつけられた改革ではなく、組合員のためはもとより地域の皆様にも選ばれ利用される組織であり続けるための改革を自ら進めていくことの確認として、本総会の結びには「JA北海道大会決議事項の着実な実践に関する特別決議」を行いますので、よろしくご賛同をお願い申し上げます。
 金融事業におきましては皆様からお預かりしている貯金額が前年度より21億9千万円増加して241億9千万円となりました。
 共済事業は長期共済推進目標、短期共済掛金目標ともに目標を達成し総合推進目標の236万ポイントを達成することができました。
 これら信用部の事業につきましては組合員の皆様や地域住民の方々に信頼され利用していただいていることによる実績であり、あらためて感謝を申し上げます。
 Aコープ「あるる」は野菜価格の乱高下や魚介類の不漁による価格の高騰など、「あるる」の強みである生鮮品で苦戦したことなどが影響し、供給実績は17億6千万円と計画を達成することができませんでした。
 生産資材につきましては、各品目で供給額が増え、前年比108.5%の69億1千万円の供給高となりました。特に給油所につきましては、燃料供給量の増加に加え、タイヤ販売は今回も全道JAの中でトップでありますし、連続洗車機も多くの皆様にご利用いただき、燃料以外の商品販売にもスタッフ一同、懸命に取り組んでおりますので、引き続きご利用下さいますようお願いいたします。
 その他の事業につきましては総会資料をご覧いただきたいと思いますが、平成30年度の事業成果として1億1,606万円の当期未処分剰余金を計上することができました。
 このことは組合員皆様のたゆまざる日々の生産努力と農協事業へのご理解と結集、そして役職員の事業推進という、協同活動の成果であり、ここに深く感謝を申し上げます。迎える30年度は、まずは天候に恵まれ、各作物が平年以上の出来高になることを願うところであります。乳価につきましては、新制度の補給金単価の引き上げや5万トンを対象にした入札取引によりキロ当たり100円の大台を超える乳価になると見込まれます。個体販売価格も高値相場が続くものと予想されますので、生産基盤強化に生かしていただきたいと思います。
 Aコープ「あるる」は平成30年10月10日で20周年を迎えます。老朽化している冷凍・冷蔵機の入替とあわせて、より楽しく買い物をしていただけるよう店内のリニューアルを計画し10月10日の新装オープンに向けて取り進めます。工事中の一時期は休業期間をもうけなければならず、ご迷惑をお掛けすることがあると思いますが、ご理解いただきますようお願いいたします。
 平成29年度に開始する予定であった預託事業の関係でありますが、北海道畜産公社から農水省への申請に対して未だに承認がおりておりません。預けていただく予定で準備していた方もいたように聞いております。遅れていることに申し訳なくお詫び申し上げます。畜産公社へ急ぐよう依頼しておりますので、受入準備が整い次第ご案内申し上げます。
 子会社の「RARA Farm中標津」は酪農部門の施設が完成し、4月16日から搾乳を開始し、18日に初出荷をいたしました。完成した施設を存分に活用して、子会社の事業目的が着々と進められるよう連携をとりながら協力して参ります。
 また、当JAは70周年を迎えております。委員会を構成し記念誌の作成を取り進めます。組合員の皆様にもご協力願うことがあると思いますのでよろしくお願いいたします。
 本総会で承認いただきますとスタートいたします第8次地域農業振興計画は「躍進」(めざましい勢いで進歩・発展)をメインテーマに、最終目標年度を平成33年に設定し、酪農では「再挑戦・生乳生産13万3千トン」をサブテーマにしています。また、畜産、畑作、組織、生活・担い手に対してもそれぞれにサブテーマを設けています。これらのテーマを羅針盤として課題解決に取り組み、組合員の生産性向上と所得の増加を図るなど、組合員の負託に応えながら地域から信頼されるJA事業の構築に努めて参ります。
 平成30年度は当JAにとって大きな節目の年であり、更なる成長のスタートに立ちます。役職員一丸となって事業を推進する決意をしておりますので、ご協力をお願い申し上げます。
 本総会におきましては、平成29年度決算報告、そして議案が7件、報告事項3件を提出させていただきますので、ご承認をよろしくお願い申し上げます。
 結びになりますが、組合員皆様の前向きな意見と議事進行によって実り多い総会となるよう心からお願い申し上げ、冒頭の挨拶とさせていただきます。本日はよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第71回 通常総会

by JA中標津

 中標津町農協第71回通常総会が6月6日、ウエディングプラザ寿宴で開催され、平成29年度事業報告と平成30年度事業計画など、議案1号から議案7号が上程されました。総会前には第7期ルーキーズカレッジの卒業式が行われ、6名が2年間の研修を終え卒業致しました。

 総会の成立では多忙な時期にもかかわらず正組合員193名(本人出席88名、書面及び代理出席105名)が出席、議長には当幌地区の竹村聡氏、武佐地区の寺嶋淳一氏が推薦され議事に入りました。
 先に特別決議事項である議案6号「定款の一部変更について」を上程し、関連事項のため議案7号「信用事業規程の一部変更について」、中村参事より説明され、それぞれ原案通り承認されました。
 続いて、決算報告「平成29年度貸借対照表、損益計算書及び注記表並びに全国監査機構の監査及び監事の監査報告について」、議案1号「平成29年度事業報告、剰余金処分案の承認について」、中村参事の説明後、宮本監査室長より独立監査人の監査報告書が代読され、続いて上ヶ島代表監事より監査報告を受け、満場一致で承認されました。
 次に議案2号「平成30年度事業計画の設定について」、議案3号「第8次農業振興計画及び中長期経営計画の設定について」、議案4号「賦課金の賦課及び徴収方法について」、議案5号「役員報酬の支給について」一括上程され、それぞれ満場一致で承認されました。
 議場より購買品の飼料取扱事業計画について、子会社への供給量等で供給額が増えると思われるが、前年比マイナス計画について説明を求められ、中村参事が子会社の乳牛増頭により取扱数量は増えると思われるが、事業計画は取扱金額であり飼料単価の変動で大きく変動するため、今後の為替相場の見込みで0.3%減少の計画である旨説明されました。
 また、雪印種苗の種子偽装問題について、「その後の調査で判明した事があったのか」との質問があり、橋組合長が我々の地域では大きな影響は無い旨報告を受けており、当方から生産者の立場として意見を述べていきたいと回答されました。
 議案審議終了後、特別決議として「JA北海道大会決議事項の着実な実践に関する特別決議」について飯島副組合長が説明し、満場一致で採択されました。
 閉会にあたり橋組合長より30年は大きなステップの年にしていきたく、既に多くの取り組みを始めている。中標津町に於ける農協の果たす役割、求められている役割について、組合員の生活を最優先に考えながら進めて参りたい。
 農協事業推進にあたっては、最終的に組合員皆さんのお力添えがあって成果としてできるものであり、今後も叱咤激励を頂きながら目一杯努力させて頂く事をお約束したいと挨拶を述べ閉会いたしました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成30年度 役職員視察研修報告

by JA中標津

 平成30年5月16日(水)から18日(金)の日程で十勝方面への研修が行われ、営農部役職員12名と普及センター職員1名が参加しました。
 今回は1日目のJA阿寒と新得畜産試験場を報告致します。

以下の文章はPDFファイルでお楽しみ下さい。













★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部視察研修 サービス付き 高齢者向け住宅 「つなぐ」を見学!

by JA中標津

 5月10日、部員12名が参加し、サービス付き高齢者向け住宅「つなぐ」の施設を見学させていただきました。この4月に開設されたばかりの「つなぐ」は、24時間・365日体制で介護サービスを提供する特定施設です。個々にバーコードを設定し、食事や薬など徹底した管理がなされております。また日中365日常勤する看護師が入居者さんの生活をサポートしているため、入居者さんはもちろんのこと、ご家族さんにとっても安心です。天然温泉が楽しめる真新しい施設は、まるでホテルのよう!デイサービスが併設されており、ウォーターベットによるリラクゼーションやリハビリに特化した機能訓練等も受けられます。また、時折イモ団子パーティーなどの催し物を開催するとの事で、入居者さんも楽しくゆったりとした時間を過ごせますね。視察に参加した皆様は、自分の健康や将来について改めて考えてみる良い機会になったようです。今回お忙しい中、受け入れてくださいました「つなぐ」の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。大変有り難うございました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部日帰り研修 春だ! 桜だ!お花を見に行こう !!

by JA中標津

 5月14日、昨年に引き続き厚岸の子野日公園にて部員間交流を兼ねた日帰り研修を行いました。あいにくの空模様ではありましたが決行!新しいバスに心地よく揺られながら、道中、参加した部員9名は悪天候も何のその、話しに花が咲きました。幸い現地は雨も止んでおり、美味しい牡蠣などを堪能し、満開の桜を散策して時間いっぱい楽しみました。途中、桜の名所で知られる国泰寺に立ち寄り、北海道の銘木に選ばれている貫禄ある桜を観賞しました。帰りには漁協直営の直売所で沢山お土産を買って中標津への帰路につき、皆様笑顔で帰られました。参加された皆様、事業に携わった方々、大変お疲れ様でした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ
>>このカテゴリーの記事一覧






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22