JA中標津 Blog

中標津町和牛生産改良組合 設立 10 周年記念式典

by JA中標津

 中標津町和牛生産改良組合設立10周年記念式典が6月6日(火)にウエディングプラザ寿宴にて組合員16名の参加で行われました。功労者表彰として発足時から10年間組合長を務めた、大内勝利氏を表彰しました。
 記念講演として(一社)北海道酪農畜産協会 家畜登録改良部 改良指導課課長 岸 大輔氏に講師を依頼し、「飛躍!北海道和牛」と題して、本組合の現状や今年9月に宮城県で開催される、第11回全国和牛能力共進会に向けた北海道の取り組みをご紹介頂きました。また、10年後の第13回全国和牛能力共進会を北海道へ誘致することなど、刺激になるお話をして頂きました。
 その後、祝賀会も行われ、会員達は10年間の思い出話などに花を咲かせ、とても有意義な会となりました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


乳牛改良同志会 道外視察研修

by JA中標津

 平成29年4月23日から4月25日の2泊3日の日程で愛知県名古屋市へ行って参りました。

 今回、名古屋の消流視察研修に中標津を代表して7名で行ってまいりました。
 半田市は、名古屋市から南に伸びる知多半島の東海岸中央部に位置して、農業粗生産額に占める畜産粗生産額の割合が高く、全国有数の畜産先進地域であり、その主体は乳肉複合経営となっております。一戸あたりの平均飼養等数は乳牛150頭、肉用牛260頭で大規模な経営体が多く、肉用牛生産地域としても確固たる地位を築いています。また、知多牛のF1交雑種「響(ひびき)」と知多和牛の黒毛和種「誉(ほまれ)」というブランドがあります。
 私たちはまず初めに半田市酪農組合飼料配合所の視察を行いました。バラ輸送で大量仕入れを行い、飼料コストの低減を図っていました。飼料はビール粕、トウモロコシ、ヘイキューブなどの原料を受け入れ、ミキシングして各農家に配送を行っています。
 全体的にコストの削減、省力化も目指し、貯蔵中に発生する悪臭及び汚水を防止するなど環境対策をしていました。
 次に3軒の農家視察を行いました。飼養形態、飼養頭数は異なりましたが、粗飼料についてはスーダンライグラス、アルファルファ、ビール粕などを濃厚飼料とミキシングしている農家が多く、これらの飼料は買い付けがほとんどで、飼料費が高騰するともろに経営に負担がかかるので大変だと農家さんも言っていました。
 北海道と違い気候が温暖なので、牛舎のつくりが簡素で、暑熱対策で風通しのいいつくりをしていました。ほとんどの農家が3月ごろから換気扇を回すといっており、暑熱対策には余念がありませんでした。また、におい対策として糞尿に光合成細菌を混ぜていました。市街地に近いこともあり、においの問題にとても気を使っているように思えました。また糞尿は畑作農家が買い取るとのことです。
 北海道とは経営の形態が全く異なり、増頭思考という観点では一致してますが、半田市の農家さんは特に積極的だと見受けられました。大規模経営が多く市街地に隣接していることに驚きました。和牛のブランド化、販売にも力を入れており、積極的思考を見習いたいと思いました。中標津の牛が遠く離れた地で活躍していることが嬉しく、当地区の乳牛改良に一層励みたいと思います。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


ホクレンとの意見交換会の開催

by JA中標津

 平成29年6月12日(月)根室農業会館3階会議室にて、根室地区青年部協議会主催によるホクレンとの意見交換会が開かれ、管内の青年部盟友とホクレン職員が参加して行われました。
 参加者からは農作業機械取りまとめ機械選定基準についてや、中古農機具販売アルーダの修理・故障の保障などの意見が出され、担当職員と意見を交わしました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


教育大釧路校 ファームステイ受入事業

by JA中標津

 平成29年5月26日から27日にかけて、北海道教育大学釧路校の学生がファームステイに来ました。私の家には2人の女の子が実習に来ることとなり、JA計根別の会議室で入村式の後、たまたま俣落地区で牛魂祭があり、そちらにお邪魔してから我が家へ向かいました。
 うちの牛舎では、哺乳や搾乳や掃除などの作業をやってもらい、時間のほとんどは見学をしてもらうということになってしまいましたが、見るもの聞くもの触るもの全てが新鮮に映るようで真剣に取り組んでいるのが印象的でした。作業のあとはみんなで夕食を食べ、将来のことや学校生活のことなどを語り合いました。
 次の日も寝坊することなくしっかりと起きてきて、作業をしてもらいました。朝の作業後は妻の計らいで一緒にパンを作ったりしました。午後からは根室地区女性部との調理実習があるとのことで、しるべっとへと送りあっという間に1泊2日のファームステイが終わりました。
 28日には川北ふれあいセンターでこの事業に参加した学生たちの振り返り体験発表があったのですが、都合により参加できなく非常に残念でしたが、学生さんたちには今回の事業で体験して感じたことを将来先生となった時に子供たちに酪農の魅力を伝えてくれることを期待しています。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


JA根室地区女性部研修会

by JA中標津

 6月12日、ウエディングプラザ寿宴にて根室管内のJA女性部員が集い、部員間交流を目的とした研修会が行われ、当JA女性部から4名が参加いたしました。今年は、女性のJA運営参加・参画への理解を深める為の一歩として、「JAの正組合員になって気付いたこと見えてきたこと〜話そう!女性のJA参画ワールドカフェ〜」と題し、話題提供者としてJA標津の川瀬 香苗氏と熊谷 幸子氏に正組合員になって実際何が変わったかなどお話頂きました。その後、参加者全員でワールドカフェと言う技法を使ってJA運営・参画に対する女性目線の意見を出し合いました。午後からはホクレン中標津支所の殿崎 倫明氏と山田 義彦氏をお招きし、JA個別宅配事業「ジョイライフ」のキャンペーン実施案の説明と、販売されている商品の試食会を行いました。今回の研修会に参加して、はじめて女性のJA運営・参画の話を知った方も多く、この課題に対する個人個人の温度差が感じられる研修会でした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部 農協前花壇整備奉仕活動

by JA中標津

 6月5日、藤田部長を含む女性部員7人が協力し、農協事務所周辺と農業農村交流施設の花壇整備を行いました。まだ植えたばかりで小さく咲いていますが、今年は咲き終わる秋まで天候に恵まれる事を祈って、大きく花開くのを楽しみにしていただければと思います。お忙しい中、女性部の皆様には農協周辺を綺麗に彩って頂き、ありがとうございました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


女性部視察研修 哺育施設とロボットを見学!

by JA中標津

 6月14日、部員6名、員外5名の11名が参加し、女性の営農に関する技術力と知識の向上を目的として、当幌地区の(株)とうほろDairyCenterで哺育施設を、JAけねべつの漆原 俊之氏のお宅でロボットと施設の見学をさせていただきました。

 午前中に伺った(株)とうほろDairyCenterでは、哺育・育成部門の部長・山田 昇氏と、施設を歩きながらお話を聞くことができました。参加者は、「この施設の牛は生後何ヶ月か?」「1頭預けると、幾らかかるの?」など質問をし、山田氏は笑いを交えながら、わかりやすく受け答えする姿が見られました。午後から伺ったJAけねべつの理事でいらっしゃる漆原 俊之氏の農場では、農場主の都合がつかず、JAけねべつ営農部基盤強化対策課課長・川目 剛氏にご案内いただきました。ちょうど2台とも搾乳ロボットが稼働しており、参加者は感動の声を上げ、搾乳が終わるまで見学していました。その後、畜舎内の蹄浴槽を見学していたところ、自動餌寄せロボットが稼働しはじめ、参加者の目は釘付けでした。川目氏には、施設や機械の概要はもちろんのこと、今後搾乳ロボットを導入するためのノウハウなども教えていただき、とても参考になりました。今回、視察にあたり受け入れて下さいました(株)とうほろDairyCenterと漆原 俊之氏、ならびにJAけねべつ川目氏と視察先を紹介いただきました、普及センター廣瀬氏と福岡氏にはこの場を借りて御礼申し上げます。また、参加されたみなさまの今後の糧になればと思います。大変お疲れ様でした。 








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


中標津町農業協同組合 第25期役員

by JA中標津

 6月8日 第70回中標津町農業協同組合通常総会がウエディングプラザ寿宴にて行われ、第25期役員が決定致しましたのでご報告致します。

第25期役員は広報(PDFファイル)でご覧下さい。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第70回 通常総会

by JA中標津

 中標津町農協第70回通常総会が6月8日(木)、ウエディングプラザ寿宴で開催され、平成28年度事業報告と平成29年度事業計画など、議案1号から議案11号が上程されました。

 総会の成立では多忙な時期にもかかわらず正組合員217名(本人出席106名、書面及び代理出席111名)が出席し、議長には開陽地区の中本信幸氏、当幌地区の竹村聡氏が推薦され議事に入りました。
 先に特別決議である議案7号「定款の一部変更について」、議案11号「全国農業協同組合連合会が行う農業経営事業に関する同意について」を上程し、関連事項のため議案8号「〔規約附属書〕監事監査規程の一部変更について」、議案9号「役員退職慰労金支給規程の一部変更について」、議案10号「土地改良事業規程の一部変更について」、中村参事より説明され、それぞれ原案通り承認されました。
 続いて、決算報告「平成28年度貸借対照表、損益計算書及び注記表並びに全国監査機構の監査及び監事の監査報告について」、議案1号「平成28年度事業報告、剰余金処分案の承認について」、中村参事の説明後、宮本監査室長より独立監査人の監査報告書が代読され、続いて乾代表監事より監査報告を受け、満場一致で承認されました。
 次に議案2号「平成29年度事業計画の設定について」、議案3号「賦課金の賦課及び徴収方法について」、議案4号「役員の選任について」、議案5号「役員報酬の支給について」、議案6号「退任役員に対する役員退職慰労金の支給について」一括上程され、それぞれ満場一致で承認されました。
 議案審議終了後、特別決議として「JA北海道大会決議事項の着実な実践に関する特別決議」について中林副組合長が説明し、満場一致で採択されました。
 閉会にあたり橋組合長より29年も様々な事が発生すると思うが、農協は高い目標を持ち、今の段階で我々が判断できる事、目指す目標に向かい、13万トンと云う目標を気持ちの中に持ちながら、農協としても最大限努力させて頂きたい。今後も色んな事が発生するかと思うが、組合員皆さんのお力を借りながら、JA中標津の運営にあたっていく事をお約束したいと挨拶を述べ、閉会いたしました。








★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成29年度 役職員視察研修報告

by JA中標津

 平成29年度の役職員研修が2泊3日の日程で行われ、鹿追町環境保全センター、農事組合法人 清流ファーム、清水町農業サポートセンターを視察しました。

以下の文章はPDFにてご覧下さい。












★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22