JA中標津 Blog

第39回 家族協定調印式

by JA中標津

 平成30年4月23日(月)、中標津町役場にて第39回家族協定調印式が、関係者が立ち会いのもと行われました。当農協から6組が参加し、経営者から後継者へバトンが渡され、固い握手を交わして経営を引き継ぎました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


熟年会 春期研修旅行

by JA中標津

伊勢・南紀白浜など四日間の旅

 熟年会春期研修旅行が4月10日から13日の日程で伊勢神宮・那智の滝など4日間の旅に会員20名が参加して開催され、国の重要文化財を見学・歴史を学びました。

詳しくはPDFファイルでお読み下さい。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第67回 根室地区農協青年部連絡協議会 通常総会

by JA中標津

 4月20日(金)、根室地区農協青年部連絡協議会 第67回通常総会が根室農業会館にて開催され、管内4地区の盟友が集いました。
 総会では来賓3名より祝辞を頂き、地区役員からは北海道教育大釧路校とのファームステイ事業の受入やJAやJA女性協との更なる連携を図っていくことが報告され、新年度が新しい役員でスタートしました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


JA道青協第67回定期総会およびJA北海道青年部研修会

by JA中標津

 平成30年4月4日にJA道青協第67回定期総会およびJA北海道青年部研修会が札幌パークホテルにて開催され、全道各地より約350名の盟友が集い、当農協青年部からは遠藤部長が参加しました。

 第67回定期総会では前年度の決算状況から今年度の事業計画について承認され、満場一致で可決されました。今年度の年間テーマは「解き放とう、150年の若き想いを」と決め、農村ホームステイを軸にした食農教育事業の更なる充実や、ポリシーブックの作成・活用を強化することを決めました。また、役員の任期満了に伴い役員改選が行われ、次のように決定しました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第70回 青年部通常総会

by JA中標津

 4月13日、第70回中標津町農業協同組合青年部通常総会が農協大会議室で開催されました。部員66名のうち、本人出席27名、委任状による代理出席7名で総会が成立。平成29年度事業報告及び収支決算報告、平成30年度事業計画及び収支予算案など、全ての協議事項について満場一致で承認され、平成30年度をスタートしました。

 新年度が始まり70回を数えることとなりました総会は、原副部長が司会を務め、安達理事の開会宣言、遠藤部長の挨拶で総会が始まりました。
 来賓には中標津町長 西村穣様をはじめ、中標津町農協代表理事組合長 橋勝義様、中標津町農協女性部部長 藤田登美子様など、各関係機関の皆様にご臨席賜りました。
 議長には俣落支部 橋春樹氏を選出、第1号議案から第4号議案まで執行部より説明があり承認されました。40歳表彰は橋春樹氏(開陽支部)他3名が受賞、活動に積極的に参加して最も輝いた人に送られるMVP賞は清原優威氏(武佐俵橋支部)が受賞しました。
 新入部員には大内風弥氏(武佐俵橋支部)、藤井季樹氏(俣落支部)、松田尚己氏(武佐俵橋支部)の3名が新たに加入、松田氏は都合により出席出来ませんでしたが、新入部員2名が抱負を述べ、新年度がスタートしました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


食品加工交流部会 第17回通常総会

by JA中標津

平成30年度新しい役員体制でスタート!

 4月26日、JA中標津クレエ研修室にて、第17回食品加工交流部会通常総会が、会員14名出席のもと行われました。

 開会にあたり大内佳子部会長より、「昨年4月の総会で、コンベクションオーブン導入をお願いしたところ、早々に対応して頂きありがとうございました。皆のレシピの幅も広がり大変喜んでいます。」と、来賓としてご臨席頂いた橋組合長へ感謝の意が述べられました。橋組合長からは、クレエ設立に至った経緯や29年度のJA中標津の概要などをお話いただきました。また「今後も何かご要望があれば農協として対応できるものはしていきたいのでご相談下さい」と心強いご祝辞をいただきました。
 議長に、金子ひろみさん(俵橋)が選出され、議事が進行されました。平成29年度事業報告および収支決算報告、平成30年度事業計画案および収支予算案、賦課金と徴収方法、役員の選出について、それぞれ承認されました。
 総会終了後、部会員の有志が持ち寄った加工品の試食会が行われました。試食スペースには、ちらし寿司、ホッキご飯、漬け物、サラダなど、たくさんの加工品がテーブルへと並べられ、部会員は持ち寄った加工品の情報交換をしながら、新年度へ向けての計画を話し合いました。美味しいものをいただきながらのとても楽しいひと時となりました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成29年度の総括と30年度に向けて

by JA中標津

 3月期末を終え、最終の数値の確定に向けて進めておりますが、一年間を振り返り、成果と課題に絞って触れさせていただきます。
 組合員・家族の皆様に農協事業へのご理解、ご協力、御支援いただきました事を厚くお礼申し上げます。
 生産販売面につきまして、畑作は28年度は凶作・不作で苦労がありましたが、29年度は平年作を目指しスタートし、作業的に順調に進み肥培管理に精を出し、夏場を乗り切り秋収穫と成り、小麦も非常に出来が良く、収穫量も質も最高でありました。大根・ブロッコリーも回収率が高く、収穫量・品質ともに前年比の倍以上と大豊作でありました。馬鈴薯・ビート等も過去最高に近い生産量が確保され、改めて天候の影響の大きさに感謝をする次第であります。
 酪農では乳価の値上げ、個体販売の高値推移により安定した所得を確保できました。生産面で10月まで前年比で伸びませんでしたが、今年のエサに切り替えが進み11月より前年を超え102%前後での推移となりましたが、3月末で12万6272tとなり計画目標には届かず残念でありました。現在のサイレージの品質・栄養が高いので、今後に期待をしており、13万t超えを目標に努力して参ります。
 以上が組合員の成果であります。有難うございました。
 一方、国ではTPP・EPA等、各国との交渉成立を急いでおり、影響額なども試算が出ておりますが、北海道が極めて大きく、今後の内容の確認・対策をしっかり求めて参ります。
 また、農協改革でも多くの事を求められ、その対応を急いでおります。最後に生産者の所得アップの為と言われておりますが、本当にそうなのかと理解のできない事があります。指定団体制度、補給金支払いも大きく変わる中で、生乳の販売の仕方が自由競争を前面に改革が進められ、現場の一部で苦労している事もあり、注視が必要であります。
 今の自民党は内部でもっともっと議論すべきで、内閣の判断が優先されており責任の持てる内閣なのか、今、農業問題のみならず色々な問題が発生し疑いたくなっており、残念の一言であります。「政治しっかりして下さい」と声を大に申し上げます。
 次に30年度の取り組みに移ります。第8次地域農業振興計画を委員会より答申いただきました。前向きな内容であり、できる限り実現できるよう初年度として取り組んで参ります。
 組合員の生産と所得確保を第一として酪農では『再挑戦13万3千t』とし、畑作は『信頼される責任産地』と、目標を持った整理がされており、しっかり肉付けして推進して参ります。
 次にAコープあるる店について、平成10年10月10日開店以来20年間ご利用いただき、冷凍機・冷蔵機の老朽化が進み入れ替えが必要であります。合わせて店内のリニューアルを実施したく、利用者により楽しく買い物をしていただけるよう、10月10日オープンに向けて各部門準備を進めて参ります。ご迷惑をお掛けする時期があると思いますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 預託事業を始めますと話しておりましたが、畜産公社から農水省へ申請をしているところで返事が来ず、3月末に来た話ですので早速と思いきや、まだ書類申請が必要との事であり、急ぐよう公社へお願いしております。遅れている事に心から申し訳なく、お詫びする次第です。
 受入準備ができ次第ご案内いたします。
 次に子会社(株)RARA Farm中標津の状況をお伝えいたします。
 事前に飼養しておりました乳牛も4月6日に育成舎・分娩房へ移しました。全頭元気でありますし、本牛舎パーラーも全ての確認を終え、調整の段階でスタッフも参加し4月16日より搾乳を開始し、4月18日には初出荷をいたしました。まだ頭数は限られておりますが、分娩も毎日のようにあり、集荷生乳が増えております。
 今後も色々な事が発生すると思いますが、現在のスタッフでチームとして力を発揮するよう指示しており、施設を存分に活用して期待に応えられるよう努力して参ります。
 当面は生産活動を最優先して参りますので、視察等の対応は極力制限させていただきたく、ご理解をお願い申し上げます。
 次に中標津町農協70周年を迎えており、50周年以降20年の歩みを記録に残すべく委員会を構成し、進めて参ります。特に組合員の牧場・家族等の写真も記録していきたく考えており、担当が希望も含めて進めて参ります。
 ドローンも導入し保存版として記念誌といたしますので、ご協力、ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。
 平成30年度は当農協にとっての大きな節目の年であり、更なる成長のスタートに立ちます。確実に前進して参りたく決意をしております。各部門それぞれ目標値、課題を整理して一丸となって向かっていく姿勢であります。
 今後においても叱咤激励を願います。
 いよいよ春の農作業のシーズンが来ております。準備をしっかりして、事故、ケガのない中で汗をかいてもらう事を期待しております。
 今年の秋には皆様と喜べる豊壌の年であればと願い、農協が進める事業もより成果が出るようガムシャラに、新しく加わった8名の職員も一緒に挑戦して参ります事を約束させていただき、29年度から30年度への取り組みに触れました。
 一年間大変お世話になり、迎える30年度も引き続きご理解ご協力を願い、組合長お礼で終わります。
 有難うございました。

★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


理事との懇談会レポート

by JA中標津

 平成30年度3月8日(木)20時より、農協役員と農協青年部支部による懇談会を行いました。
 当幌支部では橋組合長より平成30年度営農計画集計表の説明、昔と今の農業情勢の違い、そして免税軽油がなぜできたのかを説明頂きました。近年、様々な場所で活躍の場を広げているドローンついてもお話があり、農業の可能性が広がる有効利用も伺いました。また、制度の移り変わりや最新機械によるこれからの農業の発展性についてなど、沢山のことを丁寧に、時には質問にお答えいただきながらお話してもらいました。
 このような色々なことを、農協役員の方々とお話しさせていただける機会は中々無いので、青年部の活動を通して部員一同、とても貴重で有意義な体験をさせていただきました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


牛乳消費拡大キャンペーン「牛乳を買ってプレゼント を当てよう!」抽選会

by JA中標津

 平成30年3月15 日(木)15時30分より、中標津町役場会議室にて牛乳消費拡大キャンペーンの抽選会が行われました。
 このキャンペーンは、飲用乳の消費低迷を受け、牛乳の消費拡大を図る目的で開催されました。応募資格は中標津町民である事、市販されている牛乳1,000mlパック品質表示部分5枚1組で応募ができ、役場やAコープに設置された応募箱または郵送で受付され、今回は2,507通の応募がありました。
 中標津町長を始めとした関係者が集まって厳選なる抽選が行われました。賞品は後日当選者の皆様に届けられます。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成30年度 冬期研修旅行

by JA中標津






 熟年会冬期研修旅行が3月22日から24日の2泊3日の日程で、川湯温泉川湯観光ホテルで開催されました。会員46名の参加があり、定期総会を開催し、翌日23日はボーリング・スカットボール・カラオケ・周遊観光に分かれ、それぞれ好みの催しを楽しみ、全員元気に全日程を終了しました。

 22日、2台のバスに分乗して中標津を出発、時間通り宿泊先の川湯温泉に到着し昼食を取りました。午後から全体会議(総会)が開催され、高平会長の挨拶に続き議長が選出され会議の運営に当たり、総会議案の説明と質疑がなされました。役員改選では新会長に大西英明氏が選任され全議案異議無く承認されました。全体会議終了後は、西田敏行主演の映画「釣りバカ日誌ファイナル」が上映され観賞しました。
 夕方の懇親会では80才に今年なられる方4名に記念品が贈られ、参加者最高齢の男性、遠藤忠義さん(93才)と女性最高齢の木村アキさん(97才)も表彰され、今年の年男・年女5名にも記念品が贈られました。その後はカラオケで盛り上がりました。
 23日は、ホテル内でのボーリング・スカットボール組、カラオケ組に分かれて楽しみました。観光組はオホーツク流氷館と網走方面を見学して楽しみました。
 夜の懇親会では日中行われたゲームの表彰が行われ、ホテル主催のビンゴゲームもあり、景品を全員頂きました。宴会は最後に前会長の高平氏の音頭で万歳三唱し、大西会長の挨拶で終了しました。
 24日は9時にホテルを出発し10時30分、事故も無く全員元気で帰町しました。




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22