JA中標津 Blog

2017 新成人記念フォト

by JA中標津

 平成29年1月7日(土)に中標津町総合文化会館にて「平成29年中標津町成人式」が行われ、町内の成人230人が参加しました。
 当組合の新成人は5名で、成人式前に事務所を訪れた2人を呼び止め、橋組合長と記念に1枚撮らせて頂きました。
 左は購買部生活店舗課店舗係「佐藤 徹」さん、右は営農部経営相談課経営相談係「佐々木 礼美」さんです。
 他に管理部管理課管理係「山口 正人」さん、営農部家畜改良課家畜改良係「丹羽 永昌」さん、購買部生産資材課給油所係「熊生 皓太」さんが成人されました。
 ますますのご活躍をお祈り致します。ご成人おめでとうございます。

ipath:1:l:500%




★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


根室地区JA青年部幹部研修及び平成 28 年度 東北・北海道地区JA青年大会

by JA中標津

 平成29年1月16日から18日の日程で、東京の農林水産省と札幌市で行われた平成28年度東北・北海道地区JA青年大会に幹部研修として当農協より根室地区青協乾元樹副会長、遠藤洋志青年部長が参加しました。

 1月16日〜18日にかけて根室地区青年部協議会の幹部研修へ参加して来ました。今回の研修は東京の農林水産省での意見交換、その後は札幌に戻って東北・北海道地区JA青年大会とかなりハードなスケジュールとなりました。
 農林水産省との意見交換では事前の学習会などで出たたくさんの青年部の意見を農林水産省のみなさまに聞いていただきました。中でも意見が多かったのは畜産クラスター事業に関することや、新しく米国の大統領となったトランプ氏の動向やTPPなど、身近な問題について意見交換出来ました。
この他にも積極的な意見交換が行われ、予定時間を大きく過ぎてしまい、担当して頂きました農林水産省の皆様にはご迷惑をおかけしてしまった事は大変申し訳なく思います。

 夜は昨年7月の受入実習に来て頂いた農林水産省の中山さんと半年ぶりに再会することができ、「現場と中央とが一つになって日本の農業を盛り上げていこう」と親睦を深めました。
 翌日には東北・北海道地区JA青年大会に参加し、記念講演では演劇ユニット「TEAM NACS」リーダーで、あぐり王国北海道NEXTにも出演している森崎博之氏より「生きることは食べること」と題して貴重なお話を聞かせて頂きました。
 ハードなスケジュールではありましたが、大変貴重な体験が出来きましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。そして農林水産省のみなさん、お忙しい中、意見交換をして頂きありがとうございました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


中標津乳牛改良同志会 第46回定期総会

by JA中標津

 第46回中標津乳牛改良同志会定期総会が1月25日(水)に中標津町農業協同組合大会議室にて開催されました。開催に先立ち、農協よりエクセレント獲得牛表彰(体型得点90点以上)及び中標津乳牛改良同志会表彰が行われました。

 本総会では議長に横田千秋氏(第二俣落支部)を選任し、平成28年度事業報告及び収支決算報告がなされて満場一致で可決されました。平成29年度事業計画案では、各支部講習会の開催、第55回中標津ブラックアンドホワイトショウの開催(秋期)、種雄牛のプレゼンテーション等を含む講習会を開催、乳牛に関する事業では府県消流視察研修の実施や購買関係者との親睦と交流を図りながら中標津ホルスタインをPRしていく方向であると報告され、満場一致で可決されました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


2017年女性部新年恒例会

by JA中標津

 1月24日、JA中標津大会議室にて、部員26名が参加した、新年を迎えて初めてのイベント、新年恒例会が開催されました。

 開会にあたり、藤田登美子部長より「この間テレビで観た話なのですが、『老活』という言葉があるそうです。これは、老後に行ったら良いと言われている活動で、笑うこと・話すこと・食べる事、この3つが大事とされているそうです。今日お集まりになった皆さんも、笑って、話して、食べて、今日この場を楽しんでいただければと思います。本日もよろしくお願いします。」と挨拶がなされ、次に来賓を代表して橋組合長より農協事業にご協力頂いている御礼がなされ、昨今話題となっている、女性の社会での活躍についてお話され、今年一年もよろしくお願いしますと、お言葉を頂きました。根室農業改良普及センター北根室支所・平林支所長による、牛乳で乾杯のご発声で新年恒例会がスタート。
 今年も、(株)味のオーハシ・あるる店店長からのご厚意で、低予算にもかかわらず豪勢なお弁当を、あるるの店長からは伊予柑、そして農協からはフルーツの盛り合わせが提供され、テーブルの上はとっても豪華に。また、お母さん達が腕によりをかけて作ってくれた、カステラなどのお菓子や漬け物などが試食コーナーを彩り、参加者の舌を楽しませていました。
 会食も一段落した昼には、ひとつぼショップ(仲間や個人で作った手工芸品を販売する場所)が開催され、各自マイバッグを片手に、じっくり商品を品定め。売り子になったお母さん達の会話も上手で、商品は次々に売れていきました。
 ひとつぼショップ終了後は、アトラクションの時間へと移り、ゲームの担当者が司会進行をしながら、まずは「新聞ジャンケン」に挑戦。このゲームは、新聞紙を1枚用意して広げた状態でその上に立ち、司会者とジャンケンをして負けたら新聞紙を半分に折りたたんでその上に立ち、勝てば新聞紙は折りたたまないでそのままというゲーム。最後まで新聞の上に立ち続ければ優勝なのですが、じゃんけんに負け続けた人は、靴一足分の面積しか無い新聞のうえで、片足立ちしてふらふらと「はやくジャンケンやってー!」と声を上げ、その様子にみんな大笑い。最後は3名が残ったのですがみんな一斉に脱落してしまい、順位を決めるために残った3名でここでもジャンケンで勝負。この新聞ジャンケンのゲームを制したのは、当幌支部の長正路恵美さん。体を張ったゲームに満足感もあり、とても嬉しそうに商品を受け取っていました。2つめのゲームは、おなじみのビンゴゲーム。今年は景品を豪華に、上位5名までお米があたると紹介すると、会場がざわつき、みんなの表情が真剣に。なかなかリーチも出ない中、一番乗りで抜けたのが、俣落支部の鷲見沙友里さん。「なんかスミマセン。」と、照れくさそうに、笑顔で景品を受け取っていました。なかなかビンゴにならなかった人もいましたが、最後は全員に景品が手渡され、ビンゴゲームは終了となりました。
 恒例会の終盤には、橋組合長からのご厚意で、金一封のジャンケン大会が行われ、今年は直前に橋組合長が、海外にて視察研修を行ってきたとのことで、ミャンマーのお菓子などのお土産を景品としていただける事に。橋組合長の話術もあり、会場は一気に笑いに包まれ、笑い声が絶えない中、ミャンマーのお土産をゲットしたのは、俵橋支部の金子ひろみさん。金一封をかけたジャンケンに勝利したのは、当幌支部の飯島洋子さんでした。橋組合長から商品を手渡され、笑顔のツーショット写真を撮影させていただきました。
 最後に、松本宮子副部長から、来賓と部員への感謝、今年一年の活躍を祈って閉会の挨拶をし、新年恒例会を閉会しました。おいしいお弁当と楽しいお喋り、みんな笑顔で帰宅する姿がみられ、主催した役員も嬉しい気持ちでいっぱいだと思います。これを活力に、今年一年も活発に楽しく過ごしてもらえれば幸いです。来場された部員のみなさま、来賓にお越しいただいたみなさま、一日お疲れさまでした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


平成28年度 JA中標津役員海外視察研修 Vol.2

by JA中標津

 先月号に引き続き、海外視察研修2回目の報告です。今回は駐在員の概要説明後に現地流通市場の視察を行い、日系スーパーの明治屋、Cold Storage高島屋店、Fair Price ZONGSHAN PARK店の3店を見学しました。

以下の文章はPDFにてお楽しみ下さい。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


青年部反省会

by JA中標津

 平成₂₈年1₂月1₅日午後8時より、青年部反省会が河亭にて開かれ、部員₂₆名、職員₃₀名が参加しました。職員組合を代表して末田典之副執行委員長による挨拶の後、乾杯が行われ反省会がスタートしました。

 皆様のご厚意によりたくさんの飲み物を提供していただき感謝致します。司会進行は当幌支部の佐藤恵悟君が担当、慣れないながらも無事に務めあげました。会の途中では12月に行われた全道JA青年部大会参加者の舟橋祐太副部長・佐藤克幸監事から報告があり、基調講演を行ったHBC金井憧れアナウンサーの可愛さに心を奪われた話に笑いが起きました。ゲームは四字熟語を使った伝言ゲームを行ったのですが、進行がスムーズに行かず、恒例の100円ジャンケンまでたどり着けなかったのが残念です。最後は遠藤部長の一本締めで反省会は閉められ、たくさんの参加者で交流を深める事が出来ました。参加された皆様、お疲れ様でした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


第65回 全道JA青年部大会

by JA中標津

大会テーマ「Exciting Innovation〜力強い農業へ!」

 平成28年12月1日から2日に第65回全道JA青年部大会が札幌パークホテルで開催され、全道各地の盟友と関係者約850人が参加、当農協からは舟橋祐太副部長・佐藤克幸監事の2名が参加しました。

 開会挨拶で道青協 渡辺基樹会長は、規制改革推進会議の提言に触れ、現場を知らないメンバーが農業に介入したものだとして、今後はあってはならないとし、私達が政策面をしっかりと考えて行動しなければならないと強く訴えました。
 青年の主張大会は6地区の代表の中から、「未来へ紡ぐ」と題して発表した空知地区JAきたそらち青年部の西野友也さんが最優秀賞に輝きました。西野さんは5年前にUターンして就農、地元商工会青年部・役場職員との異業種間で交流、食と農の大切さを地元や各種イベントで伝えた活動を発表し、目的意識の高さ、行政・商工会と連携してPRに繋げた点が評価されました。
 青年部活動実績発表では「未来へ今」〜伝える思い、つなげる思い〜を発表した留萌地区JA幌延青年部が最優秀賞に輝きました。当初、札幌駅で行っていた牛乳無料配布で、ただ配るだけの事業に消費者とのふれあいが無いことに疑問を感じ、役員会で議論を重ね、事業の見直しを行いました。今から4年前にオリジナルの食農教育がスタートさせ、「もっと多くの人に伝えたい!」と考え、旭山動物園での開催へと漕ぎ着けました。その企画力・行動力・発信力が高く評価され受賞となりました。
 全体懇親会で行われたアームレスリング大会は空知管内JAびばい青年部の渋谷栄太郎さん、純農Boyオーディションでは後志管内JAようてい青年部木村政義さんがグランプリに輝きました。
 翌日の基調講演は、「あぐり王国北海道NEXT」に出演しているHBCアナウンサー 金井憧れさんを講師に招き、「あぐり王国北海道NEXT」を通して感じたことと題して講演いただき、番組に携わったことにより、生産物の産地や品種について知りたいと思うことが増え、そのおいしさや価値を番組で視聴者にいかに伝えられるかを日々考えて放送に望んでいることを語りました。
 本大会では協同組織の再認識や豊かな魅力ある農村の実現へ向けた大会宣言、豊かな魅力ある農村の実現など、「夢のある農業」の実現を目指していくことを決意した大会宣言と、自らが切り拓く「未来へ誇れる農業」を実現させる特別決議案が満場一致で採択されました。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


フレッシュミズ 体幹チューニング体験

by JA中標津

 12月9日、当幌研修館にてフレッシュミズ主催の体幹チューニング体験が行われました。

 当初、参加者8名の予定でしたが、一月ほどはやいインフルエンザ流行により欠席者が出てしまい、当日は4名という少人数でしたが、開催いたしました。講師を務めていただきました『カラダ調律師 松野 美哉子』氏から「人数が少ない分、手をかけられるから大丈夫ですよ。」と優しいお言葉をいただき、約2時間かけて体幹チューニングを体験。講師がカラダ調律師になった経緯をお話してから、いよいよチューニングを実践。仰向けになって腹式呼吸を行うのですが、これがまた難しく、先生は「慣れですよ。」と言っていました。数種類の簡単な動作を行い、変化を感じた人と変化を感じない人さまざま。回数を重ねれば徐々に変化を感じることが出来るので、継続する事が大事だと教えていただきました。これから年末に向け、体調を崩しやすくなる前にこの体験ができ、参加者もいい勉強になったかと思います。
 講師に来て下さりました松野氏にはこの場をかりてお礼申し上げます。また今回参加された皆様、お疲れさまでした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


簡単♪お菓子作り教室

by JA中標津

 11月28日、JA中標津農業農村交流施設クレエにて、部員外の女性2名を含めた総勢12名でお菓子作り教室を開催しました。

 今回、事業担当でもある長縄さおりさん自ら講師を務め、忙しい時間の合間でも、ぱぱっと簡単に手作りできるヨーグルトケーキとフルーツグラノーラのドロップクッキーを教えていただきました。難しい工程は一切無く、ボウル一つにどんどん材料を混ぜていくレシピ。参加者は「これは簡単!」と時間を掛けること無く、お菓子の生地を完成させていました。お菓子を焼いている間、昼食がてら質疑応答を行い、講師がお手製で作ってきたパウンドケーキなど、試食していました。参加された部員外の女性と笑顔で部員が交流していたので、今後につながるいい経験になったと思います。講師およびに参加された皆様、大変お疲れ様でした。







★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


新年のご挨拶

by JA中標津

naka_05.jpg
女性部 部長
藤 田 登美子
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。昨年中は女性部の活動に対し、ご理解ご協力を頂きまして、ありがとうございました。
 さて、昨年5月に発生いたしました熊本大震災の後、「私達に出来る事を…」と募金を集め義援金として熊本へ送らせていただきました。6月には地区女性協の設立60周年記念式典が開催され、中標津女性部からは歴代部長を含め十名が出席。また、JA中標津家畜改良課と「人工さんとの交流・意見交換会」を企画、たくさんの質問にJA職員が対応してくれました。7月に行われた日帰りのさくらんぼ狩り、子供達も参加し、手の届く所にいっぱいのさくらんぼ、農園の気づかいをいただいてカゴいっぱいに収穫しました。毎年恒例のJA夏祭り、女性部ではフルーツ入りミルク寒天とミルクもちを販売、品切れ状態で大変でした。9月の伯爵まつりでは女性部員減少の為、今年度初の試みとして畑作女性の方にお手伝いの協力をお願いし、前日の準備から当日の販売まで、共にお手伝いいただきました。ありがとうございました。また9月下旬には、日帰りで浜中のタカナシ乳業を視察。酪農家として、乳質にこだわりをもって生産をしていかなければと実感させられる研修となりました。
 今年は、女性部未加入者加入促進事業の一環として、計根別の中標津町畜産食品加工研修センターでソーセージとチーズの加工体験を行いました。他にも未加入者に声かけをして料理教室なども行いました。今後も加入促進の活動を続けて行き、女性部にとってプラスになるよう励んでいきたいと思います。
 終わりになりますが、これからも私達女性部に変わらぬ御厚情をお願い申し上げます。また、皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げて、新年のご挨拶とさせていただきます。

★JA中標津トップページ

★JA中標津2008年〜2010年までのブログ


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.22